トップへ戻る

EURPLNとポーランドズロチサヤ取りとの関係 まとめ

EURPLNとポーランドズロチサヤ取りとの関係

ポジション作成の仕方がわかりにくいようなので、今回は具体的に書かせていただきます。前回、大雑把に以下のような書き方をしました。

 

  • EURPLNが上昇したら下げに向かって仕掛ける
  • EURPLNが下落したら上げに向かって仕掛ける

 

今回は、これらの2つの売買の具体的な両建てのやり方や特徴についてまとめてみました。

EURPLN上昇時 スワップ受取りの一見気楽なサヤ取り

そこのパターンの実際の売買はこれです。

 

参考記事:第一回ユーロ円ーポーランドズロチ円サヤ取り売買結果

 

EURPLNがある程度上昇して行き過ぎ圏に入ったら仕掛けます。準ペッグ通貨なので「上げすぎれば下げへの調整」が入ってくる可能性が高くなるため、それを先取りする形で仕掛けていきます。このときの仕掛けは、以下のポジションを作成します。

 

  • ユーロ円売り
  • ポーランドズロチ円買い

 

このポジションのうれしいところは、毎日のスワップポイントが大きく受取りとなりやすいところです。ポーランドズロチ円買いでスワップポイントが貰えるだけでなく、ユーロ円売りでもスワップポイント受取りとなることが多いのです。

 

もう一つ面白い点は、スワップポイントが受取れて一見気楽なのですが、利益は出にくい傾向にあります。1ヶ月や場合によっては数ヶ月ポジションを保有して利益をだしていくような感じになります。

EURPLN下落時 短期で利益となりやすい

このパターンでの実際の売買記事はこちらです。

 

参考記事:第二回ユーロ円ーポーランドズロチ円サヤ取り売買結果

 

EURPLNが下がってきたら、次は先程と逆の仕掛けをすることになります。

 

  • ユーロ円買い
  • ポーランドズロチ円売り

 

ポーランドズロチとユーロの関係は、地球と月のような関係です。地球がユーロでズロチが月です。ズロチは、ユーロに離れたり近づいたりしながら、大きな値動きはユーロと連動します。経済関係の緊密度からいって、「ユーロから米ドルに鞍替えする」という可能性はまずありません。

 

EURPLNが一時的に大きく下げても、いずれ一定値に戻ることになるのでその回帰性を利用していくのがこのサヤ取りです。

 

このパターンでの仕掛けでは、スワップポイント的には不利になります。先程の両建てポジションは、「スワップポイント受取」となるのですが、このパターンでは支払となるからです。でも、利益が出始めるのは早いことが多いです。これは、MT4での自作EAでのバックテスト結果からいえることです。

 

EURPLNが下げる状況を分解すると「ユーロ安のポーランドズロチ高」となります。ポーランド側としては、ズロチが必要以上に高くなるのは望みませんし、自国の輸出産業にとってもマイナスになります。

 

そのため、ズロチ高を防ぐための介入が何らかの形で入りやすいと推定できます。

準ペッグ通貨注意点 値幅帯が微妙にズレる

このサヤ取りを、「4.1で売り 4.0で買い」という具合に値を決めて仕掛けることはしません。これは、EURPLNが往来する値幅が時期によって微妙にズレてくるためです。先程の記事ですが、記事中ほどのグラフをご覧下さい。

 

参考記事:2014年の値幅傾向

 

往来相場の値幅帯が微妙に動いているのが確認できるはずです。この図だけだと上に上がっていきそうにも思えますが、そんなに単純なものではありません。なので、焦らずにゆっくりと値動きをみながら、値の行き過ぎを観察していくことになります。

 

このサヤ取りは、ポーランド国内情勢の急変やウクライナ情勢の深刻な悪化(ユーロとロシアの戦争突入など)などが無ければ大怪我をすることは、あまり無いと思っています。

そろそろ第3回目仕掛け

このサヤ取りは、MT4での自作EAでポジションが発生するのを基準にして仕掛けをしています。昨日そのポジションが発生しているので、来週手動でポジションを作成する可能性があります。今回は「EURPLNが上昇したら下げに向かって仕掛ける」なので、以下のパターンでの仕掛けになる予定です。

 

  • ユーロ円売り
  • ポーランドズロチ円買い

 

先程の説明でいけば、スワップポイントの受取りになる気楽なポジションですが、利益が出るのは遅めという形です。もしかすると今回は、「EURPLN売り」の単純な形で行うかもしれません。こうすることで、受取るスワップポイントは減るのですが、管理の手間を省けるというメリットがあります。

 

逆パターンの時は、毎日のスワップポイント支払がきつくなるのでくりっく365での合成ポジションが中心になります。

 

「EURPLN売りであれば、使う口座はOANDAJAPAN(オアンダジャパン)MT4です。ユーロ円とポーランドズロチ円のサヤ取りで行うのであれば、前2回の売買と同様にくりっく365を使用します。

 

今後もポジション作成・決済の売買経過は公開していきますので、興味のある方は参考されてください。

ポーランドズロチ円サヤ取り関連記事

メルマガ相場生活入門でのポーランドズロチのミニ連載をまとめました。

 

2014/12/22 09:39
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック