QuickShift eurusd検証 勝ち続けるストラテジーの現実

QuickShift eurusdは、ミラートレーダーで使い続けているストラテジーです。来年以降の安定稼働のためにQuickShift eurusdの年度別収支の検証をしています。

QuickShift eurusd検証 年度別収支

QuickShift eurusd検証 1 

 

QuickShift eurusdのこれまでの総合成績です。提供開始が2009年5月からです。累計利益が+9148pipsで、日本円換算すると約100万円の利益となります。稼動年数5年以上で、しかも最大ポジション1でこれだけの好成績ストラテジーは今のところ見当たりません。

 

今のところと敢えてつけているのは、ミラートレーダーのストラテジー検索が最大期間24か月までの比較となっているためです。直近24ヶ月で不調でも5年以上で見れば好成績というストラテジーもありそうなので、その可能性を含んでの表現となっています。

 

いずれにせよ、トップクラスの成績を出し続けているストラテジーの一つであることは間違いありません。月別収支も確認してみましょう。

 

QuickShift eurusd検証 2

 

緑色がプラスの月・赤色がマイナスの月です。勝率48%の割にはプラスの月が多い気がします。手堅く毎年のように稼いでいるようにも見えるのですが、これを年度別収支にまとめてみると別の顔が見えてきます。

 

年度

損益

2009年

-1,010pips

2010年

3,022pips

2011年

2,469pips

2012年

1,115pips

2013年

1,195pips

2014年

26pips

2015年

2,293pips

2016年

28pips

 

年度別ではかなりの変動があります。2000を超える年もあればマイナスの年もあります。2015年は好調の年だったようです。このストラテジーは、自動売買での現実的な稼ぎ方を示してくれているようにも感じます。

 

  • いかなるストラテジーにも好不調の波がある。
  • 1年・2年ではマイナスとなることもある。
  • 1つのストラテジーに頼ると好不調の波をもろにかぶる。

 

ちょっとマイナスになるとすぐに止めてしまう方も多いのですが、今期強く続けていくことが自動売買で勝つためには大切です。無論、今は不調でもいずれ銚子を戻してくれるという信頼感を持てるストラテジーを選ぶことが前提です。

 

QuickShift eurusdも昨年は不調だったのですが、今年は好調になっています。もしも、昨年の段階で止めていれば今年果実を受け取ることはできませんで