豪ドル円手書きグラフ14枚目開始

豪ドル円 見通し 2022年1月12日 2

新しいグラフ用紙に豪ドル円の折れ線グラフを描き始めました。

 

横幅70cmのグッラフ用紙に、1日2mmmづつ記入していくので約1年半分の値動きを描いていくことになります。

 

13枚目が終了しているので、1.5年×13枚=約18年描いていることになりますね。

 

大きな成果こそ出せていませんが、損をせずに続けてこれたのは、このグラフのお陰です。

 

そろそろ、更に一段上を目指していきます。

 

 

豪ドル円手書きグラフからの見通し 2022年1月12日

 

豪ドル円 見通し 2022年1月12日

 

豪ドル円、ここ1週間のグラフです。

 

新しいグラフ用紙に描き始めたばかりなので、只の線にしか見えませんね(苦笑)。

 

これでも、前のグラフの形が頭に入っているので、頭の中で2枚のグラフ用紙をつなぎ合わせて流れを見ています。

 

じっくりと観たいときは、壁からこのグラフ用紙を外して床に2枚並べてみるんですけどね。

 

現在の豪ドル円は、それほど緊張するような局面でもないので、そこまでやる必要性は感じていません。

 

大きな流れは「上げ」とみていますが、あまり自信はないのでポジションは作りません。

 

もう少し、はっきりとした動きが出てきてから試し玉出動検討の予定です。

 

それまでは、のんびりと毎日1分の場帳・グラフ記入を続けながら様子をみていくことになります。

 

 

これから豪ドル円売買をするのであれば、スワップポイント状況も参考にされて下さいませ。

 

 

今回の売買規模と売買方針

 

今回の売買規模

 

  • 最大ポジション 80万通貨(FX60万通貨+FXオプション20万通貨)
  • FX:1本20万通貨×3本
  • 分割売買にて投下していく

 

本玉は最大80万通貨の予定です。ただ、FXでは60万通貨を最大ポジションとします。

 

1本20万通貨×3本という内容です。

 

3本というのは、3分割のナンピンでポジションを入れていくという意味です。

 

豪ドル円 サヤすべり取り ここまでの成績

 

この運用法はサヤすべり取りと呼ばれる方法で、「1日1分の場帳・グラフ記入で売買判断」という形で続けてきています。

 

以下がその成績です。

 

年度

損益額

2006年

4,354,220円

2007年

2,461,198円

2008年

ー14,098,591円

2009年

10,253,010円

2010年

1,330,590円

2011年

2,86,510円

2012年

3,050,910円

2013年

4,960,930円

2014年

2,094,195円

2015年

398,120円

2016年

1,020,903円

2017年

677,480円

2018年

277,574円

2019年

-1.921,983円

2020年

1,845,509円

2021年

321,411円

2022年

-1,903,650円

 

豪ドル円サヤすべり取りで使っているのは、くりっく365とみんなのFX口座です。

 

どちらも、豪ドル円のスワップポイントの売買スプレッド差がゼロ(買い5円:売り−5円という感じ)となっていて、両建てしてもスワップポイントの支払が出ません。

 

豪ドル円サヤすべり取りでは、両建てをよく使うので、有難い存在です。

 

 

豪ドル円 裁量トレード 関連ページ

 

豪ドル円 サヤすべり取り 運用関連ページ

 

 

サイト内他記事

 


2022/01/12


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ