マネーパートナーズ 2つの口座の特徴と違い

マネーパートナーズFX マネーパートナーズnano

 

マネーパートナーズは、パートナーズFX口座とパートナーズFXnano口座の2種類のFX口座を提供しています。

 

2口座の最も大きな違いは、最低売買数量です。

 

  • パートナーズFX口座:最低売買数量10000通貨
  • パートナーズFXnano:最低売買数量100通貨

 

通貨ペアにもよりますが、証拠金数百円から本格的なFX運用ができる仕様となっています。

 

2口座は同時開設となりますので、私も必要に応じて使い分けています。

 

 

 

スワップポイント

 

毎日、各FX口座のスワップポイント状況を比較しています。

 

 

そこで感じているパートナーズFX口座とパートナーズFXnano口座のスワップポイントの特徴は2つあります。

 

  • 変動は固定気味
  • スワップポイトは通常時ほぼ同水春
  • スワップポイント差は主要口座の中では広目の傾向

 

2つの口座のスワップポイントは、通常時はほぼ同水準であることが多いです。

 

どちらの口座も、毎日の変動は緩やか目です。

 

「パートナーズFXnanoスワップポイントキャンペーン」などを口座ごとの企画を実施する時があり、そういう時期には2口座で大きな差が出ます。

 

スワップポイントの売りと買いの差は米ドル円でも「買い1円ー売り78円」という具合で、ネット系のFX口座の中では広目です。です。

 

スプレッド

 

取扱ペア数は、パートナーズFX24通貨ペア・パートナーズFXnano18通貨ペアです。

 

スプレッドは、全体的にパートナーズFXの方が少し有利になっています。

 

通貨ペア パートナーズFX FXnano
米ドル 0.3銭 0.3銭
ユーロ円 0.4銭 0.5銭
英ポンド円 0.7銭 0.8銭
豪ドル円 0.5銭 0.6銭
NZドル円 1.2銭 1.2銭
南アフリカランド円 0.8銭 0.8銭
トルコリラ円 1.5銭 1.6銭
メキソコペソ円 0.2銭 0.2銭

 

  • 原則固定(例外あり):適用時間8:00〜27:00

 

その他の取扱通貨ペア

 

2口座共通

 

ユーロ/米ドル・スイスフラン/円・カナダドル/円・ポンド/米ドル・豪ドル/米ドル・ユーロ/豪ドル・ユーロ/ポンド・豪ドル/ニュージーランドドル・ポンド/豪ドル・ニュージーランドドル/米ドル

 

パートナーズFXのみ取扱

 

香港ドル/円・シンガポールドル/円・米ドル/カナダドル・米ドル/南アフリカランド・米ドル/トルコリラ・米ドル/メキシコペソ

 

この中でも、米ドル/南アフリカランド・米ドル/トルコリラ・米ドル/メキシコペソなどは他社でもほとんど取扱いのない通貨ペアです。

 

その他のポイント

 

  • 25年以上の長期チャート表示が可能株券を代用有価証券としてFX証拠金にできる
  • 外貨両替が低コストで使いやすい
  • 自己資本規制比率 714.2%(2021年3月末)

 

マネーパートナーズは、独自の特徴を多く持っています。

 

例えば、25年月足などの超長期チャートの表示ができます。これだけの長期間のチャート表示は他口座ではみたことがありません。

 

マネーパートナーズは、株式売買もできます。そして、株券を代用有価証券としてFX取引の証拠金として活用することも可能です。

 

外貨両替制度も充実しています。低コストで両替できるだけでなく、格安手数料でその外貨を空港などで受取ることもできます。

 

マネパーカードと組み合わせることで、海外旅行でにの買物の交換レートも有利になります。

 

低スプレッドのFX取引だけでなく、様々なシーンで重宝する口座です。

 




記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

マネーパートナーズ 2つの口座の特徴と違い記事一覧

マネーパートナーズFXでVPS不要の自動売買機能が搭載されたFXツール「HyperSpeed NEXT」の提供が始まっています。MT4のようにVPS契約をしなくても自動売買ができて、しかもスプレッドなど諸条件はマネーパートナーズFXの通常トレードと同じです。とはいえ、自動売買機能はまだ移動平均線の簡単なもののみなのですが今後の発展性に大いに期待しております。まずは、使ってみました。

TOPへ