iDeco(イデコ)のスイッチング 定期預金⇒NYダウで実行 2020年4月

iDeco+(イデコ) スイッチング 2020年4月 3

株価下落に合わせて、iDeCo(イデコ)資金を定期預金からNYダウへと移すスイッチングを実行しています。

 

iDeCo(イデコ)資金を増やしていくためにも、スイッチングは覚えておくべき必須知識です。

 

私は、昨年NYダウ⇒定期預金にスイッチングしています。今回は、定期預金⇒NYダウのスイッチングをして、運用資金を株式に再び戻した形になっています。

 

スイッチングの流れと、2020年4月の状況をまとめました。

 

 

スイッチング 定期預金⇒NYダウへと変更

 

スイッチングは、iDeCo(イデコ)の運用商品の変更をする手続きです。

 

運営管理機関(証券会社)変更時のスイッチング

 

 

単純なスイッチング

 

 

誤解し易いのが、「掛金の配分変更」との違いです。

 

配分変更とスイッチング

 

 

配分変更とスイッチングの違い

 

  • 配分変更⇒毎月の掛金の運用配分変更
  • スイッチング⇒これまで積み立てた運用資金の運用先変更

 

今回私がやったのは、後者のスイッチングです。

 

前月の私のiDeco(イデコ)口座はこうなっていました。

 

 

この記事を書いた頃のNYダウは27000台です。

 

それがあれよあれよという間に20000割れまで進んだのが3月のNYダウ株価変動です。

 

ここで定期預金にしてあった資金の約半分をNYダウにスイッチングしています。

 

スイッチング取引画像

 

iDeco+(イデコ) スイッチング 2020年4月

 

薄赤色部分が定期預金売り⇒薄青色部分がNYダウ買いです。

 

3月17日に定期を解約して、3月19日にNYダウ・インデックス買いで受渡完了が3月23日です。

 

ちなみに、スイッチングを申し込んだのは3月13日の夜です。

 

  • 3月13日申し込み⇒3月23日受渡完了

 

手続き申し込みから完了まで10日くらいかかった計算になります。

 

これにより、私のiDeCo(イデコ)口座は、こうなりました。

 

2020年4月 iDeCo(イデコ)口座状況

 

iDeco+(イデコ) スイッチング 2020年4月 2

 

拠出金累計が1,784,590円となっているのですが、途中で証券会社変更しているため、過去の拠出金の正しい数字もご紹介しておきます。

 

これまでの拠出金累計

 

  • 2013年分:11月開始で2か月分46,000円
  • 2014年分:12か月 276,000円
  • 2015年分:12か月 276,000円
  • 2016年分:12か月 276,000円
  • 2017年分:12か月 276,000円
  • 2018年分:12か月 276,000円
  • 2019年分:9か月 207,000円
  • 2020年分:2か月 46,000円
  • 合計 1,679,000円

 

2019年が9カ月となっているのは、iDeco+(イデコプラス)に変更するときに書類不備などで、再開が遅れたためです。

 

今回の運用資金残高、2,070,885円です。前回記事では2,058,502円でした。

 

 

この間、1ヶ月分の掛金23,000円相当が運用資金に加わっているので、この1ヶ月はマイナス運用だった計算になります。

 

でも、3月のNYダウは27000⇒18000台まで落ちています。

 

現在21000台ですが、それでも2割の下落です。

 

この変動状況の中では健闘してくれた感じがしています。

 

スイッチングのタイミングも良かったようです。買付日の3月19日のNYダウ値は20,087ドルでした。

 

現在の21000台は買付日からはちょっと上昇したところでもあります。

 

まあ、この後大崩れになる可能性もあるので、「少し幸運だった」という程度で考えておいた方が良いかもしれませんね。

 

もしもですが、NYダウがここからさらに崩れるようであれば、まだ定期預金にしてある残りの資金もNYダウに変更する予定です。

 

これまでの運用状況は下記にて確認できます。

 

これまでのiDeCo(イデコ)運用記事


2020/04/03


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2600回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ