当ページは、アフィリエイト広告を含みます。

ドキドキしなさ過ぎるのが短所のAUDNZD

激しい動きの少ないAUDNZDでの裁量トレードです。

 

この通貨ペアは、ドキドキしないのが長所であり、短所ですね。

 

 

AUDNZD 2024年6月26日手書きグラフ状況

 

 

上げどまった後、少し下げて一休みというところです。

 

現在売りポジション保有中なので、もうちょっと下げて欲しいところではあります。

 

まあ、でも急ぎません。

 

ゆっくり動くのが、AUDNZDの基本パターンです。

 

100pips動くのに1週間くらいかかるのも珍しくありません。他の通貨ペアであれば、1日なんですけどねぇ。

 

まだまだ慣れていませんが、こういうのも良いような気がします。

 

 

これから豪ドル円売買をするのであれば、スワップポイント状況も参考にされて下さいませ。

 

 

現在の運用規模と売買方針

 

次回の売買予定

 

現在のポジション規模などは、仕掛け開始時の豪ドル円レートなどをもとに決めます。

 

  • 運用資金3700万円
  • 最大レバレッジ4倍目安(豪ドル円90円で約160万通貨目安)
  • 試し玉から始める分割売買にて投下していく
  • 2−3−5の分割(立花義正氏の使っていた形)
  • 分割数量 10−15−25−25−25−25・・・という流れ

 

豪ドル円 裁量トレード 関連ページ

 

豪ドル円 サヤすべり取り 運用関連ページ

 

 

サイト内他記事

 


2024/06/26


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ