千載一遇のチャンスを捨てる それができればFXで勝てる

どんなに忙しくてもFXで勝つには

サラリーマンなど相場に大きな時間を割けない多忙な方が、FXで成功するにはどうしたらよいでしょう。私の師匠林輝太郎の本にはこんなことが書いてあります。

 

「自分には、本職があり、それで結構忙しい。相場に全てをかけることはできない。しかし、自分の資力と素質で少しづつでもよいから、着実に利益をあげていけるようになりたい。」

 

この希望を達成する秘伝があるか?

 

私はこの点については、絶対にあると断言する。それは、無理をしないことである。自分には出来そうにないことは絶対にしないことである。

 

自分に出来るか出来ないかがわかるか?

 

それには、まず自分の能力の限界を、独りよがりではなく、第三者的冷静さをもってみてみることが第一である。

千載一遇のチャンスを捨てる それができればFXで勝てる

FX 千載一隅のチャンス

私自身、この先生の言葉を信じてサラリーマン時代にずっと技術を磨いていた一人です。

 

サラリーマンの15年間の積み上げがあるからこそ、今の私があります。15年間技術を磨くと書くと、何か苦しい修行のようなものを想像するかもしれませんが、毎日1分の作業をコツコツ続けるだけです。

 

そして、自信がでてきたら売買を始めていきます。だんだんと利益が出るようになってくるので、15年間といってもそれほど苦しいことはありませんでした。

 

でも、人間って弱いものです。続けていくなかには、ついつい勝負したくなる時があるんですね。所謂、千載一遇のチャンスというものです。売買ルールになくても「ここだけは違う」と思いたくなる局面が年に数回は必ず訪れます。

 

それで勝負すると大体うまくいきません。

 

後で考えれば、それも当然なんですよね。

 

そもそも千載というのは、千年を意味します。千載一遇のチャンスは千年に一度のチャンスでもあります。そんなのが年に数回も訪れる訳はないんですよね。師匠の本でも先ほどの文章の後にこう続いています。

 

これぞ千載一隅のチャンスと思い込んで無理をするようなことをせず。自分の身につけた相場技法だけを控えめの活用しながらつき進んでいくのが有終の美をかざる秘伝なのである。

 

千載一隅のチャンスは、ただの思いこみだと切り捨てることが出来るようになると成績は飛躍的に向上します。

 

でも、私自身いまだに誘惑にかられて売買してしまうことが年に数回あります。まだまだ未熟なのだと反省すると同時に、この誘惑を完全に断ち切ることのむずかしさを感じます。でも、FXでのサヤすべり取りはこんな事を続けながらも利益が増えていくのですからまずは続けていくことが大切なのだと気持ちを切り替えていくようにしています。

 

サヤすべり取りの基礎 ト亀仙人投資術+場帖・グラフ 詳細説明

2015/06/30 10:00:30
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック