GMOクリック証券 18通貨ペアのスプレッド縮小

GMOクリック証券 スプレッド

 

GMOクリック証券が18通貨ペアのスプレッド大幅縮小を開始しました。

 

トルコリラ円とメキシコペソ円を除く全ての通貨ペアが対象になっています。

 

各通貨ペアのスプレツド縮小内容

 

  • 米ドル円:0.2銭⇒0.1銭
  • ユーロ円:0.5銭⇒0.3銭
  • 英ポンド円:1.0銭⇒0.6銭
  • 豪ドル円:0.7銭⇒0.4銭
  • NZドル/円:1.2銭⇒0.9銭
  • カナダドル円:1.7銭⇒1.5銭
  • スイスフラン円:1.8銭⇒1.6銭
  • トルコリラ円:1.7銭 変更なし
  • 南アフリカランド円:1.0銭⇒0.8銭
  • メキシコペソ円:0.3銭 変更なし
  • ユーロ米ドル:0.4pips⇒0.3pips
  • 英ポンド米ドル:1.0pips⇒0.6pips
  • 豪ドル米ドル:0.9pips⇒0.4pips
  • NZドル米ドル:1.6pips⇒1.4pips
  • ユーロポンド:1.0pips⇒0.8pips
  • ユーロ豪ドル:1.5pips⇒1.4pips
  • ポンド豪ドル:1.6pips⇒1.4pips
  • ユーロスイスフラン:1.8pips⇒1.6pips
  • ポンドスイスフラン:2.8pips⇒2.6pips
  • 米ドルスイスフラン:1.6pips⇒1.5pips

 

いずれも業界最狭水準に並び、DMMFXと同じ水春となります。

 

 

キャンペーン期間も、10月2日(金)までで、DMMFXより1日長くなっています。

 

そこまで同じにしなくてもという感じでもありますが、GMOクリック証券とDMMFXはFX業界の双璧といっても良い存在ですのでどちらも負けられないというところかもしれませんね。

 

ちなみにスワップポイントは、両者ともに似たような水準です。特別に高いとか低いということもありません。

 

両口座ともに、スワップポイントの売りと買いの差が小さいですので両建てにも向いています。

 

2口座が、良い感じで競争してくれているのは私達投資家にとっても有難いです。

 

 


2020/09/02


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ