月1万円FX積立 毎月の入金から連続注文設定までの流れを解説 2019年9月積立

月1万円FX積立 入金から連続注文設定解説 6

 

米ドル円でやっているFX積立、毎月の流れを解説させていただきます。

 

2019年7月から始めたFX積立も3回目となりました。

 

 

毎月の積立前に決めること

 

1万円の積立実行の前に決めておくべきことが一つあります。

 

「今月の1万円積立金、レバレッジ何倍のポジションにするか」

 

私のルールでは、毎月1万円の積立金を「レバレッジ0〜レバレッジ4倍以内」と決めています。

 

売買数量自体は丸い数字にしています。

 

毎月の買い数量目安

 

  • レバレッジ0倍:1万円積立のみで買いポジション作らない。
  • レバレッジ1倍:米ドル円買いポジション100通貨
  • レバレッジ2倍:米ドル円買いポジション200通貨(内連続注文100通貨
  • レバレッジ3倍:米ドル円買いポジション300通貨(内連続注文100通貨)
  • レバレッジ4倍:米ドル円買いポジション400通貨(内連続注文200通貨)

 

米ドル円現在値106円前半です。

 

この通りに買いポジションを作るとレバレッジは1.06倍という具合に超えてしまうのですが、その辺は「数字を丸く」という範囲内としています。

 

今後米ドル円が120円台くらいになるようなことがあれば、買い数量は少し調整する予定でいます。

 

このレバレッジは、積立対象通貨ペアである米ドル円値が安値近辺にあればあるほど高くしていく方針です。

 

買い数量の約半分が連続注文設定

 

先程の毎月の買い数量目安のところで内連続注文●●●通貨となっているのにお気づきになられたかと思います。

 

これは、今月の買い数量の中で連続注文として発注する数量のことです。

 

今のところの基準としては、「買い数量の半分を連続注文」にしています。

 

連続注文は、マネーパートナーズFXで提供されている「リピート系注文機能」です。

 

 

どの辺が調度良いかはやりながら、決めていく予定です。

 

2019年9月は、米ドル円が安値近辺にあるという認識なので、レバレッジ4倍で米ドル円400通貨買いポジション作成(内200通貨連続注文)と決めています。

 

この方針に基づき、入金をします。

 

1万円積立金入金

 

月1万円FX積立 毎月の入金から連続注文設定まで 1

 

クィック入金で今月積立分を1万円入金です。

 

100通貨売買ができるマネーパートナーズFXnano口座に直接入金しています。

 

入金処理が終わったら、すぐに注文が出せます。

 

連続注文 設定

 

月1万円FX積立 入金から連続注文設定解説 2

 

連続注文の設定画面です。

 

最初のうちは、ここの設定は悩むかもしれません。

 

ただ、ここはあまり悩まず自分の基準を決めて淡々と実行するのが良いだろうと思っています。

 

私は、現状以下のような基準でやっています。

 

私の連続注文設定ルール

 

  1. 設定値は、00銭・50銭というキリの良いところ
  2. 設定値は、現在値からちょっと下げたところ
  3. 売買本数は基本的に1本
  4. 利益確定値幅は、現在50銭で固定
  5. 売買回数は3回(全部で4回売買⇒意味はこの中で解説しています)
  6. 月初に設定したら翌月までは基本的にいじらない。

 

軽く解説させていただきます。

 

本日朝方の米ドル円値は、106円前半でした。

 

この場合、ルール1設定値は、00銭・50銭というキリの良いところルール2設定値は、現在値からちょっと下げたところに従い、買い値設定は106円ちょうどとします。

 

数量は200通貨で、この1万円の積立金で設定するのはこれ1本のみです。

 

利益確定幅は50銭です。

 

いずれ別の値幅を使うこともあるかもしれませんが、今のところは単純に50銭で利益確定の設定をしています。

 

連続注文設定回数は3回です。

 

月に3回も回転してくれれば上出来かなと思っているからです。

 

今のところ1回くらいしか回転していないので、これで十分な気がしています。

 

ちなみに、連続注文設定を3回とすると、現実にはこの値幅で4回売買が起きます。

 

これは、通常注文が1回あるためで、「連続注文3回+通常注文1回=4回」という仕組みになっているためです。

 

これが、連続注文設定時の画像です。

 

月1万円FX積立 入金から連続注文設定解説 3

 

連続注文3回で設定したはずなのに、右上の回転数が4回になっています。

 

この辺は、何となく疑問に思ってしまう部分ですが、売買の体制には影響はありません。

 

やりながら、このFX積立に適切と思われる売買回数を見つけていくつもりでいます。

 

この連続注文とは、別に200通貨の米ドル円買いポジションも作ります。

 

通常注文200通貨 米ドル円買いポジション

 

月1万円FX積立 入金から連続注文設定解説 4

 

画像薄赤色部分の200通貨米ドル円買いポジションが、今月通常注文で作ったポジションです。

 

これは、成行注文でサクッと作ってしまいます。

 

画像下の2本は、先月作った米ドル円買いポジション400通貨です。

 

前月も、「通常注文200通貨+連続注文200通貨」でやっています。

 

連続注文の回転は、ありませんでした。

 

こういう場合は、連続注文を一旦外しています。

 

米ドル円は、時折大きく上昇することがある通貨ペアです。

 

そういう時に連続注文を残しておくと、上昇途中で利益確定されてしまうので、大きな利益を取りそこなう事にもなりかねません。

 

そういう事態を防ぐための措置です。

 

連続注文を目先の往来を使って利益上乗せの手段として使いながら、大きな上昇があれば既存のポジションで取っていければと考えています。

 

2019年7月から始めたこのFX積立全体のポジションもご覧ください。

 

FX積立 2019年9月ポジション状況

 

月1万円FX積立 入金から連続注文設定解説 5

 

今月、保有ポジションが1000通貨になりました。

 

この後、連続注文でのポジションが約定すれば、保有ポジション数量は200通貨増えて1200通貨になります。

 

運用開始時資金10万円+月1万円積立でやっていますので、今のところはこんな感じです。

 

これから。毎月こんな感じでポジションを増やしていきます。

 

使っているのは、100通貨売買+連続注文の使えるマネーパートーナーズFXnano口座です。

 


2019/09/02


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2500回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ