米ドル円(USDJPY) MT4口座合成スプレッド比較

米ドル円(USDJPY) 合成スプレッド比較

米ドル円は、どこのMT4業者でもスプレッドを狭く宣伝のための看板通貨ペアとする傾向があります。ただ、スワップポイント差にまで触れているMT4業者さんはありませんので、比較表を作成してみました。合成スプレッドについては、MT4比較 表向きだけではわからないMT4比較をご参照ください。

米ドル円(USDJPY) 好条件業者

2014年8月現在のデータで比較表を作成しています。。

 

米ドル円(USDJPY)スワップポイント 基礎データ

 

 

買いスワップ

売りスワップ

スワップ差

OANDA Japan

−3.55

3.55

FXTF MT4

−6

FXCMジャパン×有料EAプレゼント

−5


スワップ差計算式:買いスワップ+売りスワップ=絶対値||。

 

売買数量1万通貨、OANDAJAPANはベーシックコースのスプレッドを使用しています。この基礎データーをもとに作成したのが以下の合成スプレド比較表です。スワップ差は、両建てした場合の1日の負担額なので、片張りが基本の自動売買では半分(÷2)で計算しています。

 

米ドル円(USDJPY) 合成スプレッド表

 

スプレッド

スワップ差÷2

合成スプレッド

1日

スワップ差÷2

10日分

合成スプレッド

10日

OANDA Japan

0.3

約1.75

0.3175

17.5

0.475

FXTF MT4

0.8

1.5

0.815

15

0.915

FXCMジャパン×有料EAプレゼント

1.4

1.5

1.415

15

1.55


単位pips。スワップポイント差10円=0.1pipsで換算しています。

米ドル円(USDJPY) オアンダジャパンがダントツ

スワップポイント差の業者間差がほとんど無かったせいか、米ドル円スプレッド0.3銭とダントツの狭さで提供しているオアンダジャパンが一番有利になっています。

 

米ドル円は、どこの業者でもギリギリの水準を提供しているため目だって差はでないのかもしれませんね。米ドル円で動かしたいEAがあるのですが、まずはオアンダジャパンでの稼動させてみようと思っています。

 

OANDAジャパンが、米ドル円スプレッド0.3銭を始めたのは2ヶ月ほど前からです。

 

スプレッド拡大業者が増えている中での縮小なので、なんとしても頑張って欲しいです。業者さんにととっては、取引をするのが何よりの応援なんですよね。

 

微力ですが、私も応援しています。

 

2014/08/21 09:20:21
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック