豪ドル円両建て建玉整理+新規売りポジション【サヤすべり取り2020年11月3日売買】

豪ドル円 両建て 建玉整理 売りポジション

 

本日2つの作業をしています。

 

今回の売買

 

  • 豪ドル円両建てポジション⇒建玉整理にて清算
  • 豪ドル円新規売りポジション

 

もともと売りポジションで攻めていて、風向きが怪しくなったので両建てにしていたんです。

 

これは、「この後更にポジション操作をする可能性があった」ので両建てポジションとしていました。

 

本日、新規売りポジションを追加するにあたり「両建てポジションを維持し続ける必要性がなくなった」との判断により建玉整理で清算しています。

 

建玉整理は、くりっく365独自の制度です。

 

参考記事:建玉整理の裏技

 

一般のFX口座では、両建てポジションは個別に決済する必要があるのでスプレッド負担が2倍の2ポジション分になります。

 

くりっく365の建玉整理は、売りポジションと買いポジションを一つの取引とみなして消滅させてしまうため、スプレッド手数料負担は2倍とはならず、通常の1回取引と同じに出来ます。

 

状況を見ながらですが、「一旦両建てにして様子を見る」という選択肢がくりっく365では余計なコストゼロでできてしまいます。

 

今回の売買も「一旦両建てにして様子を見る」ということで数日両建てで保有していたという流です。

 

この建玉整理により、含み益だった部分が43,700円(45,680円ー手数料1,980円)の利益として表に出てきています。

 

本日作った新規売りポジションは、私の目論見としては次の崩れを待ってから決済するつもりでいます。

 

まあ、目論見通りに崩れるかどうかはわかりませんけどね。

 

 

豪ドル円 サヤすべり取り ここまでの成績

 

この運用法はサヤすべり取りと呼ばれる方法で、「1日1分の場帳・グラフ」という形で続けてきています。多くのメルマガ読者が私同様の方法でFXで利益を出せるようになってきています。

 

以下がその成績です。

 

年度

損益額

2006年

4,354,220円

2007年

2,461,198円

2008年

ー14,098,591円

2009年

10,253,010円

2010年

1,330,590円

2011年

2,86,510円

2012年

3,050,910円

2013年

4,960,930円

2014年

2,094,195円

2015年

398,120円

2016年

1,020,903円

2017年

677,480円

2018年

277,574円

2019年

-1.921,983円

2020年

2,325,269円

 

 

豪ドル円 裁量トレード 関連ページ

 

豪ドル円 サヤすべり取り 運用関連ページ

 

 

サイト内他記事

 


2020/11/03


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ