豪ドル円による資産倍増計画ステップ1 2019年7月12日

FXオプション 乗換 メリット

 

 

豪ドル円買値を有利にするための乗換売買をしています。


 

含み損はあるもののFXオプションによる利益確定分も20万円を超えました。

 

FXオプションを使って資産倍増計画運用に利益を上乗せする目論見が徐々に形になってきています。

 

この運用法は、もともとFXだけでやっていたのですが、2019年からはFXオプションも絡めて「より低リスク+収益アップ」実現を目論んでいます。

 

 

ここで使っているFXオプションは、プットオプション売りです。

 

FXオプション(プットオプション売り)を使う効果について
利益上限という制約がある代わりに「利益となりやすい+買値を安くできる」とうう特徴を持つのがプットオプション売りです。この特徴を活かして、この運用法では以下のことを実現していきます。

  1. 利益の上乗せ。
  2. 現在値よりも安値でFXの豪ドル円買いポジションをつくる

 

定期的に運用状況を解説を入れながら、お見せししていくことで、理解が深まるような記事作りを心掛けていきます。

 

まずは今回の売買からご覧くださいませ。

 

 

FXオプションで豪ドル円買値を下げる乗換実行

 

本日2つの売買をしています。

 

豪ドル円78円 プットオプション売り2万通貨決済

 

豪ドル円 FXオプション乗換 決済

 

豪ドル円76円 プットオプション売り3万通貨新規

 

豪ドル円 FXオプション乗換 新規

 

売買数量は2万通貨⇒3万通貨と増えているものの、権利行使価格を78円⇒76円に下げるための売買です。

 

FXオプション⇒FXオプションで権利行使価格を下げるための乗換売買です。

 

豪ドル円プットオプション売りポジションは、権利行使日に豪ドル円が権利行使価格よりも下げていると権利行使価格でFXの豪ドル円買いポジションに変換するという性質を持ちます。

 

豪ドル円買いポジションですので、出来るだけ安値であることが望ましいです。

 

今回の売買で、将来発生するかもしれない豪ドル円買いポジションを78円⇒76円にできたということになります。

 

本日損失をほとんど出さずに買値を下げる売買が出来そうだったので実行した次第です。

 

収支がわかりにくいと思うので、整理しておきます。

 

乗換売買 収支まとめ

 

画像1番目で決済したポジションは、昨日記事の1本目のポジションです。

 

 

昨日の収支はこうなっていました。

 

2019年7月11日現在、このポジションの損益状況

 

項目 損益
プレミアム受取利益 46,800円
含み損 ー58,800円
差引損益 −12,000円

 


この含み損部分が、本日決済時には-50,360円になっています。

 

なので、このポジションの最終収支は、以下の計算式になります。

 

  • プレミアム受取利益46,800円ー決済-50,360円=-3,560円損きり

 

2番目の画像が新規の豪ドル円プットオプション売りです。

 

このポジション作成時にプレミアム利益利益は63,120円を受け取っています。

 

FXオプションの「売り」は、「ポジション発生時に利益を受け取る仕組み」になっています。

 

FXの売買は決済時に利益を受け取るので、逆になっているんです。ちなみに、FXオプションの「買い」はFX同様決済時に利益を受け取ります。

 

最初は戸惑うのですが、慣れてくると「最初に利益を貰うというのもなかなか良い」という気持ちになったりします。

 

まあ、私の場合ですけどね(汗)。

 

今回のポジションは、権利行使価格76円で権利行使日は来年の1月8日です。

 

  • 権利行使日に豪ドル円が76円割れているようであれば、76円の豪ドル円買いポジションになります。
  • 権利行使日に豪ドル円が76円以上であれば、プレミアム価値はゼロとなり今k内受け取った利益63,120円満額受取が確定します。

 

今回のように途中決済する可能性もあります。

 

いずれに転んでも、私にとっては問題のないポジションです。

 

どういうことになるかは、豪ドル円の相場次第ということになります。

 

現在保有中のポジション状況を確認してみましょう。

 

資産倍増計画ステップ1:保有ポジション状況

 

豪ドル円 FXオプション乗換

 

現在保有中のポジションは、4本あります。一番上のポジションが本日決済したもので収支がー3,560円になっています。その内訳は先程の計算式の通りです。

 

FXオプションの仕組み自体については、以下のページにてまとめています。

 

 

FXオプションのプレミアムを構成する大きな要素は「時間的価値」「ボラティリティ」です。

 

日数経過とともに、時間的価値は確実に減少していくため為替値が動かなければプレミアムは確実に値下がりしていきます。

 

これが、プットオプション売りの利益の根源ともなる部分です。

 

7月12日現在時点豪ドル円は75.720円です。

 

豪ドル円プットオプション売り 1本目

 

上から2番目のポジションです。

 

  • 作成日:2019年4月17日
  • FXオプション内容:豪ドル円 プットオプション売り
  • 作成時点の豪ドル円:80.350円
  • 権利行使価格:78.00円
  • 権利行使期日:10月2日
  • 売買数量2万通貨
  • プレミアム:1.251
  • 利益上限:1.251×2万通貨=25,020円

 

プレミアム現在値は2.808です。

 

2019年7月12日現在、このポジションの損益状況

 

項目 損益
プレミアム受取利益 25,020円
含み損 ー56,160円
差引損益 −31,140円

 

豪ドル円80.350円の時に作ったポジションです。FXの買いポジションであれば、80.350⇒75.720ですので9.26万円の含み損になっているところです。

 

それが31,140円の含み損で済んでいます。

 

豪ドル円プットオプション売り 2本目

 

  • 作成日:2019年5月22日
  • 作成時点の豪ドル円値 76.13円
  • FXオプション内容:豪ドル円 プットオプション売り
  • 権利行使価格:76.00円
  • 権利行使期日:11月6日
  • 売買数量:3万通貨
  • プレミアム:2.18
  • 利益上限:2.18×3万通貨=65,520円

 

プレミアム現在値は1.723です。

 

2019年7月12日現在、このポジションの損益状況

 

項目 損益
プレミアム受取利益 65,520円
含み損 ー51,690円
差引損益 13,830円

 

豪ドル円76.13円の時に作ったポジションです。FXの買いポジションであれば、76.13⇒75.720ですので12,300円くらいの含み損になっているところです。

 

それが13,830円の利益になっています。

 

豪ドル円プットオプション売り 3本目

 

  • 作成日:2019年6月18日
  • 作成時点の豪ドル円値 74.06円
  • FXオプション内容:豪ドル円 プットオプション売り
  • 権利行使価格:74.00円
  • 権利行使期日:11月27日
  • 売買数量:3万通貨
  • プレミアム:2.000
  • 利益上限:2.013×3万通貨=60,000円

 

プレミアム現在値は1.052です。

 

2019年7月11日現在、このポジションの損益状況

 

項目 損益
プレミアム受取利益 60,000円
含み損 ー31,560円
差引損益 28,440円

 

豪ドル円74.06円の時に作ったポジションです。FXの買いポジションであれば、74.06⇒75.72ですので49,800円くらいの利益になっているところです。

 

しかしながらこのFXオプションポジションの利益額は、28,440円に留まっています。

 

これは、プットオプション売りの利益上限が決まっているためで、このポジションの場合は最大利益60000円までとなっています。

 

豪ドル円プットオプション売り 4本目

 

  • 作成日:2019年7月12日
  • 作成時点の豪ドル円値 75.72円
  • FXオプション内容:豪ドル円 プットオプション売り
  • 権利行使価格:76.00円
  • 権利行使期日:2010年1月8日
  • 売買数量:3万通貨
  • プレミアム:2.104
  • 利益上限:2.013×3万通貨=60,000円

 

プレミアム現在値は2.222です。

 

2019年7月12日現在、このポジションの損益状況

 

項目 損益
プレミアム受取利益 63,120円
含み損 ー66,660円
差引損益 −3,540円

 

このポジションは、本日作成のためFXオプションの売買のスプレッド相当部分がそのまま含み損になっています。

 

最初の3つのポジションと同様に、日数経過と為替変動とともに損益が発生することになります。

 

全体収支まとめ

 

豪ドル円 FXオプション乗換

 

項目 金額
利益(プレミアム受取総額など) 260,460円
損失(決済・満期清算など) −50,360円
合計損益 206,070円

 

  • 運用開始日:2019年3月11日
  • 保有ポジションの含み損益は先程の個別明細参照ください。

 

含み損はあるものの、確定利益は20万円を超えています。

 

今回の乗換は、ちょっと悩みました。

 

ここで乗り換えると、権利行使価格が76円に下がる。

 

これ自体は良いことです。

 

でも、もしも豪ドル円がこのあと上昇してしまえば、このポジションはFXポジションにはならずに数万円の利益のみということになります。

 

豪ドル円買いポジションを安値で作るという趣旨からは良いことではあるのですが、あまりにも買いポジションがふやせないというのも寂しい気がしたのです。

 

でも、これで「安全性」は高まります。

 

安全性を高めながら売買を続けていけば大怪我はしにくくなります。

 

ここからも、安全第一を重視してやっていくつもりです。豪ドル円は、そろそろ底をつきそうなところがあるのですが、まだまだ油断はできません。

 

ゆったりした値動きに惑わされずにやっていきましょう。

 

FXオプション売りが出来るのはサクソバンク証券だけです。FX口座開設後にオプション口座開設手続きができます。

 

 

資産倍増計画 関連記事

 

ここから先は、資産倍増計画関連の内部記事です。

 

 

サイト内他記事

 


2019/07/12


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2200回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ