このページの先頭へ

スワップ金利サヤ取り 豪ドル円の資金配分 参考例

スワップ金利サヤ取り 豪ドル円の資金配分についての質問

豪ドル円は、スワップ金利サヤ取り人気通貨のひとつです。人それぞれ資金配分は違うものです。私の基準は、慎重な方に入るようですので堅実重視でやりたい方の参考になればと思います。

豪ドル円の資金配分 参考例

豪ドル円でスワップ金利サヤ取りをやる場合、どれくらくいの証拠金を用意すればよいでしょうか?

 

豪ドル円は低スプレッドでやり易そうです。できるだけ安全にやれる基準を教えてください。

 

私であれば、1万通貨につき、各口座10万円×2+予備資金5万円の合計25万円くらいで仕掛けます。注意点がいくつかありますので、下記にてまとめさせて頂きます。

 

豪ドル円のスワップ金利サヤ取り 注意点

 

豪ドル円で注意して頂きたいのは、ズバリ値動きです。

 

  • 膠着状態になると2か月で数円の範囲で往来を繰り返すことがよくある。
  • 動き出すと1日で5円くらい動くこともある。

スワップ金利サヤ取り 豪ドル円

スワップ金利サヤ取りは、値動きが大きい時は証拠金を厚めに入れたり式に同をする必要があります。そうしないと、片方のポジションが強制ロスカットになり両建てポジションが維持できなるからです。

 

普段の豪ドル円は、それほど大きく動かずに往来相場を続けています。そのため、その期間が長すぎると投資家にも油断がでがちになり、そこが失敗の原因にもなります。。

 

例えば、豪ドル円75円台くらいであれば最低必要証拠金は2.5万円程度です。数か月間、5円くらいの値幅で往来相場を続けている時であれば10万円を口座入金するという基準は、「慎重すぎる」と感じるかもしれません。人によっては、「基準の2倍くらいのポジションを作って利益を増やそう」と考えるかもしれません。

 

それでうまくいくこともあります。

 

でも、そうやって油断したあたりで豪ドル円相場が大きく動くこともままあります。豪ドル円は、大きく動くときは1日5円程度飛ぶときもあります。その際に、口座入金してある証拠金に十分な余裕がなければ、片方の口座は吹き飛んでしまいます。

 

無論、そのまま相場が一方向に動いてくれれば残ったポジションで大きな利益がでることもあります。

 

でも、値が飛んだ後というのは反動による戻りも強烈です。値が飛んで刈り取られた後に強烈な戻りがあって、残った片方の口座にも利益がでていないなんて悲しい状況も想定されます。

 

そういった状況を避けるには、運用資金は十分に余裕を持たせる必要があります。1日で5円も動くような大変動はいつ起こるかはわかりません。いつ起こってもよいように、6〜7円程度変動しても強制ロスカットを食らわないくらいの資金的余裕は持たせておくのが理想です。

 

私は、スワップ金利サヤ取り(異業者両建)で強制ロスカットになったことは今までありません。そういう意味では、慎重すぎる基準ということになるかもしれません。

 

しかしながら、スワップ金利サヤ取り(異業者両建)は堅実第一の運用法です。この辺は、慎重すぎるという程度で調度良いと思っています。

 

以上、参考になれば幸いです。

スワップ金利サヤ取り 参照ページ

スワップ金利サヤ取り運用については以下も参考にされて下さい。

スワップ金利サヤ取り(異業者両建)の低リスクなやり方

スワップ金利サヤ取り 評価・質問集に戻る

2016/10/05 10:27:05
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック