【2020年2月】月1万円FX積立 今月の内容

月1万円 FX積立 2020年2月 5

 

今月も1万円を積立して新規ポジションを作成しています。

 

この積立の大まかな流れは、この記事でまとめています。

 

 

 

1万円 FX積立入金

 

月1万円 FX積立 2020年2月

 

銀行より1万円入金しています。マネーパートナーズFXnano口座への直接入金なのですが、手続き的には入金⇒マネーパートナーズFXnano口座に振替となっています。

 

これで2020年2月現在の積立総額は18万円になりました。

 

月1万円 FX積立 2020年2月 2

 

薄赤色部分182,143円が現在の運用資金です。これとは別に含み益が910円あります。

 

18万円の元金に、連続注文などの売買利益で2,143円の利益がでているというのが現在の状況です。

 

口座内容を確認した後、今月の米ドル円新規買いポジションを作成しています。

 

米ドル円200通貨買い 2020年2月新規ポジション

 

月1万円 FX積立 2020年2月 3

 

今月の米ドル円新規買いポジションは200通貨です。

 

成行注文で108.624円で約定しています。

 

毎月の買い数量は、積立時点の「米ドル円値」「保有ポジションの買い平均値」「保有ポジションのレバレッジ状況」などを加味してきめていす。

 

毎月の買い数量目安

 

  • レバレッジ0倍:1万円積立のみで買いポジション作らない。
  • レバレッジ1倍:米ドル円買いポジション100通貨
  • レバレッジ2倍:米ドル円買いポジション200通貨(連続注文と合計での数量)
  • レバレッジ3倍:米ドル円買いポジション300通貨(連続注文と合計での数量)
  • レバレッジ4倍:米ドル円買いポジション400通貨(連続注文と合計での数量)

 

米ドル円が高値のときには数量を少なくして、安値のときには多く買うというのが理想です。

 

こうすることで、ドルコスト平均法の効果を上げて「買い平均値を安値に保つ」ことができまるようになります。

 

2020年2月は、レバレッジ2倍での買いにしています。

 

一時の高値から下げてはいるものの、流れ次第ではもう少し大きな下げもありそうな感じがあるからです。

 

ここから大きく下げるようであれば大きく買っていくつもりでいます。

 

その気持ちがあるからこそ、ここで無理はしません。

 

連続注文 新規設定はなし

 

今月の連続注文は新規設定なしです。先月から稼働している設定してある3本をそのまま動かしておきます。

 

連続注文は、リピート系注文の一種です。

 

トラリピ・ループイフダンなどのように一度に大量の注文設定はできないものの、手数料無料で業界最狭水準のスプレツドで好条件の売買ができるというメリットがあります。

 

2020年2月現在 FX積立保有ポジション状況

 

月1万円 FX積立 2020年2月 4

 

保有ポジション総数は1900通貨まで増えました。

 

買い平均値は、108.232円です。

 

運用資産が18万円台ですので、まだレバレッジ1倍強程度で資金的には余裕があります。

 

本日のパートナーズFXnano口座の米ドル円スワップポイントは、1万通貨で1日34円です。1900通貨だと毎日6.46円で、年間2357.9円くらいになります。

 

18万円の運用資金に対する利回りは1.3%程度とまだまだ低いです。

 

レバレッジを上げれば、スワップポイントの利回りも上がるのですがリスクも高まります。これからの積立も、この辺のリスクを意識しながらやっていきます。

 

FX積立が欲張りさえしなければ堅実な資産つくりをする方法として向いています。

 

まずは運用資金20万円まで積立をしながら、連続注文設定などの戦略をじっくりと考えてやっていきます。

 

あせらずゆっくりと仕掛けていきます。

 

使っているのは、100通貨売買+連続注文の使えるマネーパートーナーズFXnano口座です。口座開設だけで1000円貰えるキャンペーンも実施中です

 

 

覇国積立 FX積立編 主要ページ

 

 

サイト内他記事

 


2020/02/04


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2600回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ