豪ドル円手書きグラフからの見通し

日々記入を続けている豪ドル円手書きグラフ、2019ねん5月末の状況をまとめました。ここのところのポジション操作についてもまとめております。

11枚目手書きグラフ終了

豪ドル円手書きグラフ見通し

 

今回は、わけあって前回記事:豪ドル円手書きグラフ 2019年5月22日状況のグラフ画像を使わせて頂いております。

 

理由は2つです。

 

  • 新しいグラフ用紙は、まだ1cmのため、これだけでは動きがわからない。
  • 前回から、大きな変化がない。

 

ということで・・・・

 

豪ドル円の見通しは、前回と同じです。

 

まだまだ弱そうだ。

 

そう感じています。

 

この見通しにもとづいて売買も続けています。

 

上がってきたら売り、上がってきたら売り、の繰り返しですけどね。

 

主力口座の2019年5月の売買状況はこんな感じです。

 

サヤすべり取り主力口座 DMMFFX売買状況

 

豪ドル円 DMMFX

 

豪ドル円売買の主力口座であるDMMFXの約定記録です。

 

私は両建てを多用します。なので、売買の主力口座はスワsップポイント売買同値のDMMFXを使っています。

 

 

2019年5月の決済は、5月6日に1回だけ行っています。

 

利益決済とはなったものの、利益は1万円程度です。

 

その後に10万通貨売りを2回しています。

 

豪ドル円買いポジション保有中の別口座で、あと10万の豪ドル円売りポジションを追加しています。

 

なので、合計30万通貨の豪ドル円売りポジションを増やしたということになります。

 

5月は、このまま終わってしまいそうです。

 

これら売りポジションは、うまくいけば6月に利益確定が出来るのではないかと思っています。

 

少しずつ利益が乗ってきています。でも、決済はまだ急ぎません。

 

まだ、大きく崩れそうな感じがあるんですよね。

 

その感じがあるうちは、売りポジションを残していくつもりでいます。

 

とはいえ、どこまでも下がるものではありません。

 

陰極まれば陽になるごとく、下げ相場はいずれ上げ相場へと転換します。

 

その転換をどの辺で感じ取れるかです。

 

やることは一緒です。

 

日々の場帳・グラフ記入をして、いつもの作業をしながら流れに乗り続ける努力を続けます。

 

いつも通りにやっていれば大丈夫のはずです。

 

亀仙人投資術+場帖・グラフ 詳細説明

2019/05/30


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2500回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ