豪ドル円20万買い【豪ドル円見通しと売買方針2020年9月23日】

豪ドル円見通し 売買方針 2020年9月23日

 

ここ半年間、ずっと強かった豪ドル円が崩れだしたようです。

 

今回の上げ相場は長かったですね。

 

豪ドル円は、いつもであれば2〜4ヶ月程度で上げ・下げを繰り返すことが多いのですが、今回は約6ヶ月間です。

 

私の見通し自体は「売り」のままです。

 

でも、保有中の売りポジションは、やっと利益が乗り始めたという段階にすぎません。

 

売り始めが早過ぎたんです。

 

売買を振り返ってみても、まだまだ売買がチグハグになることが多く、反省すべきことが多いです。

 

でも、こんな売買でも利益を確保できるようにはなってきているので、やっていること自体は正しいのだろうと思っています。

 

下げ続けているので、そろそろ反動で上げそうなタイミングでもあります。

 

場帳を書いた後に、60万通貨売りポジションで攻め続けるかどうか悩んでしましました。

 

そのまま攻めて問題ないと思ってはいるものの、ここまで大きく下げれば反動の上げも大きくなるものです。

 

朝方「売り方針継続」と決めたものの、その辺が気になって仕方がありませんでした。

 

しょうがないので、気持ちを落ち着かせるために、豪ドル円20万通貨の新規買いポジションをいれています。

 

これで豪ドル円ポジションは、以下のようになります。

 

豪ドル円ポジション状況

 

  • FX:売りポジション60万通貨ー買いポジション20万通貨
  • FXオプション:プットオプション買い20万通貨ープットオプション売り40万通貨

 

FXオプションの状況が読みにくいかもしれませんが、今のところ「下げれば利益が増える仕掛け」となっています。

 

FXポジションも「含み益」にはなってきているものの、利益はまだわずかです。ここで大きく上昇すれば、再び含み損に戻る微妙な状況です。

 

ここからも、大きな流れを意識しながら、売買を続けていきます。

 

 

豪ドル円 裁量トレード 関連ページ

 

豪ドル円 サヤすべり取り 運用関連ページ

 

 

サイト内他記事

 

2020/09/23


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ