みんなのリピート注文 5つの特徴

みんなのリピート注文 特徴

私が「みんなのリピート注文」を使い始めたのは、これまでと同じ売買で利益が増やせそうだと感じたからです。

 

私のように感じるかどうかは、それぞれの運用スタイルにも左右されます。

 

今回は、その大まかな特徴についてまとめました。

 

 

みんなのリピート注文の特徴

 

私が使っている「みんなのリピート注文」には大きく5つの特徴があります。

 

設定:1通貨ペアにつき「売り」と「買い」それぞれ1つ

リピート以外の自動売買ストラテジーも充実

スプレッドはリピート系口座としては最狭水準

スワップポイント差ゼロ

利用者数上限あり

 

他社のリピート系自動売買にはない特徴がいくつかありますので、説明させていただきます。

 

特徴1:1通貨ペアにつき「売り」と「買い」それぞれ1つの設定

 

2020年4月現在みんなのリピート注文が使えるのは13通貨ペアです。

 

米ドル円・ユーロ円などのお馴染みの通貨ペアから、ポーランドズロチ円などまで幅広く揃っています。

 

そして、設定は「売り」と「買い」で一つづつです。

 

米ドル円であれば、以下の2つです。

 

2020年4月 「みんなのリピート注文」米ドル円設定

 

  • 【USDJPY】みんなのリピート注文_買:30銭幅で50銭利益確定
  • 【USDJPY】みんなのリピート注文_売:30銭幅で50銭利益確定

 

これから増えるかもしれませんが、通貨ペアを選び「売り」か「買い」かの方針を決めれば、使うストラテジーは決まってしまう感じです。

 

特徴2:リピート以外の自動売買ストラテジーが充実

 

みんなのリピート注文を提供している「みんなのシストレ口座」では、リピート系以外の自動売買注文がとても充実しています。

 

市販されている商用ストラテジーから、個人トレーダーの売買に合わせて自動売買を行うストラテジー・AIストラテジーなど幅広く揃っています。

 

私達個人トレーダーの売買も、自動売買ストラテジーとして公開することが出来るようになっています。

 

みんなのリピート注文とこれら自動売買ストラテジーを組み合わせていく使い方も出来ます。

 

私もいずれ利用したいたいと思っています。

 

特徴3:スプレッドはリピート系口座としては最狭水準

 

みんなのリピート注文を提供しているみんなのシストレ口座のスプレッドも好条件です。

 

 

リピート系自動売買口座は固定スプレッドでないところも多いので、目視での比較です。

 

ダントツの低スプレッドという訳ではないのですが、「頭一つ有利」な条件になっている感じです。

 

特徴4:スワップポイント差ゼロ

 

みんなのシストレ口座は、スワップポイントの売りと買いの差がゼロ円です。

 

つまり、こんな感じです。

 

「米ドル円 買い5円・売りー5円」

 

これは私のような両建て派には、とても有難い存在です。

 

両建てする時には、「売り」と「買い」のスワップポイント差が投資家のコストになります。私などは、このコストが気になって「売り」のタイミングでも躊躇してしまうこともあるからです。

 

スワップポイント差がゼロであれば、この辺を気にせずに売買ができます。

 

両建てをしない方でも、単純に「マイナススワップポイトの仕掛けがし易くなる」というところもあります。

 

これまでは、「南アフリカランド円」など高金利通貨ペアでは「売り」設定はしにくいところがありました。

 

「スワップポイント負担が少なく済むなら売り設定もしてみたい」

 

こういう方・・・案外多いのではないでしょうか。

 

今までのリピート口座では、高金利通貨での売り設定では、スワップポイント負担が重くなりすぎました。

 

例えば、リピート系自動売買の中では比較的スワップポイント条件の良いトライオートFXの4月22日の南アフリカランド円スワップポイントはこうなっています。

 

  • 「南アフリカランド円 買い4円:売りー14円」

 

1万通貨売りポジションで毎日ー14円のスワップポイント支払です。

 

1週間も保有すれば、スプレッド1銭に相当するスワップポイント負担になります。南アフリカランド円の1銭には米ドル円などの10銭に相当する重みがあります。

 

これでも大きな下げがあれば利益となるでしょうが、そう思い通りに崩れてくれるものでもありません。

 

ちなみに、みんなのシストレの同日の南アフリカランド円スワップポイントはこうなっています。

 

「南アフリカランド円 買い3円:売りー3円」

 

売りポジション1万通貨で、マイナススワップポイント負担で11円も違います。

 

この差は大きいです。

 

トルコリラ円・南アフリカランド円などをリピートの売りで攻めたい方は、スワップポイント差ゼロのみんなのリピート注文利用が有利です。

 

特徴5:利用者数上限あり

 

みんなのシストレは、ストラテジーごとに利用者上限が決められています。

 

「セレクター数2000人」

 

「セレクター」というのは、ストラテジーを「セレクト」している人達のことを意味します。

 

みんなのストラテジーを稼働するには、「フォロー」⇒「セレクト」⇒「取引開始」の流れで操作をします。

 

「フォロー」の段階は、売買シグナルを見るだけですので、人数制限はありません。その次の「セレクト」できる人数が最大2000人までとなります。

 

当然ながら、みんなのリピート注文もこの制限を受けます。

 

現在のところ、「みんなのリピート注文」で2000人を超えているストラテジーはありません。

 

2020年4月24日朝現在でセレクター上位を抜き出すとこんな感じです。

 

  • 【MXNJPY】みんなのリピート注文_買のセレクターが約1194人
  • 【USDJPY】みんなのリピート注文_買のセレクターが約514人
  • 【TRYJPY】みんなのリピート注文_買のセレクターが約501人
  • 【ZARJPY】みんなのリピート注文_買のセレクターが約313人
  • 【CADJPY】みんなのリピート注文_買のセレクターが約218人

 

私が使っている「【USDJPY】みんなのリピート注文_買」は2位です。

 

でも、まだ500人くらいですので2000人までは余裕があります。

 

セレクターの人数は、ストラテジーが人気化すると一気に増える傾向があります。

 

そう簡単に2000人は超えないと思うのですが、人気化してから始めようとしても自動売買する枠がなくなっているという事態はあり得ます。

 

興味をお持ちの方は、「フォロー」だけはしておき、人数推移はたまにみておくと良いと思います。「フォロー」しているだけであれば、ポジションを持つこともありません。

 

私も数個のストラテジーを「フォロー」したままにしています。

 

売り設定・両建て派には特におすすめ

 

みんなのリピート注文は、スワップポイントがマイナスとなることが多い売り設定や両建て運用では、これまで以上の利益を投資家にもたらしてくれる可能性があります。

 

これまでのリピート系自動売買に比べてマイナススワップポイント負担が小さいというのは、損益だけでなく精神ストレス面で大きくプラスになります。

 

「南アフリカランド円売り」「トルコリラ円売り」などの自動売買を将来的には稼働させることもあるかもしれません。

 

他のリピート系自動売買では、この辺の通貨ペアでの売り設定は考えもしませんでした。

 

高金利通貨は、高スワップポイントは魅力ではあるものの、長期的には下落傾向にあります。

 

「みんなのリピート注文」の取引条件であれば、これら通貨ペアの売り設定も前向きに検討ができそうです。

 

これら特徴を活かして利益上乗せを図っていきます。


みんなのリピート注文2020 目次

2020/04/27


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2600回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ