メキシコペソ円(MXNJPY)スワップポイント比較 2020年

メキシコペソ円(MXNJPY)スワップポイント比較 月別状況

 

ここの比較は、月1回ペースでの大きな流れをみるためのものです。

 

日々のスワップポイントとスワップポイント差比較は、下記ページにて行っています。

 

 

7月14日 IGHTFX 首位継続

 

LIGHTFX、71円の高水準を維持しています。他口座も水準を上げてきているのですが、あと少しのところで届きません。

 

でも、この流れが続くと全体のスワップポイント上昇傾向の流れが出来てくるかもしれません。楽しみです。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

FXプライムbyGMO

70円

−70円

0.9銭(※例外あり)

1000通貨

マネーパートナーズFX

20円

−120円

原則固定1.0銭

100通貨

岡三オンライン証券 くりっく365

64円

−64円

0.6〜1銭

1万通貨

ヒロセ通商

60

−110円

0.4銭

1万通貨

LIGHT FX

71円

−71円

0.3銭

1000通貨

みんなのFX

50円

−50円

0.3銭

1000通貨

セントラル短資FX

70円

−170

原則固定0.3銭

1000通貨

楽天FX

30円

−80円

原則固定0.5銭

1万通貨

GMOクリック証券FXネオ

40円

−70円

原則固定0.3銭

10万通貨

サクソバンク証券

42.8円

−86.6円

実績平均0.16-0.28銭

1万通貨

 

調査日:7月14日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 数日分発生した日は一日分に換算して計算しています。
  • 10万ペソ円あたりのスワップポイントです。

 

6月10日 LIGHTFX 首位継続

 

LIGHTFX首位をキープ中です。10円差でヒロセ通商が続いています。今月も首位を維持できるか注目しています。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

FXプライムbyGMO

70円

−170円

0.9銭(※例外あり)

1000通貨

マネーパートナーズFX

20円

−170円

原則固定1.0銭

100通貨

岡三オンライン証券 くりっく365

64円

−64円

0.6〜1銭

1万通貨

ヒロセ通商

70

−130円

0.4銭

1万通貨

LIGHT FX

80円

−80円

0.3銭

1000通貨

みんなのFX

50円

−50円

0.3銭

1000通貨

セントラル短資FX

70円

−170

原則固定0.3銭

1000通貨

楽天FX

30円

−80円

原則固定0.5銭

1万通貨

GMOクリック証券FXネオ

50円

−80円

原則固定0.3銭

10万通貨

サクソバンク証券

51.4円

−102.6円

実績平均0.16-0.28銭

1万通貨

 

調査日:6月10日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 数日分発生した日は一日分に換算して計算しています。
  • 10万ペソ円あたりのスワップポイントです。

 

5月12日 LIGHTFX 首位返り咲き

 

メキシコペソ円のスワップポイント比較、LIGHTFXが首位に返り咲いています。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

FXプライムbyGMO

70円

−170円

0.9銭(※例外あり)

1000通貨

マネーパートナーズFX

20円

−170円

原則固定1.0銭

100通貨

岡三オンライン証券 くりっく365

77円

−77円

0.6〜1銭

1万通貨

ヒロセ通商

70

−130円

0.4銭

1万通貨

LIGHT FX

91円

−91円

0.3銭

1000通貨

セントラル短資FX

80円

−150

原則固定0.3銭

1000通貨

楽天FX

30円

−80円

原則固定0.5銭

1万通貨

GMOクリック証券FXネオ

80円

−110円

原則固定0.3銭

10万通貨

サクソバンク証券

58.2円

−117円

実績平均0.16-0.28銭

1万通貨

 

調査日:5月12日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 数日分発生した日は一日分に換算して計算しています。
  • 10万ペソ円あたりのスワップポイントです。

 

4月20日 セントラル短資FX浮上

 

首位争いは接戦ながらセントラル短資FXが競り勝っています。他の通貨ペアでみられる大変動もなく、メキシコペソ円のスワップポイントは安定しております。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

FXプライムbyGMO

70円

−220円

0.9銭(※例外あり)

1000通貨

マネーパートナーズFX

20円

−220円

原則固定1.0銭

100通貨

岡三オンライン証券 くりっく365

72円

−72円

0.6〜1銭

1万通貨

ヒロセ通商

60

−110円

0.4銭

1万通貨

LIGHT FX

70円

−70円

0.3銭

1000通貨

セントラル短資FX

80円

−100

原則固定0.3銭

1000通貨

楽天FX

10円

−60円

原則固定0.5銭

1万通貨

GMOクリック証券FXネオ

70円

−100円

原則固定0.3銭

10万通貨

サクソバンク証券

53.1円

−115.5円

実績平均0.16-0.28銭

1万通貨

 

調査日:4月20日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 数日分発生した日は一日分に換算して計算しています。
  • 10万ペソ円あたりのスワップポイントです。

 

3月4日 2強の争い

 

ここのところ、FXプライム byGMOが首位の時が多いのですが、たまにヒロセ通商が首位に出るという展開が続いています。。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

FXプライムbyGMO

120円

−220円

0.9銭(※例外あり)

1000通貨

マネーパートナーズFX

30円

−160円

原則固定1.0銭

100通貨

岡三オンライン証券 くりっく365

100円

−100円

0.6〜1銭

1万通貨

ヒロセ通商

130円

−180円

0.4銭

1万通貨

LIGHT FX

100円

−100円

0.3銭

1000通貨

セントラル短資FX

110円

−120

原則固定0.3銭

1000通貨

楽天FX

80円

−130円

原則固定0.5銭

1万通貨

GMOクリック証券FXネオ

70円

−80円

原則固定0.3銭

10万通貨

サクソバンク証券

87.5円

−141.8円

実績平均0.16-0.28銭

1万通貨

 

調査日:3月4日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 数日分発生した日は一日分に換算して計算しています。
  • 10万ペソ円あたりのスワップポイントです。

 

2月4日 FXプライム byGMOの王座継続

 

FXプライム byGMO、提供水準を少し下げたものの、。前月に引き続き首位です。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

FXプライムbyGMO

130円

−230円

0.9銭(※例外あり)

1000通貨

マネーパートナーズFX

80円

−140円

原則固定1.0銭

100通貨

岡三オンライン証券 くりっく365

107円

−107円

0.6〜1銭

1万通貨

ヒロセ通商

110円

−160円

0.4銭

1万通貨

LIGHT FX

100円

−100円

0.3銭

1000通貨

セントラル短資FX

110円

−120

原則固定0.3銭

1000通貨

楽天FX

80円

−130円

原則固定0.5銭

1万通貨

GMOクリック証券FXネオ

90円

−100円

原則固定0.3銭

10万通貨

サクソバンク証券

89円

−145.8円

実績平均0.16-0.28銭

1万通貨

 

調査日:2月4日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 数日分発生した日は一日分に換算して計算しています。
  • 10万ペソ円あたりのスワップポイントです。

 

1月8日 FXプライム byGMOが首位返り咲き

 

FXプライム byGMOがメキシコペソ円のスワップポイントを大幅に上昇させています。ついに首位奪還です。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

FXプライムbyGMO

140円

−240円

0.9銭(※例外あり)

1000通貨

マネーパートナーズFX

80円

−120円

原則固定1.0銭

100通貨

岡三オンライン証券 くりっく365

94円

−94円

0.6〜1銭

1万通貨

ヒロセ通商

110円

−160円

0.4銭

1万通貨

LIGHT FX

100円

−100円

0.3銭

1000通貨

セントラル短資FX

110円

−120

原則固定0.3銭

1000通貨

楽天FX

100円

−150円

原則固定0.5銭

1万通貨

GMOクリック証券FXネオ

70円

−80円

原則固定0.3銭

10万通貨

サクソバンク証券

84.5円

−145.5円

実績平均0.16-0.28銭

1万通貨

 

調査日:1月8日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 数日分発生した日は一日分に換算して計算しています。
  • 10万ペソ円あたりのスワップポイントです。

メキシコ・ペソ円について

 

メキシコペソ円は、他の高金利通貨とは一味違うところがあります。まずは国の格付けも表にまとめてみたのでご覧ください。「ムーディーズ」「S&P」「フィッチ」3社を使用しています。

 

国名

ムーディーズ

S&P

フィッチ

豪国

Aaa

AAA

AAA

米国

Aaa

AA+

AAA

日本

A1

A+

A

メキシコ

A3

BBB+

BBB+

南アフリカ

Baa3

BB+

BB+

トルコ

Ba1

BB

BB+

 

世界順位は、日本24位・メキシコ32位・南アフリカ42位・トルコ43位です。日本・米国などの先進国には及ばないものの、南アフリカ・トルコよりは一段上の格付けであるといえます。

 

ちなみに、メキシコ32位から南アフリカ42位の間にはスペイン・イタリアなどが入っています。

 

メキシコはまだ、先進国には数えられてはいないのですが格付けからみれば既に資格がある国という見方もできます。

 

メキシコは、米国経済に大きく依存しているためトランプ大統領の政策次第では大きく揺らぐリスクを抱えています。しかしながら、米国企業にとってもメキシコは地政学てきに非常に重要な国です。高賃金の米国では競争力が保てない製品を陸続きの低賃金で豊富な労働力を持つメキシコで生産しているからです。

 

このため、今後北米自由貿易協定に修正が入るとしても大きなものにはならないだろうと見られています。

2020/07/14


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ