スワップ金利サヤ取り NZドル円の資金配分についての質問

スワップ金利サヤ取り NZドル円の資金配分についての質問

NZドル円はスワップ金利サヤ取り(異業者両建)の対象になり易い通貨です。安全性を重視した資金配分をご紹介させていただきます。絶対はありませんが、かなりの変動に耐えられるはずです。

NZドル円の資金配分 参考例

NZドル円でスワップ金利サヤ取りをやる場合の資金配分参考例を教えてください

 

NZドル円は、必要証拠金も少な目でスワップポイント差も開いているので有望だと思っています。少な目の資金でいけそうですけど、いかがでしょう。

 

私であれば、1万通貨につき、各口座10万円×2+予備資金5万円の合計25万円くらいで仕掛けます。基本的に豪ドル円と同等の証拠金でやっています。

 

NZドル円のスワップ金利サヤ取り 小国のリスク

 

現在のNZドル円は、高格付けで精査kの安定感もあります。現政権のような優秀な方々が政権を担ってくれているうちは問題ないだろうと思っています。

 

NZドル円で留意してほしいのは、「小国のリスク」です。

 

NZという国は、経済規模で静岡県と同じくらいです。これくらいの経済規模だといろいろと影響を受けやすくなります。政治要因だけでなく天災などでもそうです。

 

それは歴史的にも証明されています。ニュージーランドは、第二次世界大戦後に世界でもっとも豊かな国の一つとなった時期があります。旧宗主国である英国との強い関係により、経済が絶好調で国民所得も世界最高水準まで伸びた時期です。

 

スワップ金利サヤ取り NZドル円

 

ところが、その時期は英国の政策変更にて終わりを告げました。

 

ニュージーランド輸出品のほとんどを占めていた英国の輸入が大きく減少したためです。

 

その後の政策の失敗も重なり、1970年代以降しばらくの間低迷を続けたのです。

 

それにより為替も大変動しています。

 

私がFXを始めた10年以上前は、NZドル円は値動きが非常に粗い通貨の代表格でした。1日に5円〜10円動く可能性も指摘されていたのを今でも記憶しています。

 

現在のNZはそんな不安定な状況とは無縁に見えます。政策担当者が非常に優秀で交渉力もあるのでそう簡単には没落はしないだろうと思っています。

 

でも、1日に5円くらい動くことはあるかもしれません。私の資金配分はそういう時でも両建てポジションを維持できるという想定で設定しています。スワップ金利サヤ取りは、両建てポジションを維持し続ける限り大きな怪我をすることはほとんどありません。

 

大きな変動で慌てることがないように対応をしていけば、堅実に稼いでいけます。冒険不要の運用法ですので、堅実にやっていきましょう。

スワップ金利サヤ取り 参照ページ

スワップ金利サヤ取り運用については以下も参考にされて下さい。

スワップ金利サヤ取り(異業者両建)の低リスクなやり方

スワップ金利サヤ取り 評価・質問集に戻る

2016/10/25 16:08:25
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック