QuickShift eurusdについて

ミラートレーダーで稼働させているストラテジーです。成績管理のためのページです。

QuickShift eurusd 成績管理

年度

損益

2009年

-1,010pips

2010年

3,022pips

2011年

2,469pips

2012年

1,115pips

2013年

1,195pips

2014年

26pips

2015年

2,293pips

2016年

28pips

 

2016年は苦しい年でした。それでも、QuickShift eurusdがプラスで終われたのは素晴らしいと思っています。

 

セントラルミラートレーダー口座



記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

QuickShift ミラートレーダー 攻略記事一覧

QuickShift EURJPY は、ミラートレーダーで長期稼働させているストラテジーの一つです。提供開始してから6年半の総合成績は以下のようになっています。この成績を最大ポジション1で出しているというのは素晴らしいです。ポジションを1本しか持たないため相場がポジションと別の方向に動いても大きな含み損を抱えるリスクが小さくなります。リスクを抑えながら運用したい方にもおすすめできるストラテジーです...

QuickShift EURUSDは、2015年に大きく利益を出してくれたストラテジーです。トータル成績がマイナスだったとはいえ、このストラテジーのお蔭で大幅なマイナスとなることを免れました。今後も稼働継続しながらポジション増なども検討したいと思っております。セントラルミラートレーダー口座

「QuickShift eurjpy」は、ここのところずっと不調のストラテジーです。2年前までは好成績を維持していて高人気だったのですが、その後なかなか復活してきません。このストラテジーの年度別収支をまとめてみたところ興味深いことに気づいたので記事にまとめておきます。

ミラートレーダーで使っているストラテジーの中でQuickShiftが復調してきています。このストラテジーは、ミラートレ−ダーの最古参グループに入るのですが、高人気を維持しているストラテジーでもあります。その人気の秘密は「ローリスクなのに高い収益率」にあります。私もずっと使い続けています。

セントラルミラートレーダー運用が好調期に入っています。今年の年間収支がプラスとなり、更に上乗せの勢いがでてきています。ここまでの流れを振り返りながら、ミラートレーダー運用も最初から長期安定運用重視でやれば、手堅い運用ができるという自信を深めているところです。

昨年より、ミラートレーダー運用のやり方を変えています。一度動かしたストラテジーは原則的に数ヶ月〜半年間は動かすようにしています。少々調子が悪くても使うようにしている訳ですが、こうするようにしていから生成が安定するようになってきました。今まで動かしているストラテジーの中で一番の功労者がQuickShift EURUSDです。今週も活躍してくれました。

お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2200回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

サイトマップ Copyright © 2019 お気楽FX 相場生活入門編 All Rights Reserved.