ループイフダン 最初の設定

ループイフダン 最初の設定

 

本日よりループイフダンの運用を再開しています。

 

最初に動かした設定がこれです。

 

 

ループイフダン運用再開 最初の設定

 

ループイフダン 最初の設定

 

米ドル円のB15(15銭単位で買っていく)です。

 

詳細内容はこんな感じです。

 

4月1日稼働内容

 

  • 運用通貨米ドル円
  • 売買:買い
  • 売買間隔:15銭
  • 1本の売買数量:1000通貨
  • 最大売買本数:10本

 

1000通貨で10本ですので最大ポジションは1万通貨です。

 

こういう設定を分割で入れていくのが私の運用スタイルです。

 

米ドル円は、2017年以降100〜115円くらいの間を行ったり来たりしています。

 

この往来相場は、そろそろ崩れるだろうと私はみています。

 

米ドル円は、長期的には買いという流れが当面続くとみています。でも、大きく上げれば下げる時期もあるのが相場の必然です。

 

上げの流れでも、途中段階では5円や10円の下落は有り得ます。

 

ループイフダンで100本などの大きな設定をしてしまうと、そういう下落時期に一気に含み損を増加させて窮地にの陥るリスクを抱えてしまうことになります。

 

そのリスクを回避するには分割が有効な一手です。

 

大きな下げ期が到来しても分割して仕掛けていけば、下げ相場で発生するポジションは少な目に押さえることも可能だからです。

 

まずは、この設定でどれくらいの利益が出せるかなどをみながら、次の設定を検討していきます。

 

ゆっくりじっくりとまいりましょう。

 

 

私のループイフダン運用の特徴

 

  • 最低運用資金30万目安
  • 運用通貨:米ドル円のみのシプル運用
  • 最大レバレッジ4倍以内
  • ループイフダン仕掛けは分割
  • 手動売買も時折使用
  • 有効な局面ではFXオプションも活用(カバードコールのみ)

 

ループイフダン運用成績

 

  • 運用資金:200万円
  • 運用開始年月:2021年4月1日

 

年月 今月利益 今年度利益 利益率
2021年4月 0 0 0%

 

損益推移グラフ

 

もう少ししてから掲載予定です。

 

リピートでループイフダンを選んだ理由

 

一通りのリピート系自動売買を試して、ループイフダンに戻ってきました。

 

ループイフダンを選んだ理由は3つあります。

 

  1. 追尾型であること
  2. スワップポイント受取が高目であること
  3. スプレツド+手数料負担が軽い事

 

これらの特徴より、私の「米ドル円買い」を中心のリピート系自動売買に最も合うと感じています。

 

 

ループイフダン運用の主要ページ

 

ループイフダンの特徴など

 

 

サイト内他記事

 


2021/04/01


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ