豪ドル円売買記録 2021年7月22〜30日

豪ドル円 売買記録 2021年7月30日 2

 

7月22日に開始した、豪ドル円のここまでの売買記録です。

 

今のところ「買い」で攻めています。

 

 

豪ドル円売買記録 7月20日〜7月30日

 

豪ドル円 売買記録 2021年7月30日

 

ここのところの売買記録です。

 

7月20日から7月29日にかけて、ちょこちょこと売買をしています。

 

私たちの運用法では、1万通貨のポジションは「試し玉(タメシギョク)」、20万通貨のポジションは「本玉(ホンギョク)」と呼ばれています。

 

この10日間で、大きく分けて2回の売買をしています。

 

2回の売買内容

 

  • 1回目:試し玉から本玉を建てたものの、それほど感じが良くないので一旦決済
  • 2回目:試し玉から本玉を建てて、そのまま様子を見ているところ

 

豪ドル円は、そろそろ「上げ相場」に入るとみています。

 

ただ、まだ自信を持って「上げ相場突入」というほどの局面ではありません。

 

その辺を「試し玉」で探っているところです。

 

でも、「試し玉」の本格活用は今年から始めたということもあり、まだまだヘタくそなのです。

 

試し玉は、「損きり額」を減らす目的で取り組んでいます。

 

去年までの売買をみると、どうも「本玉の大きな損きり」が多いのです。

 

損きりするのはしょうがないとしても、20万通貨の本玉ではなく、1万通貨の試し玉段階で損きりが出来れば損失は20分の1に減らせます。

 

これを実現できるようになれば、私の年間利益を大きく増やせるはず。

 

そういう目論見で取り組んでいます。

 

何事も練習です。

 

当面頼りない感じのポジション操作が続くはずです。

 

それでも、教科書本を読み直しながら、練習を続けていく所存です。

 

豪ドル円、来週辺りから本格的に面白い動きをしてくれるかもしれません。

 

 

これから豪ドル円売買をするのであれば、スワップポイント状況も参考にされて下さいませ。

 

 

今回の売買規模と売買方針

 

今回の売買規模

 

  • 最大ポジション 80万通貨
  • 1本20万通貨×4本
  • 分割売買にて投下してい
  • 状況に応じてFXオプションも使う可能性あり

 

本玉は最大80万通貨の予定です。

 

1本20万通貨×4本という内容です。

 

4本というのは、4分割のナンピンでポジションを入れていくという意味です。

 

豪ドル円 サヤすべり取り ここまでの成績

 

この運用法はサヤすべり取りと呼ばれる方法で、「1日1分の場帳・グラフ記入で売買判断」という形で続けてきています。

 

以下がその成績です。

 

年度

損益額

2006年

4,354,220円

2007年

2,461,198円

2008年

ー14,098,591円

2009年

10,253,010円

2010年

1,330,590円

2011年

2,86,510円

2012年

3,050,910円

2013年

4,960,930円

2014年

2,094,195円

2015年

398,120円

2016年

1,020,903円

2017年

677,480円

2018年

277,574円

2019年

-1.921,983円

2020年

1,845,509円

2021年

-1,456,419円

 

豪ドル円サヤすべり取りで使っているのは、くりっく365とみんなのFX口座です。

 

どちらも、豪ドル円のスワップポイントの売買スプレッド差がゼロ(買い5円:売り−5円という感じ)となっていて、両建てしてもスワップポイントの支払が出ません。

 

豪ドル円サヤすべり取りでは、両建てをよく使うので、有難い存在です。

 

 

豪ドル円 裁量トレード 関連ページ

 

豪ドル円 サヤすべり取り 運用関連ページ

 

 

サイト内他記事

 

 


2021/07/30


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ