ループイフダンのスワップポイントが維持できているかの定期確認と現在のポジション

業界最高水準の高スワップポイントを提供し続けているループイフダン口座、それが維持できているかどうか定期的に確認しています。

 

リピート系自動売買+スワップポイントという両方を狙ったループイフダン運用を続けていくためにやっている調査です。

 

2020年2月18日 ループイフダンスワップポイント概況

 

ループイフダン スワップポイント調査 2020年2月18日

 

本日のループイフダンスワップポイント表です。

 

豪ドル円・NZドル円・カナダドル円などで業界首位のスワップポイントになっています。

 

それ以外でも、米ドル円は4位・ユーロ円6位・英ポンド円9位・トルコリラ円2位など多くの通貨ペアで上位10位内に顔を出しています。

 

この順位は、私が毎日実施している22社対象のスワップポイント調査での順位です。

 

各社激しく競いあっていますので、全通貨ペアでスワップポイント首位というのは難しい話です。

 

それでも、これだけ上位を維持できていうのですからループイフダンの高スワップポイント傾向は今回も継続していると断定して問題ないと思います。

 

新型コロナウイルス関連のニュースで、為替相場も時折大きく動くのですが、米ドル円だけはそれほど動きがありません(悲)。

 

安定しているのはストレス少なくて済むので良いことなのですが、リピート系自動売買では売買が少なくなりすぎてちょっと寂しいところです。

 

それでも、設定は現状のままでいきます。

 

現在保有中のポジションはこうなっています。

 

2月18日 ループイフダン保有ポジション

 

  • 自動売買:米ドル円買いポジション1.8万通貨
  • 手動売買:豪ドル円売りポジション5万通貨

 

含み損は46,073円で、運用資産全体約144万円に対する含み損率は約3.2%です。

 

ポジション全体としては、とっても安定した状況です。

 

利益をもっと出したいという気持ちはあるものの、流れに逆らわずのんびりいくつもりです。

 

豪ドル円がもう少し下げたら、売りポジションの利益確定+米ドル円買いポジションの一部損きりなどで全体のポジションを軽くするかもしれません。

 

どういうポジション操作をするかは、明日以降の流れを見ながら決めていきます。

 

リスク抑えてやるのには、ループイフダンは本当に良い自動売買ツールです。

 

ループイフダンは、2018年度80%の方が資産を増やしています。

 

 

ループイフダン運用の主要ページ

 

ループイフダンの特徴など

 

 

サイト内他記事

 

 

2020/02/18


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ