豪ドル円手書きグラフからの見通し【サヤすべり取り2020年10月20日】

豪ドル円 手書きグラフ 見通し 2020年10月20日

 

豪ドル円の方向性が見えてきたような、そうでないような微妙な形になっています。

 

ここ数日の値動きだけ見ていれば「豪ドル円 相当崩れている」という気持ちになりがちですが、グラフを見る限りそうは言えないんですよね。

 

まだ、「崩れだした」というよりは、「踏みとどまっている」というのが正直な感想です。

 

保有中の売りポジションの方針は、まだ決めていません。

 

これからの豪ドル円の流れをどう見るかですね。

 

  • 豪ドル円が下げとまりそうだという時⇒売りポジション一旦決済
  • 豪ドル円の下げ継続⇒売りポジション保有継続

 

本日現在の豪ドル円グラフからは、どちらも可能性があります。

 

もし下げだせば60円台突入位はあるとみています。ただ、底なしに下げるような局面はこない気がします。

 

月足で10年・20年の単位でみれば、豪ドル円の下げ期は終わったという気持ちが根底にあります。

 

まあ、油断は禁物ですけね。

 

 

豪ドル円 裁量トレード 関連ページ

 

豪ドル円 サヤすべり取り 運用関連ページ

 

 

サイト内他記事

 

 


2020/10/20


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ