【2020年3月6日】豪ドル円手書きグラフからの見通し

豪ドル円手書きグラフ見通し 2020年3月6日 3

 

豪ドル円が70円台を割れてきています。

 

毎日描いている手書きグラフをもとに今後の豪ドル円見通しについてまとめました。

 

 

豪ドル円 今週みていたポイント

 

豪ドル円手書きグラフ見通し 2020年3月6日

 

3月6日朝まで記入済みの豪ドル円手書きグラフです。これは、大きな流れをみるために記入しています。

 

ここ数日は、「豪ドル円の戻りがどれくらいになるか」を見ていました。

 

今回のように大きく下げた後は、それなりの反動高があるのが普通です。

 

その戻り方は、次の流れを見るうえで大切なポイントになります。

 

ここ数日みていた豪ドル円ポイント

 

  • 戻り大きく強ければ買い転換に方針変更の可能性あり
  • 戻り弱いままであれば売り方針継続

 

見ていたのですが、弱いままでした。

 

戻らないですね。

 

私としては「売り方針継続」です。

 

その方針に従い、新規売りポジションを入れています。

 

豪ドル円 新規ポジション

 

豪ドル円手書きグラフ見通し 2020年3月6日 2

 

10万通貨の新規ポジションをくりっく365口座にて作成しています。

 

弱いと判断したらもうちょっと売る予定だったのですが、下げ始めるのが早過ぎました。

 

こういうときに下げ相場を追いかけて売り乗せは避けるようにしています。売値が安値になるので、あとあと不利なポジションになりやすいからです。

 

70円割れ以降は、1月31日に仕掛けた「豪ドル円プットオプション買い50万通貨」に本格的に利益が乗り出します。

 

 

プットオプション買いは、「下げ相場で利益・上げ相場で損失」で「損失限定・利益限定なし」という性質を持ちます。

 

FXでの豪ドル円売りポジションで発生する日々のマイナススワップポイントもありません。

 

プットオプション買いは、下げ相場を含み損の心配せずに追いかけるのに向いています。

 

今後豪ドル円が70円を大きく割れていくようであれば、大きく利益を出してくれる可能性もあります。でも、こういうのは期待しすぎるとうまくいかないんですよね。

 

いつも通りの場帳・グラフ記入をしながら、利益が乗ることを祈ることにします。

 

亀仙人投資術+場帖・グラフ 詳細説明

 

豪ドル円 裁量トレード 関連ページ

 

豪ドル円 サヤすべり取り 運用関連ページ

 

 

サイト内他記事

 

 

 


2020/03/06


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2500回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ