ループイフダンでリピート系自動売買をつづける理由

ループイフダン スワップポイント 2022年1月10日 2

 

リピート系運用で使用しているループイフンダのスワップポイント条件を定期的に確認しています。

 

2021年1月10日午前中に発表されたのスワップポイントを使用しています。

 

ここのところ、ループイフダンは高スワップポイントだけではなく、リーピート系自動売買ではとっても有難い特徴も兼ね備えてくれるようになりました。

 

有難いことです。

 

 

高スワップポイントは維持出来ているのか?:スワップポイント調査状況

 

通貨ペア ループイフダン 業界最高値
米ドル円(買) 12円(2位) 15円
ユーロ円(売) 11円 15円
英ポンド円(買) 14円 17円
豪ドル円(買) 4円 4円
NZドル円(買) 15円 15円
スイスフラン円(売) 12円 18円
メキシコペソ円(買) 90円 90円

 


補足事項

 

  • メキシコペソ円のみ10万通貨・他は1万通貨でのスワップポイントです。
  • スワップポイント受取側のみでも比較です。(買)は買いポジションという意味です。

 

豪ドル円・NZドル円・メキシコペソ円の3通貨ペアで業界最高水準です。

 

他の通貨ペアでも上位グループの水準にあるので、スワップポイント目的運用でループイフダンは使いやすい口座と言えますね。

 

そして、今のループイフダンのスワップポイントには、もう一つ特筆すべき特徴があります。

 

両建てリピートに効果的 スワップポイント差もチェック!

 

ループイフダン スワップポイント 2022年1月10日

 

本日のループイフダンスワップポイント表です。

 

売りと買いの差をください。例えば、豪ドル円は「買い4円ー売り−5円」とわずか1円差になっています。

 

通常のFX口座は、スワップポイント差が10円以上開いているのが普通です。

 

リピート系口座などは、特にその開きが大きくて50円以上というのも珍しくはないのです。

 

それが、僅か1円なのです。

 

このお陰で、ループイフダンは豪ドル円売り設定などのマイナススワップポイント側の設定でも、日々のマイナススワップポイント負担が少なくて済みます。

 

最近利用者が多い両建てリピート運用などでは、大きな効果を発揮します。

 

この効果、やってみるとわかります。

 

マイナススワップポイントの負担って、気にしていないようでも気になってしまうものです。

 

しかも、50円以上も差があるような口座だと、更に気になるものです。

 

その負担が、スワップポイント差が僅かなループイフダン口座では、大幅に軽減できます。

 

これから、リピート系運用をお考えであれば、ループイフダンは強くお勧めできます。

 

 

リピートでループイフダンを選んだ理由

ループイフダンを選んだ理由

 

一通りのリピート系自動売買を試して、ループイフダンに戻ってきました。

 

ループイフダンを選んだ理由は3つあります。

 

  1. 追尾型であること
  2. スワップポイント受取が高目であること
  3. スプレツド+手数料負担が軽い事

 

これらの特徴より、私の「米ドル円買い」を中心のリピート系自動売買に最も合うと感じています。

 

 

ループイフダン運用の主要ページ

 

 

サイト内他記事

 


2022/01/10


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ