スワップサヤ取り管理簿状況 10年目(2019年6月14日版)

毎日利益が積み上がるスワップポイントサヤ取り、定期的に管理簿にまとめて全体の管理をしています。2019年6月14日状況とコツをまとめています。

 

含み益+69,380円 落ち着いた環境続く

スワップポイントサヤ取り管理簿 2019年6月14日

 

6月14日時点の含み益は+69,380円です。

 

まあ、のんびりしたものです。

 

それでも、前週より13,000円くらい利益増ですので月換算では5万円くらいの利益増ペースです。

 

年間では60万円くらいは期待できる利益ペースです。

 

この辺は欲張るとよくないので、ありのままを受け入れることにしています。

 

スワップポイント差は、まだまだ縮小中です。

 

環境は良くないのですが、それでも月5万円ペース、有難いです。

 

本日のサヤ取り最適組合せは、こんな感じです。

 

2019年6月14日:スワップポイントサヤ取り最適組合せ

 

通貨ペア名

買い口座

売り口座

米ドル円
スワップポイント差14円

ユーロ円
スワップポイント差12円

英ポンド円
スワップポイント差17円

豪ドル円
スワップポイント差7円

NZドル円
スワップポイント差12円

スイスフラン円
スワップポイント差14円

カナダドル円
スワップポイント差13円

トルコリラ円
スワップポイント差25円

南アフリカランド円
スワップポイント差60円

メキシコペソ円
スワップポイント差51円

ユーロドル
スワップポイント差21円

 

今から仕掛けても良さそうなのは、南アフリカランド円とメキシコペソ円くらいです。

 

でも、急いで仕掛ける必要はありません。

 

こういう時期は、「観察する」ことも大切です。

 

FX口座のクセ観察の大切さ

 

 

出来れば、このスワップポイントサヤ取り最適組合せを毎日観察して欲しいのです。

 

毎日午前中には完成させるようにしていますので、午後には更新した内容を確認できるようになっています。

 

毎日観察していると、FX口座によって変動にクセがあることがわかってきます。

 

  • 毎日のように大きくスワップポイントを変動させるFX口座
  • 昨日は「買いで1位」だったのに今日は「売りで1位」になっているFX口座
  • ここ数ヶ月、ほとんど動いていないFX口座

 

このクセは、同じFX口座でも時期によって違ってきます。

 

おそらくですが、FX口座の経営方針のようなもので変化しているんですよね。

 

でも、こんな諸事象はあとで考えればよいことです。

 

私達は解説者ではありません。

 

運用して利益を出していくことに集中すればよいだけです。

 

大切なことは、観察して現在の各FX口座の特徴を大まかにつかんでおくことです。

 

この観察は、スワップポイントが大きく動いたときなどに役に立ちます。

 

仮にですが、米ドル円のスワップポイントが一気に拡大したとしましょう。普通であれば、仕掛けるチャンスです。

 

でも、一気にスワップポイントを上げてきたA口座が「急変動を繰り返すFX口座」です。

 

どうしますか?

 

様子を見る?

 

あるいは、見送り?

 

一時的に良い条件でも、一日で急変することもありますので、それも良いと思います。。

 

まあ、米ドル円はスプレッドが狭いので「1週間もあればスプレッド分を利益で埋められる」という読みでいくなら仕掛けても問題はありません。

 

いずれにせよ、米ドル円しか仕掛けられそうな通貨ペアがなくても、焦ってはいけません。

 

じっくり待てば、魅力的な組み合わせは必ずでてきます。

 

この運用法は、同じ通貨で両建てするので為替変動リスクは最小限にできます。だからこそ、「できるだけ確実なところ」を狙っていくべきです。

 

資金に十分な余裕を持たせて、できるだけ確実なところを狙って仕掛けて続けていけば、トータルでプラスの利益にもっていくことはできます。

 

しっかりとやっていきましょう。

 

スワップポイントサヤ取り 本日の最適組合せ

2019/06/14


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2200回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ