豪ドル円0.5銭スプレッド セントラル短資が再縮小開始

ここのところ勢いが出ているセントラル短資、今回は豪ドル系3通貨ペアのスプレッド縮小に踏み切っています。

 

セントラル短資FX 詳細

 

豪ドル系3通貨で業界最狭水準

豪ドル セントラル短資

 

今回の対象通貨は、豪ドル円・AUDUSD・EURAUDの3通貨です。8月までの長期キャンペーンです。

 

いつものパターンであれば、このキャンペーンが好評であれば延長またはそのまま固定スプレッドになる可能性もありそうです。

 

  • 豪ドル円 0.8銭⇒0.5銭
  • AUDUSD 1.8pips⇒0.7pips
  • EURAUD 1.8pips⇒1.5pips

 

いずれのスプレッドも単独首位または業界最狭水準に並んでいます。

 

セントラル短資は、先日高金利通貨の取引条件も大幅に向上させたばかりです。

 

高金利通貨については、「スプレッド+スワップポイント」の両面での強化を継続中です。

 

高金利通貨取引条件(2019年5月14日現在)

 

  • メキシコペソ円0.4銭業界最狭水準スプレッド+買いスワップポイント業界最高水準
  • 南アフリカランド円0.9銭業界最狭水準スプレツド+売りマイナススワップポイント低負担1位
  • トルコリラ円スプレツド1.7銭業界最狭水準スプレッド+売りマイナススワップポイント低負担1位

 

みんなのFXも勢いがありますが、セントラル短資FXはそれを上回る取引条件です。

 

多分、意識してのことだと思うのですが、高金利通貨のスワップポイントを「買いスワップポイントで力を入れている通貨ペア」「売りスワップポイントで力を入れている通貨ペア」に分けています。

 

これ、FX業者がtとる戦略としては効果的な気がします。

 

  • 上げ相場では「買いスワップポイントで力を入れている通貨ペア」で取引量が増えやすい
  • 下げ相場では「売りスワップポイントで力を入れている通貨ペアで取引量が増えやすい
  • どちらも最高条件にすることで、スワップポイントサヤ取りのユーザーにも使われる。

 

硬軟織り交ぜた戦略という感じですね。

 

欧州とトルコリラレポートキャンペーンも5月末まで実施中

 

ちなみに、激動!「欧州経済&トルコリラの見通し」オリジナルレポートプレゼントキャンペーンも実施中です。

 

このキャンペーンは、取引通貨によってプレゼントされるレポートが異なります。

 

  • 「ポンド/円、ポンド/米ドル、ユーロ/円、ユーロ/米ドル」いずれかのお取引で「欧州経済見通しレポート」
  • 「トルコリラ/円」のお取引で「トルコリラ見通しレポート」

 

口座保有者全員が対象ですので、新規口座開設者でなくてもOK!

 

条件は、「キャンペーン申込」+「対象通貨1万通貨以上の取引」です。

 

両方の対象通貨を取引すれば、両方のレポートも受け取れます。

 

欧州レポートは「雨夜恒一郎」氏・トルコリラレポートは「エミンユルマズ」氏が執筆しています。

 

セントラル短資は、自己資本比率837.5%(2018年12月時点)など経営の安定度にも定評のあるFX業者です。

 

昨年くらいから、取引条件改善が顕著で、今後も様々な取り組みが期待できそうです。数年前までは、高スワップポイント口座の代表口座だった時期もあります。

 

今後の更なる取引条件改善にも期待しています。

 

セントラル短資FX タイアップ

2019/05/14


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2200回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

サイトマップ Copyright © 2019 お気楽FX 相場生活入門編 All Rights Reserved.