セントラル短資FX 老舗の安心感

セントラル短資 2021年2月25日

 

セントラル短資FXでは「FXダイレクト」「ミラートレーダー」の2口座を提供しています。

 

2口座ともにマイページから一括管理ができ資金移動も簡単になっています。

 

米ドル円0.1銭を通常時で提供している数少ない口座の一つです。

 

 

 

セントラル短資FXのスワップポイントの傾向

 

毎日、各FX口座のスワップポイント状況を比較しています。

 

 

そこで感じているセントラル短資FXのスワップポイントの特徴は2つあります。

 

  1. 毎日の変動は少ない。突然大きく動く傾向
  2. スワップポイント差は全体的に広目
  3. 前触れもなく高金利通貨などで受取高水準またはマイナススワップポイントでもっとも低負担となることがある

 

セントラル短資FXのスワップポイントは、通常時は前日から変動なしというパターンが多く、たまに少し動くという程度です。

 

時折、意を決したように大きく動きます。

 

そういう時は、スワップポイント受取または支払で比較ランキングで一気に1位となるくらいの急激な動きをします。

 

スワップポイントキャンペーンを実施することもあるのですが、実施していないときでも大きく動くことがあります。

 

セントラル短資FXのスプレッド

 

取扱通貨数は、25通貨ペアです。

 

その中でも、10通貨ペアは原則固定で特に力をいれています。

 

参考スプレツド

 

通貨ペア スプレッド原則固定(例外あり)
米ドル円 0.1銭
ユーロ円 0.4銭
英ポンド円 0.9銭
豪ドル円 0.4銭
NZドル円 0.9銭
カナダドル円 0.9銭
南アフリカランド円 0.9銭
メキシコペソ円 0.2銭
ユーロドル 0.3pips
英ポンドドル 0.8pips

 

  • 【提示時間】各営業日の午前11時 〜 翌午前1時

 

そのほかの取扱い通貨

 

豪ドル/スイス・NZドル/スイス・豪ドル/米ドル・NZドル/米ドル・米ドル/スイス・米ドル/カナダ

 

ユーロ/ポンド・ポンド/スイス・ユーロ/スイス・中国人民元円・トルコリラ円・ユーロ/豪ドル

 

豪ドル/NZドル・スイス円

 

そのほかの特徴

 

  • 1000通貨売買可能
  • ミラートレーダーの自動売買ができる
  • 自己資本規制比率 970.9%(2020年12月末)

 

老舗セントラル短資FXは、

 

 


セントラル短資FX スプレッドとスワップポイントの特徴記事一覧

セントラル短資が、久々に大きな動きを始めています。動きがなかったと書くと失礼なのですが、ここ数年は私のようなスワップ投資・両建て運用するには使いにくい口座となっていたため、ログインもほとんどしない状態になっていたのです。50万通貨以上の取引と敷居は高目ですが、新規口座開設者抜けの最大30万円のキャッシュバックキャンペーンも始まっていますので、この大きな変化は私達にも大きなチャンスになるかもしれませ...

トルコリラ円が30円を割り、底が見えない展開が続いています。こういう時にトルコリラ円買いポジションを保有していると絶望的な気持ちになりやすいのですが、こういうところが大底だったりします。そこで、過去の値動きをもとに今後の値動き予想をたてやすいセントラル短資みらいチャートでトルコリラ円の下値メドをみてみることにしました。

2014年5月26日より、セントラル短資FXさんが3通貨ペアのスプレッドを縮小しています。これによって、南アフリカランド円と中国元円は業界最狭水準となりますね。特に、中国元円は全業者ほとんど横並びだったため1.9銭というのはダントツの狭さということになります。私も中国元円のポジションを保有中ですので、今後の売買で恩恵にあずかれそうです。

セントラル短資が外貨両替レート優遇サービスを開始しました。この優遇策ほぼ日本全国で利用できます。大まかにまとめると以下のようになります。対象通貨 33通貨ペア(ベトナムドン・タイバーツ・マレーシアリンギットなど世界中の主要通貨可能)両替受取可能空港:関西国際空港 中部国際空港 福岡空港 新千歳空港 羽田空港 成田空港の外貨両替専門店トラベレックスジャパン18店舗セントラル短資FXに取引口座をお持ち...

セントラル短資ミラートレーダー口座は、一つのストラテジーをじっくり動かす方針にしています。一つのストラテジーだけというのは、好不調の波が大きくなりがちという短所があります。不調となったらうまくストラテジーを切り替えていければいいのですが、なかなかうまくいかないことも多い気がします。長期間でみるとあまり動かさないほうが良いかもしれません。こんな感じの運用ですが、現状をまとめてみました。

TOPへ