トップへ戻る

南アフリカランド円スプレッドとスワップ金利比較 2018年最新情報

南アフリカランド円スプレッドとスワップ金利比較 2018年最新情報

高金利通貨として人気の高い南アフリカランド円ですが、FX口座間にはかなりの差があります。条件の良いFX口座探しのお役に立てるように更新を続けています。

 

2018年度他通貨のスワップポイント比較は以下ページで定期更新中です。

 

過去のスワップポイント比較まとめページ:スワップポイント比較

スワップポイント比較 2018年最新情報

7月5日 マネパ時代はまだ続く

 

230円の高水準スワップポイントを維持するマネーパートナーズFXとFXプライム byGMO、7月もその勢いは続きそうです。両建て運用・単純売買の双方で大いに利用していきましょう。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

FXプライム byGMO

230

−280

3.0銭原則固定

1000通貨

DMMFX

100

−100

1.3銭原則固定

1万通貨

GMOクリック証券

110

−110

1.3銭原則固定

10万通貨

YJFX!

120

−220

1.3銭原則固定

1万通貨

岡三オンライン証券 くりっく365

143.7

-143.7

0.5〜2銭

10万通貨

SBIFXトレード
留意事項あり

130

−140

0.99〜1.90銭

1通貨

セントラル短資FX

100

−220

1.2-2.6銭

1000通貨

マネーパートナーズFXnano

230

−260

1.9銭原則固定

100通貨

ヒロセ通商
留意事項あり

150(1万通貨15円固定中)

−650

1.0銭 原則固定

1000通貨

サクソバンクFX
留意事項あり

135

−150

実績平均0.7〜1銭

50000通貨

参考:デューカスコピー・ジャパン

130.8

−159.4

0.4−0.6銭+取引手数料(参考記事)

1000通貨

 

デューカスコピージャパンを参考扱いとする理由:デューカスコピージャパン口座は、業界最狭スプレッド+最高水準のスワップポイントと非常に魅力的なのですが、未決済ポジションの損益計算方法が「値洗い方式」(参考記事:値洗い方式)であるなど他口座とは異なる制度となっているためランキング対象から外し参考口座とさせて頂いております。ご興味のある方は、参考記事:デューカスコピー・ジャパン検証 どこが有利なのか?でまとめてある部分をご熟読頂きご利用ください。

 

調査日:7月5日

 

留意事項

  • サクソバンクスプレッドは前月実績平均値(スタンダードコース)です。
  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • スワップポイントは10万通貨の場合で表示してあります。1万通貨の場合は表記数字の10分の1となります。
  • SBIFXトレードのスプレッドは売買数量によって変動する仕組みになっています
  • ヒロセ通商 南アフリカランド円証拠金率は8%
  • 調査日がスワップポイント数日まとめて出る日には、1日分に換算して算出しています。小数第二以下はは四捨五入して小数点第一までの表示です。

 

6月6日 パートナーズFXnano 200円台継続中

 

パートナーズFXnano口座が、200円台維持したまま首位継続中です。他口座にももうひと踏ん張りして欲しいとことですので、パートナーズFXnano口座が刺激になってくれるといいんですけどねぇ。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

FXプライム byGMO

100

−200

3.0銭原則固定

1000通貨

DMMFX

120

−120

1.3銭原則固定

1万通貨

GMOクリック証券

110

−110

1.3銭原則固定

10万通貨

YJFX!

140

−190

1.3銭原則固定

1万通貨

岡三オンライン証券 くりっく365

150

-150

0.5〜2銭

10万通貨

SBIFXトレード
留意事項あり

130

−140

0.99〜1.90銭

1通貨

セントラル短資FX

100

−220

1.2-2.6銭

1000通貨

マネーパートナーズFXnano

200

−210

1.9銭原則固定

100通貨

ヒロセ通商
留意事項あり

150(1万通貨15円固定中)

−650

1.0銭 原則固定

1000通貨

サクソバンクFX
留意事項あり

140

−170

実績平均0.7〜1銭

50000通貨

参考:デューカスコピー・ジャパン

141.8

−173.7

0.4−0.6銭+取引手数料(参考記事)

1000通貨

 

デューカスコピージャパンを参考扱いとする理由:デューカスコピージャパン口座は、業界最狭スプレッド+最高水準のスワップポイントと非常に魅力的なのですが、未決済ポジションの損益計算方法が「値洗い方式」(参考記事:値洗い方式)であるなど他口座とは異なる制度となっているためランキング対象から外し参考口座とさせて頂いております。ご興味のある方は、参考記事:デューカスコピー・ジャパン検証 どこが有利なのか?でまとめてある部分をご熟読頂きご利用ください。

 

調査日:6月6日

 

留意事項

  • サクソバンクスプレッドは前月実績平均値(スタンダードコース)です。
  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • スワップポイントは10万通貨の場合で表示してあります。1万通貨の場合は表記数字の10分の1となります。
  • SBIFXトレードのスプレッドは売買数量によって変動する仕組みになっています
  • ヒロセ通商 南アフリカランド円証拠金率は8%
  • 調査日がスワップポイント数日まとめて出る日には、1日分に換算して算出しています。小数第二以下はは四捨五入して小数点第一までの表示です。

 

5月18日 パートナーズFXnano 久々の220円

 

強力なスワップポイントキャンペーンを開始したパートナーズFXnano口座が他を寄せ付けない220円という高水準で首位になっています。ちょっと興味深いのがGMOクリック証券です。くりっく365とDMMFX同様にスワップポイント売買同値でここ数日推移しています。

 

今後、何か動きがあるかもしれません。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

FXプライム byGMO

100

−250

3.0銭原則固定

1000通貨

DMMFX

130

−130

1.3銭原則固定

1万通貨

GMOクリック証券

140

−140

1.3銭原則固定

10万通貨

YJFX!

140

−150

1.3銭原則固定

1万通貨

岡三オンライン証券 くりっく365

159

-159

0.5〜2銭

10万通貨

SBIFXトレード
留意事項あり

140

−150

0.99〜1.90銭

1通貨

セントラル短資FX

100

−220

1.2-2.6銭

1000通貨

マネーパートナーズFXnano

220

−230

1.9銭原則固定

100通貨

ヒロセ通商
留意事項あり

150(1万通貨15円固定中)

−650

1.0銭 原則固定

1000通貨

サクソバンクFX
留意事項あり

150

−180

実績平均0.7〜1銭

50000通貨

参考:デューカスコピー・ジャパン

156

−188

0.4−0.6銭+取引手数料(参考記事)

1000通貨

 

デューカスコピージャパンを参考扱いとする理由:デューカスコピージャパン口座は、業界最狭スプレッド+最高水準のスワップポイントと非常に魅力的なのですが、未決済ポジションの損益計算方法が「値洗い方式」(参考記事:値洗い方式)であるなど他口座とは異なる制度となっているためランキング対象から外し参考口座とさせて頂いております。ご興味のある方は、参考記事:デューカスコピー・ジャパン検証 どこが有利なのか?でまとめてある部分をご熟読頂きご利用ください。

 

調査日:5月18日

 

留意事項

  • サクソバンクスプレッドは前月実績平均値(スタンダードコース)です。
  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • スワップポイントは10万通貨の場合で表示してあります。1万通貨の場合は表記数字の10分の1となります。
  • SBIFXトレードのスプレッドは売買数量によって変動する仕組みになっています
  • ヒロセ通商 南アフリカランド円証拠金率は8%
  • 調査日がスワップポイント数日まとめて出る日には、1日分に換算して算出しています。小数第二以下はは四捨五入して小数点第一までの表示です。

 

5月2日 サクソバンクが1位

 

いつも高水準ながら、この比較上はなかなか一位になれなかったサクソバンク証券が遂に一位になっています。スプレッドも業界最高水準の低スプレッド口座でもあるため、南アフリカランド円売買では活躍してくれる口座です。

 

今後が楽しみです。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

FXプライム byGMO

120

−220

3.0銭原則固定

1000通貨

DMMFX

130

−130

1.3銭原則固定

1万通貨

GMOクリック証券

170

−200

1.3銭原則固定

10万通貨

YJFX!

120

−130

1.3銭原則固定

1万通貨

岡三オンライン証券 くりっく365

152

-152

0.5〜2銭

10万通貨

SBIFXトレード
留意事項あり

150

−160

0.99〜1.90銭

1通貨

セントラル短資FX

100

−220

1.2-2.6銭

1000通貨

ヒロセ通商
留意事項あり

150(1万通貨15円固定中)

−650

1.0銭 原則固定

1000通貨

サクソバンクFX
留意事項あり

178

−196

実績平均0.7〜1銭

50000通貨

参考:デューカスコピー・ジャパン

171.2

−194.6

0.4−0.6銭+取引手数料(参考記事)

1000通貨

 

デューカスコピージャパンを参考扱いとする理由:デューカスコピージャパン口座は、業界最狭スプレッド+最高水準のスワップポイントと非常に魅力的なのですが、未決済ポジションの損益計算方法が「値洗い方式」(参考記事:値洗い方式)であるなど他口座とは異なる制度となっているためランキング対象から外し参考口座とさせて頂いております。ご興味のある方は、参考記事:デューカスコピー・ジャパン検証 どこが有利なのか?でまとめてある部分をご熟読頂きご利用ください。

 

調査日:5月2日

 

留意事項

  • サクソバンクスプレッドは前月実績平均値(スタンダードコース)です。
  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • スワップポイントは10万通貨の場合で表示してあります。1万通貨の場合は表記数字の10分の1となります。
  • SBIFXトレードのスプレッドは売買数量によって変動する仕組みになっています
  • ヒロセ通商 南アフリカランド円証拠金率は8%
  • 調査日がスワップポイント数日まとめて出る日には、1日分に換算して算出しています。小数第二以下はは四捨五入して小数点第一までの表示です。

 

4月3日 GMOクリック証券 久々の首位

 

今回首位となったのはGMOクリック証券です。GMOクリック証券は定期的にスワップポイントを引き上げる傾向にあり、昨年も同様の時期がありました。長期となるか短期となるかはわかりませんが、この高スワップポイント水準は十分に利用価値があります。スワップポイントサヤ取り用としても注目です。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

FXプライム byGMO

130

−230

3.0銭原則固定

1000通貨

DMMFX

130

−130

1.3銭原則固定

1万通貨

GMOクリック証券

180

−210

1.3銭原則固定

10万通貨

YJFX!

140

−150

1.3銭原則固定

1万通貨

岡三オンライン証券 くりっく365

162

-162

0.5〜2銭

10万通貨

SBIFXトレード
留意事項あり

160

−170

0.99〜1.90銭

1通貨

セントラル短資FX

100

−220

1.2-2.6銭

1000通貨

ヒロセ通商
留意事項あり

150(1万通貨15円固定中)

−650

1.0銭 原則固定

1000通貨

サクソバンクFX
留意事項あり

170

−200

実績平均1.4〜1.5

50000通貨

参考:デューカスコピー・ジャパン

174

−198

0.4−3.9銭+取引手数料(参考記事)

1000通貨

 

デューカスコピージャパンを参考扱いとする理由:デューカスコピージャパン口座は、業界最狭スプレッド+最高水準のスワップポイントと非常に魅力的なのですが、未決済ポジションの損益計算方法が「値洗い方式」(参考記事:値洗い方式)であるなど他口座とは異なる制度となっているためランキング対象から外し参考口座とさせて頂いております。ご興味のある方は、参考記事:デューカスコピー・ジャパン検証 どこが有利なのか?でまとめてある部分をご熟読頂きご利用ください。

 

調査日:4月3日

 

留意事項

  • サクソバンクスプレッドは前月実績平均値(スタンダードコース)です。
  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • スワップポイントは10万通貨の場合で表示してあります。1万通貨の場合は表記数字の10分の1となります。
  • SBIFXトレードのスプレッドは売買数量によって変動する仕組みになっています
  • ヒロセ通商 南アフリカランド円証拠金率は8%
  • 調査日がスワップポイント数日まとめて出る日には、1日分に換算して算出しています。小数第二以下はは四捨五入して小数点第一までの表示です。

 

3月2日 くりっく365首位返り咲き

 

2ヶ月ほど続いたDMMFXの190円台が終了しています。くりっく365が首位となり、いつもの順位に落ち着きつつあります。まだ、スワップポイントサヤ取りには早いという気がするのですが、準備しておいても良いかもしれません。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

FXプライム byGMO

110

−210

3.0銭原則固定

1000通貨

DMMFX

160

−160

1.3銭原則固定

1万通貨

GMOクリック証券

170

−200

1.3銭原則固定

10万通貨

YJFX!

140

-150

1.3銭原則固定

1万通貨

岡三オンライン証券 くりっく365

174

-174

0.5〜2銭

10万通貨

SBIFXトレード
留意事項あり

150

−160

0.99〜1.90銭

1通貨

セントラル短資FX

100

−220

1.2-2.6銭

1000通貨

ヒロセ通商
留意事項あり

150(1万通貨15円固定中)

−650

1.0銭 原則固定

1000通貨

サクソバンクFX
留意事項あり

170

−200

実績平均1.4〜1.5

50000通貨

参考:デューカスコピー・ジャパン

178

−202

0.4−3.9銭+取引手数料(参考記事)

1000通貨

 

デューカスコピージャパンを参考扱いとする理由:デューカスコピージャパン口座は、業界最狭スプレッド+最高水準のスワップポイントと非常に魅力的なのですが、未決済ポジションの損益計算方法が「値洗い方式」(参考記事:値洗い方式)であるなど他口座とは異なる制度となっているためランキング対象から外し参考口座とさせて頂いております。ご興味のある方は、参考記事:デューカスコピー・ジャパン検証 どこが有利なのか?でまとめてある部分をご熟読頂きご利用ください。

 

調査日:3月2日

 

留意事項

  • サクソバンクスプレッドは前月実績平均値(スタンダードコース)です。
  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • スワップポイントは10万通貨の場合で表示してあります。1万通貨の場合は表記数字の10分の1となります。
  • SBIFXトレードのスプレッドは売買数量によって変動する仕組みになっています
  • ヒロセ通商 南アフリカランド円証拠金率は8%
  • 調査日がスワップポイント数日まとめて出る日には、1日分に換算して算出しています。小数第二以下はは四捨五入して小数点第一までの表示です。

 

2月2日 DMMFXの大変動発生中

 

いつもは売りスワップポイント負担の少ないFx口座として常連のDMMFXが、只今最高スワップポイントで首位独走中です。時折起きる現象ですので気にしないでまいりましょう。長期間買いポジションを保有する予定であれば、2番手チームの、くりっく365・サクソバンクFX/デューカスコピージャパン辺りがおすすめです。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

FXプライム byGMO

110

−210

3.0銭原則固定

1000通貨

DMMFX

190

−190

1.3銭原則固定

1万通貨

GMOクリック証券

160

−190

1.3銭原則固定

10万通貨

YJFX!

140

-150

1.3銭原則固定

1万通貨

岡三オンライン証券 くりっく365

177

-177

0.5〜2銭

10万通貨

SBIFXトレード
留意事項あり

160

−170

0.99〜1.90銭

1通貨

セントラル短資FX

110

−230

1.2-2.6銭

1000通貨

ヒロセ通商
留意事項あり

150(1万通貨15円固定中)

−650

1.0銭 原則固定

1000通貨

サクソバンクFX
留意事項あり

180

−210

実績平均1.4〜1.5

50000通貨

参考:デューカスコピー・ジャパン

180

−200

0.4−3.9銭+取引手数料(参考記事)

1000通貨

 

デューカスコピージャパンを参考扱いとする理由:デューカスコピージャパン口座は、業界最狭スプレッド+最高水準のスワップポイントと非常に魅力的なのですが、未決済ポジションの損益計算方法が「値洗い方式」(参考記事:値洗い方式)であるなど他口座とは異なる制度となっているためランキング対象から外し参考口座とさせて頂いております。ご興味のある方は、参考記事:デューカスコピー・ジャパン検証 どこが有利なのか?でまとめてある部分をご熟読頂きご利用ください。

 

調査日:2月2日

 

留意事項

  • サクソバンクスプレッドは前月実績平均値(スタンダードコース)です。
  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • スワップポイントは10万通貨の場合で表示してあります。1万通貨の場合は表記数字の10分の1となります。
  • SBIFXトレードのスプレッドは売買数量によって変動する仕組みになっています
  • ヒロセ通商 南アフリカランド円証拠金率は8%
  • 調査日がスワップポイント数日まとめて出る日には、1日分に換算して算出しています。小数第二以下はは四捨五入して小数点第一までの表示です。

 

1月4日 くりっく365とサクソバンクの首位争い

 

昨年末より続く、サクソバンクとくりっく365の首位争い継続中です。売りスワップポイントでは、DMMFXが引き上げてきているので要注意です。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

FXプライム byGMO

100

−137.5

3.0銭原則固定

1000通貨

DMMFX

130

−130

1.3銭原則固定

1万通貨

GMOクリック証券

130

−160

1.3銭原則固定

10万通貨

YJFX!

140

-150

1.3銭原則固定

1万通貨

岡三オンライン証券 くりっく365

182.5

-182.5

0.5〜2銭

10万通貨

SBIFXトレード
留意事項あり

140

−150

0.99〜1.90銭

1通貨

セントラル短資FX

100

−220

1.2-2.6銭

1000通貨

ヒロセ通商
留意事項あり

150(1万通貨15円固定中)

−650

1.0銭 原則固定

1000通貨

サクソバンクFX
留意事項あり

180

−250

実績平均1.4〜1.5

50000通貨

参考:デューカスコピー・ジャパン

150

−180

0.4−3.9銭+取引手数料(参考記事)

1000通貨

 

デューカスコピージャパンを参考扱いとする理由:デューカスコピージャパン口座は、業界最狭スプレッド+最高水準のスワップポイントと非常に魅力的なのですが、未決済ポジションの損益計算方法が「値洗い方式」(参考記事:値洗い方式)であるなど他口座とは異なる制度となっているためランキング対象から外し参考口座とさせて頂いております。ご興味のある方は、参考記事:デューカスコピー・ジャパン検証 どこが有利なのか?でまとめてある部分をご熟読頂きご利用ください。

 

調査日:1月4日

 

留意事項

  • サクソバンクスプレッドは前月実績平均値(スタンダードコース)です。
  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • スワップポイントは10万通貨の場合で表示してあります。1万通貨の場合は表記数字の10分の1となります。
  • SBIFXトレードのスプレッドは売買数量によって変動する仕組みになっています
  • ヒロセ通商 南アフリカランド円証拠金率は8%
  • 調査日がスワップポイント数日まとめて出る日には、1日分に換算して算出しています。小数第二以下はは四捨五入して小数点第一までの表示です。
2018/07/05 13:59
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2100回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX 積立 スワップサヤ取り NYダウ MT4 キャッシュバック