米ドル円の一段下げ狙って新規設定

ループイフダン 設定 2021年4月23日 2

 

下げ方が鈍くなってきている米ドル円、そろそろ膠着状態に入ってきたのではないかと感じています。

 

本日ループイフダンの新設定を稼働しています。

 

 

2021年4月23日新規稼働内容

 

ループイフダン 設定 2021年4月23日

 

本日の設定内容です。

 

詳細内容はこんな感じです。

 

4月23日稼働内容

 

  • 運用通貨米ドル円
  • 売買:買い
  • 売買間隔:15銭
  • 1本の売買数量:1000通貨
  • 最大売買本数:10本

 

1000通貨単位で15銭刻みで買っていきます。

 

最大本数は10本ですので、15銭×10本=1.5円の下げまで買い進めます。

 

 

ループイフダン+カバードコール 運用方針

カバードコール戦略 運用方針

 

  • 運用通貨と仕掛けの方向性:米ドル円買いのみ
  • 最大レバレッジ4倍以内:200万円で6万米ドル目安(2021年4月基準)
  • 分割設定を基本にする。:200万円で最大6分割
  • 売買間隔:15銭か25銭を基本とする
  • 1本の売買数量と本数:1000通貨で10本
  • 米ドル円下落により最大本数となったら次の設定開始まで最低2週間様子を見る
  • オプション使用:下落により長期放置となるポジションには、カバードコールを使い利益上乗せ

 

ループイフダンにFXオプションを使って「カバードコール戦略」を組み合わせていくことで、「リスク低減+利益上乗せ」を目指しています。

 

運用の性質上、運用資金は2口座に分けています。

 

2021年月段階の資金配分

 

  • ループイフダン口座;150万円
  • FXオプション口座(サクソバンク証券):50万円
  • 合計:200万円

 

 

これによって、2つの効果を狙っています。

 

カバードコール戦略採用によって期待できる2つの効果

 

  • ループイフダンの損益にFXオプション利益を上乗せする
  • 米ドル円下落時の含み損増加を抑制する

 

FXオプションに慣れていない方は、無暗に真似はされないでください。

 

運用を真似される場合は、まずはループイフダンの設定パターンを参考にして頂ければと思います。

 

慣れてきたら、FXオプションも混ぜていくのを検討されるとよいです。

 

その方が、ストレス少なく運用できます。

 

元々、私のループイフダン運用は「含み損少な目」でやってきています。

 

ループイフダン設定のタイミングを参考にして頂くだけでも、利益を得ていけるはずですので、無理はされないでください。

 

ループイフダン運用成績

ループイフダン カバードコール戦略 成績

 

月別損益

 

  • 運用資金:200万円
  • 運用開始年月:2021年4月1日

 

年月 今月利益 今年度利益 利益率
2021年4月 12,497円 12,497円 0.62%

 

ループイフダン+FXオプションで利益上乗せ検証

 

FXオプションを使ったことが、本当に利益上乗せに貢献しているかどうかを検証するための記録です。

 

ループイフダン FXオプション 合計利益
2021年 2,257円 10,240円 12,497円

 

リピートでループイフダンを選んだ理由

ループイフダンを選んだ理由

 

一通りのリピート系自動売買を試して、ループイフダンに戻ってきました。

 

ループイフダンを選んだ理由は3つあります。

 

  1. 追尾型であること
  2. スワップポイント受取が高目であること
  3. スプレツド+手数料負担が軽い事

 

これらの特徴より、私の「米ドル円買い」を中心のリピート系自動売買に最も合うと感じています。

 

 

ループイフダン運用の主要ページ

 

 

サイト内他記事

 


2021/04/23


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ