コールオプション買い 2日で3倍に上昇

豪ドル円 オプション3倍返し 2021年9月24日 2

 

2日前に作った10万通貨のポジション、本日決済しています。

 

オプションでのちょろちょろ売買です。

 

 

豪ドル円10万買い コールオプション買い

 

豪ドル円 オプション3倍返し 2021年9月24日

 

本日売却した豪ドル円コールオプション買いの決済画面です。53,500円の受取になっています。

 

このポジションを作ったのは2日前です。

 

 

このポジション作成時のプレミアム代金支払額は、17,100円でした。

 

それが本日売却で53,500円になった訳です。

 

  • 53,500÷17,100円=3.12倍

 

3.12倍と書けば「凄い」気もするのですが、利益額は36,400円ですので、それほど大騒ぎするほどではありません(汗)。

 

ここ2日で豪ドル円は、うまく反発してくれました。

 

コールオプション買いは、こういう時にはググッと勢いよく上昇します。

 

満期となる権利行使日は再来週と短期のポジションなので、利益が出たところでサクッと決済することにした次第です。

 

もうちょっと待つときもあるのですが、今回はこんな感じにしておきます。

 

FXオプションポジションは、あと20万通貨保有しています。

 

権利行使日が来週水曜日のポジションで、利益に出来るるかどうか微妙なところにいます。

 

このポジションは、このまま権利行使日まで持って水曜日の最終判断日の判定に勝負をゆだねるつもりです。

 

豪ドル円、下げは一旦終了した感がありますが、本格上昇はもうちょっと待つ必要がありそうな気がします。

 

気長に攻めていきます。

 

 

これから豪ドル円売買をするのであれば、スワップポイント状況も参考にされて下さいませ。

 

 

今回の売買規模と売買方針

 

今回の売買規模

 

  • 最大ポジション 80万通貨(FX60万通貨+FXオプション20万通貨)
  • FX:1本20万通貨×3本
  • 分割売買にて投下してい

 

本玉は最大80万通貨の予定です。ただ、FXでは60万通貨を最大ポジションとします。

 

1本20万通貨×3本という内容です。

 

3本というのは、3分割のナンピンでポジションを入れていくという意味です。

 

豪ドル円 サヤすべり取り ここまでの成績

 

この運用法はサヤすべり取りと呼ばれる方法で、「1日1分の場帳・グラフ記入で売買判断」という形で続けてきています。

 

以下がその成績です。

 

年度

損益額

2006年

4,354,220円

2007年

2,461,198円

2008年

ー14,098,591円

2009年

10,253,010円

2010年

1,330,590円

2011年

2,86,510円

2012年

3,050,910円

2013年

4,960,930円

2014年

2,094,195円

2015年

398,120円

2016年

1,020,903円

2017年

677,480円

2018年

277,574円

2019年

-1.921,983円

2020年

1,845,509円

2021年

-1,456,419円

 

豪ドル円サヤすべり取りで使っているのは、くりっく365とみんなのFX口座です。

 

どちらも、豪ドル円のスワップポイントの売買スプレッド差がゼロ(買い5円:売り−5円という感じ)となっていて、両建てしてもスワップポイントの支払が出ません。

 

豪ドル円サヤすべり取りでは、両建てをよく使うので、有難い存在です。

 

 

豪ドル円 裁量トレード 関連ページ

 

豪ドル円 サヤすべり取り 運用関連ページ

 

 

サイト内他記事

 

 


2021/09/24


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ