良い波を待つ サーファーと似ているところ

豪ドル円 手書きグラフ 2022年7月27日 2

毎日記入している豪ドル円手書きグラフからの見通しです。

 

大きな動きが減ってきています。

 

 

豪ドル円手書きグラフからの見通し 2022年7月20日

 

豪ドル円 手書きグラフ 2022年7月27日

 

ちょっと詰まってきました。

 

勢い的には上げですが、一旦下げる可能性も考慮した方が良さそうな形です。

 

ここのところ突如上げたり、突如下げだしたりと、乗りにくい波が多いです。

 

乗りにくい波の時は、無理に乗る必要はありません。

 

乗らなくても良いくらいです。

 

ここは、サーファーと考え方は同じです。

 

「良い波がくるのを待って、乗ればよい」

 

前にプロサーファーの動画をみたときは、「良い波は一日に1回か2回くらいしかない」と言っていました。

 

この言葉、とても意外でした。海の波は四六時中発生していますよね。

 

でも、その中には「良い波」と「そうでない波」があり、「良い波」はそう簡単にはこない。

 

相場運用も同じです。

 

良い波は年に1回か2回、その波をきっちり捉えられれば大利を得られる。

 

それ以外の波はスルーで問題なし。

 

でもねぇ。

 

これを現実に実行していけるようになるには時間がかかります。

 

私も、そう慣れるよう修行中です。

 

 

これから豪ドル円売買をするのであれば、スワップポイント状況も参考にされて下さいませ。

 

 

現在の運用規模と売買方針

 

今回の方針

 

  • 運用資金2500万円
  • 最大証拠金使用率 15%(約100万通貨目安)
  • 試し玉から始める分割売買にて投下していく
  • 2−3−5の分割(立花義正氏の使っていた形)
  • 分割数量 8−12−20−20−20−20で最大100万通貨(2−3−5の分割で立花義正氏の使っていた形です)

 

豪ドル円 裁量トレード 関連ページ

 

豪ドル円 サヤすべり取り 運用関連ページ

 

 

サイト内他記事

 


2022/07/27


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ