相場観を偏らせないための本玉のツナギ投下

豪ドル円 サヤすべり取り 2021年10月6日 2

 

豪ドル円が動き出す時期を探っています。

 

買いポジションを持ったままだと「上がって欲しい」気持ちになりがちなので、そういう気持ちを抑えるために「本玉維持のツナギ」というポジションを使っています。

 

只今の見通しを記事にしました。

 

 

豪ドル円手書きグラフからの見通し 2021年10月6日

 

豪ドル円 サヤすべり取り 2021年10月6日

 

往来相場のなか、少し上げ気味に推移しています。

 

上げの勢いがついてきているように感じるのですが、まだまだわかりませんね。

 

みんなのFX口座の買いポジションは、そのまま維持しています。

 

様子をみるため、本日5万通貨の売りポジションを入れています。

 

これは、「売りで利益を狙う」というよりは「買いポジションを持ち続けて良いかどうか探る」という意味があり、「本玉維持のツナギ」と呼ばれているものです。

 

なぜこんな事をするのか不思議かもしれません。

 

これはポジションを持ってみるとわかります。

 

買いポジションを持ち続けていると、投資家の気持ちは自然に「上がって欲しい」という方向に傾きがちになります。

 

気持ちが傾いてしまうと、相場を素直に感じることが出来なくなります。

 

少量でもよいので売りポジションを持つことで、この傾きがちな気持ちを平行に維持できる効果が見込めます。

 

まあ、私も今年から取り組んでいるので、偉そうなことは言えません。

 

「本玉維持のツナギ」を使いこなせるようになれば、利益をもっと増やしていけるはずです。

 

そうなれるよう、頑張ります。

 

 

これから豪ドル円売買をするのであれば、スワップポイント状況も参考にされて下さいませ。

 

 

今回の売買規模と売買方針

 

今回の売買規模

 

  • 最大ポジション 80万通貨(FX60万通貨+FXオプション20万通貨)
  • FX:1本20万通貨×3本
  • 分割売買にて投下してい

 

本玉は最大80万通貨の予定です。ただ、FXでは60万通貨を最大ポジションとします。

 

1本20万通貨×3本という内容です。

 

3本というのは、3分割のナンピンでポジションを入れていくという意味です。

 

豪ドル円 サヤすべり取り ここまでの成績

 

この運用法はサヤすべり取りと呼ばれる方法で、「1日1分の場帳・グラフ記入で売買判断」という形で続けてきています。

 

以下がその成績です。

 

年度

損益額

2006年

4,354,220円

2007年

2,461,198円

2008年

ー14,098,591円

2009年

10,253,010円

2010年

1,330,590円

2011年

2,86,510円

2012年

3,050,910円

2013年

4,960,930円

2014年

2,094,195円

2015年

398,120円

2016年

1,020,903円

2017年

677,480円

2018年

277,574円

2019年

-1.921,983円

2020年

1,845,509円

2021年

-1,456,419円

 

豪ドル円サヤすべり取りで使っているのは、くりっく365とみんなのFX口座です。

 

どちらも、豪ドル円のスワップポイントの売買スプレッド差がゼロ(買い5円:売り−5円という感じ)となっていて、両建てしてもスワップポイントの支払が出ません。

 

豪ドル円サヤすべり取りでは、両建てをよく使うので、有難い存在です。

 

 

豪ドル円 裁量トレード 関連ページ

 

豪ドル円 サヤすべり取り 運用関連ページ

 

 

サイト内他記事

 

 


2021/10/06


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ