ポジポジ病対策にサヤ取りが有効?

スワップポイントサヤ取り 2022年1月14日 2

スワップポイントサヤ取り、地道に継続中です。

 

両建てポジションを作って保有し続けるだけですので、運用とも言えないんですけどね。

 

ポジポジ病で大失敗する方、多いですよね。

 

今回の記事はそういう方にも参考になるかもしれません。

 

 

2022年1月14日 サヤ取り管理簿状況

 

スワップポイントサヤ取り 2022年1月14日

 

現保有ポジションのスワップポイント差利益の含み益、77,540円になっています。

 

先週から5000円くらいの増加ですので、月換算では2万円くらいというところでしょうか。

 

ちょっと鈍化しています。

 

この辺は、あまり気にせずにいきます。

 

増えるときもあれば減る時もあります。その予測は不可能だからです。

 

それでも、少しでも増えてくれれば、現金のままにしておくよりはマシです。

 

両建てポジションを持って、毎日維持するだけでちょっとづつでも増えていくのであれば問題ありません。

 

このスワップポイントサヤ取りには、利益がでることの他にもメリットがあります。

 

実は、「ポジポジ病対策に有効」なのです。

 

サヤ取りメリット ポジポジ病に有効

 

ポジポジ病とは、余裕資金があるとどんどんポジションを作って売買をしたくなる状態のことを言います。

 

今日は売買するつもりなかったのに、相場を見ていたらポジション作っていたなんて経験はどなたにでもあると思います。

 

こういうポジポジ病気味の方は、スワップポイントサヤ取りを活用してみるのも良いかもしれません。

 

スワップポイントサヤ取りを活用することで「余裕資金を持ったままチャンスを待てるようにる」からです。

 

説明するまでもないかもしれませんが、FXは毎日チャンスがある訳ではありません。

 

そして、絶好のチャンスというのは、なかなかこないものでもあります。

 

師匠林輝太郎も、「絶好の仕掛け時というのは年に数回程度」と著書で何度も書いているくらいです。

 

チャンスまでは、資金を持って待つ必要があります。

 

これって、なかなか出来ないんです。

 

手元に余裕資金があると、どうしてもポジションを作りたくなるものです。

 

そのために、絶好のチャンスが訪れたときには「資金がない!」なんてことになってしまいます。

 

ここでポジション作れればいいのに、もうお金がない!

 

そんな経験は、誰もが経験あるはずです。

 

でも、余裕資金でスワップポイントサヤ取りポジションを作っておけば、こういう事態は防ぎやすくなります。

 

ポジポジ病気味にポジションを作りたくなっても、サヤ取りポジションがあるお陰で資金に余裕が少なくなっているからです。

 

利益の少ないポジションとはいえ、証拠金として活用しておけるからです。

 

こうしておくことで、本当のチャンスのときに両建てポジションを決済して、勝負できるようになります。

 

私自身も、スワップポイントサヤ取りポジションを持つことで、チャンスを待てるようになってきました。

 

昔は、私もポジポジ病に悩んだことがあるのです。その克服にスワップポイントサヤ取りは貢献してくれました。

 

【毎日更新】スワップポイントサヤ取り 本日の最適組合せ


2022/01/14


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ