手軽で簡単 自動売買ビルダーの使い方

トライオートFX 自動売買ビルダー 1

リピート系自動売買で独自のプログラムを作るときに大きな力になってくれる「自動売買ビルダー」が登場しました。

 

もともと自由度が高くて人気のあるトライオートFX・トライオートETFが、この機能を使うことで更にパワーアップします。

 

自動売買ビルダーのキャンペーンも始まっています。この機会に操作に慣れてるついでに、上位入賞を狙ってはいかがでしょう。

 

ここでは、実際の使い方について8枚の画像でまとめてみました。

 

操作自体は簡単ですが、いろんな選択肢があるので、使い込めば使い込むほど良いものができますよ。

 

自動売買セレクトよりスタート

 

トライオートFX 自動売買ビルダー

 

トライオートのいつもの口座管理画面右上の「自動売買セレクト」の中に「自動売買ビルダー」が入っています。

 

上部中央「ビルダー」選択

 

トライオートFX 自動売買ビルダー 2

 

画面中央にある「ビルダー」のところをクリックします。

 

ちょっと小さい字なのでみつけにくい感じもします。

 

FXかETFかを選ぶ

 

トライオートFX 自動売買ビルダー 3

 

今回の自動売買ビルダー「トライオートFX」「トライオートETF]のどちらでも作れます。

 

あとで一緒にすることもできるのですが、作る時は一つづつなので、どちらかを選びます。

 

ここでは、「トライオートFX」を選んでいます。

 

マルチカスタムとシングルカスタムを選択

 

トライオートFX 自動売買ビルダー 4

 

ここは、マルチカスタムとシングルカスタムの選択画面です。

 

  • マルチカスタム・・・全てを同条件で一気に作る時に使う
  • シングルカスタム・・1本1本細かく設定をする時に使う

 

最初はマルチカスタムで良いと思います。

 

ただ、いずれはシングルカスタムを使いこなしていくことで、より洗練されたものが作れるようになると収益アップにも繋げられそうです。

 

通貨ペア選択

 

トライオートFX 自動売買ビルダー 5

 

どの通貨ペアで作るのかを選びます。

 

チャートも表示されるので、最初はそれらを参考にしながらやるとよいです。

 

私は、ここでは「ユーロ/英ポンド」を選びました。

 

自動売買内容設定

 

トライオートFX 自動売買ビルダー 6

 

ここで細かい条件を設定します。

 

いろんな設定が出来るので、私もこれから使い込んでいきます。

 

右上に「シミュレーション」というボタンがあって、ここで作った自動売買のバックテストが出来るようになっています。

 

バックテストとは、過去の値動きをもとにどれくらいの損益を出せるかを試算してくれるものです。

 

このバックテストをするには、自動売買を作ったあとに右下の「追加する」というボタンをおします。

 

バックテスト開始

 

トライオートFX 自動売買ビルダー 7

 

右上の「シミュレーション」を押すと、バックテストが始まります。

 

バックテスト結果

 

トライオートFX 自動売買ビルダー 8

 

これが、バックテスト結果です。

 

  • 総合損益
  • 最大DD(ドローダウン)
  • 必要証拠金

 

これらの数値が計算されます。

 

必要証拠金については、最大DDに耐えきるのに必要な資金を自動計算してくれます。

 

ちなみに、最大DDは、2018年からのデータにもとづくものです。

 

なので、リーマンショックに対応できるという形のものではありません。実際の利用時には、その辺を考慮して使う必要がありますね。

 

こんな具合に操作は簡単です。

 

こんな説明記事がない方が、わかりやすいかもしれないというくらい簡単です(汗)。

 

最初は何でも良いので、まず作ってみてください。

 

ガンガン稼げる自動売買を作っていきましょう。

 

インヴァスト証券「トライオートFX」

 

トライオートFXの関連ページ

 

トライオートFX運用の主要ページ

 

 

サイト内他記事

 


2019/07/25


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2500回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ