豪ドル円往来相場の下限まで下げる。

為替相場が一気に動き出していて、豪ドル円も大きな動きが出てきています。

 

毎日グラフ記入をしながら、次のチャンスを待っています。

 

 

豪ドル円手書きグラフからの見通し 2022年8月3日

 

豪ドル円 手書きグラフ

 

ドカーンとおちてきています。

 

大きい往来相場の下限近辺というところで、ここから更に落ちると下げが加速しそうなところにきています。

 

ここは動けないです。

 

反転しそうなポイントでもあるので、買いポジを損きりすることはしません。

 

かといって、下げに転じそうな可能性を考慮すれば、積極的な買いも難しところです。

 

ポジションを動かすのは、もうちょっと動きを見てからにします。

 

 

これから豪ドル円売買をするのであれば、スワップポイント状況も参考にされて下さいませ。

 

 

現在の運用規模と売買方針

 

今回の方針

 

  • 運用資金2500万円
  • 最大証拠金使用率 15%(約100万通貨目安)
  • 試し玉から始める分割売買にて投下していく
  • 2−3−5の分割(立花義正氏の使っていた形)
  • 分割数量 8−12−20−20−20−20で最大100万通貨(2−3−5の分割で立花義正氏の使っていた形です)

 

豪ドル円 裁量トレード 関連ページ

 

豪ドル円 サヤすべり取り 運用関連ページ

 

 

サイト内他記事

 


2022/08/03


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ