トップへ戻る

南アフリカランド円スプレッドとスワップ金利比較 2017年最新情報

南アフリカランド円スプレッドとスワップ金利比較 2017年最新情報

南アフリカランド円のスワップポイント比較です。定期的に比較していくことで各口座のクセなどを抑えてスワップ金利サヤ取り(異業者両建)の売買などで有効活用して頂ければ幸いです。

 

2017年度他通貨のスワップポイント比較は以下ページで定期更新中です。

 

過去のスワップポイント比較まとめページ:スワップポイント比較

南アフリカランド円 2017年最新比較

8月18日 くりっく365とGMOクリック証券競り合い復活

 

DMMFXのスワップポイントが下がり始め、くりっく365とGMOクリック証券の2強が復活しています。スワッポウポイント差はまだ開いていませんが、来週以降はちょっと期待しています。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

FXプライム byGMO

120

−220

3.0銭原則固定

1000通貨

DMMFX

140

−140

1.4銭原則固定

1万通貨

GMOクリック証券

160

−190

1.3銭原則固定

10万通貨

YJFX!

140

-150

1.4銭原則固定

1万通貨

岡三オンライン証券 くりっく365

160

-160

0.5〜2銭

10万通貨

SBIFXトレード
留意事項あり

140

−150

0.99〜1.90銭

1通貨

マネースクウェア・ジャパン

60

−160

4銭+手数料往復約4銭

1万通貨

セントラル短資FX

120

−140

1.2-2.6銭

1000通貨

ヒロセ通商
留意事項あり

150(1万通貨15円固定中)

−650

1.3銭 原則固定

1000通貨

参考:デューカスコピー・ジャパン

160

−190

0.4−3.9銭+取引手数料(参考記事)

1000通貨

 

デューカスコピージャパン参考の意味:デューカスコピージャパン口座は、業界最狭スプレッド+最高水準のスワップポイントと非常に魅力的なのですが、未決済ポジションの損益計算方法が「値洗い方式」(参考記事:値洗い方式)であるなど他口座とは異なる制度となっているためランキング対象から外し参考口座とさせて頂いております。ご興味のある方は、参考記事:デューカスコピー・ジャパン検証 どこが有利なのか?でまとめてある部分をご熟読頂きご利用ください。

 

調査日:8月18日

 

留意事項

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • スワップ金利は10万通貨の場合で表示してあります。1万通貨の場合は表記数字の10分の1となります。
  • SBIFXトレードのスプレッドは売買数量によって変動する仕組みになっています
  • ヒロセ通商 南アフリカランド円証拠金率は8%
  • 調査日がスワップ金利数日まとめて出る日には、1日分に換算して算出しています。小数第二以下はは四捨五入して小数点第一までの表示です。

 

8月1日 DMM単独首位浮上

 

ここのところ競り合っていたのですが、今回はDMFXが単独首位です。くりっく365やGMOクリック証券FXネオ口座など常連組の今後の動きに注目しています。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

FXプライム byGMO

130

−230

3.0銭原則固定

1000通貨

DMMFX

180

−180

1.4銭原則固定

1万通貨

GMOクリック証券

160

−190

1.3銭原則固定

10万通貨

YJFX!

130

-140

1.4銭原則固定

1万通貨

岡三オンライン証券 くりっく365

160

-160

0.5〜2銭

10万通貨

SBIFXトレード
留意事項あり

150

−160

0.99〜1.90銭

1通貨

マネースクウェア・ジャパン

60

−160

4銭+手数料往復約4銭

1万通貨

セントラル短資FX

130

−190

1.2-2.6銭

1000通貨

ヒロセ通商
留意事項あり

150(1万通貨15円固定中)

−650

1.3銭 原則固定

1000通貨

参考:デューカスコピー・ジャパン

170

−200

0.4−3.9銭+取引手数料(参考記事)

1000通貨

 

デューカスコピージャパン参考の意味:デューカスコピージャパン口座は、業界最狭スプレッド+最高水準のスワップポイントと非常に魅力的なのですが、未決済ポジションの損益計算方法が「値洗い方式」(参考記事:値洗い方式)であるなど他口座とは異なる制度となっているためランキング対象から外し参考口座とさせて頂いております。ご興味のある方は、参考記事:デューカスコピー・ジャパン検証 どこが有利なのか?でまとめてある部分をご熟読頂きご利用ください。

 

調査日:8月1日

 

留意事項

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • スワップ金利は10万通貨の場合で表示してあります。1万通貨の場合は表記数字の10分の1となります。
  • SBIFXトレードのスプレッドは売買数量によって変動する仕組みになっています
  • ヒロセ通商 南アフリカランド円証拠金率は8%
  • 調査日がスワップ金利数日まとめて出る日には、1日分に換算して算出しています。小数第二以下はは四捨五入して小数点第一までの表示です。

 

7月4日 DMMFX急変動継続

 

DMMFXのスワップポイントが更に上昇中です。遂に買いで首位という状況ですが、、他の口座も僅差で続いています。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

FXプライム byGMO

130

−180

3.0銭原則固定

1000通貨

DMMFX

180

−180

1.4銭原則固定

1万通貨

GMOクリック証券

170

−200

1.3銭原則固定

10万通貨

YJFX!

140

-150

1.4銭原則固定

1万通貨

岡三オンライン証券 くりっく365

174

-174

0.5〜2銭

10万通貨

SBIFXトレード
留意事項あり

170

−180

0.99〜1.90銭

1通貨

マネースクウェア・ジャパン

70

−170

4銭+手数料往復約4銭

1万通貨

ヒロセ通商
留意事項あり

150(1万通貨15円固定中)

−650

1.3銭 原則固定

1000通貨

参考:デューカスコピー・ジャパン

170

−190

0.4−3.9銭+取引手数料(参考記事)

1000通貨

 

デューカスコピージャパン参考の意味:デューカスコピージャパン口座は、業界最狭スプレッド+最高水準のスワップポイントと非常に魅力的なのですが、未決済ポジションの損益計算方法が「値洗い方式」(参考記事:値洗い方式)であるなど他口座とは異なる制度となっているためランキング対象から外し参考口座とさせて頂いております。ご興味のある方は、参考記事:デューカスコピー・ジャパン検証 どこが有利なのか?でまとめてある部分をご熟読頂きご利用ください。

 

調査日:7月4日

 

留意事項

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • スワップ金利は10万通貨の場合で表示してあります。1万通貨の場合は表記数字の10分の1となります。
  • SBIFXトレードのスプレッドは売買数量によって変動する仕組みになっています
  • ヒロセ通商 南アフリカランド円証拠金率は8%
  • 調査日がスワップ金利数日まとめて出る日には、1日分に換算して算出しています。小数第二以下はは四捨五入して小数点第一までの表示です。

 

6月1日 GMOクリック証券の首位継続

 

くりっく365と日替わり的に首位交代をしているのですが、総合的にGMOクリック証券の方が高スワッツプポイントを提供している日が多くなっています。ただ、動きのなかったDMMFXがジワリと引き上げ初めているのでスワップ金利サヤ取り(異業者両建)の新規ポジションは警戒が必要です。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

FXプライム byGMO

150

−183.3

3.0銭原則固定

1000通貨

DMMFX

120

−120

1.4銭原則固定

1万通貨

GMOクリック証券

190

−220

1.3銭原則固定

10万通貨

YJFX!

140

-150

1.4銭原則固定

1万通貨

岡三オンライン証券 くりっく365

184.7

-184.7

0.5〜2銭

10万通貨

SBIFXトレード
留意事項あり

180

−190

0.99〜1.90銭

1通貨

マネースクウェア・ジャパン

70

−170

4銭+手数料往復約4銭

1万通貨

ヒロセ通商
留意事項あり

150(1万通貨15円固定中)

−650

1.3銭 原則固定

1000通貨

参考:デューカスコピー・ジャパン

160

−190

0.4−3.9銭+取引手数料(参考記事)

1000通貨

 

デューカスコピージャパン参考の意味:デューカスコピージャパン口座は、業界最狭スプレッド+最高水準のスワップポイントと非常に魅力的なのですが、未決済ポジションの損益計算方法が「値洗い方式」(参考記事:値洗い方式)であるなど他口座とは異なる制度となっているためランキング対象から外し参考口座とさせて頂いております。ご興味のある方は、参考記事:デューカスコピー・ジャパン検証 どこが有利なのか?でまとめてある部分をご熟読頂きご利用ください。

 

調査日:6月1日

 

留意事項

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • スワップ金利は10万通貨の場合で表示してあります。1万通貨の場合は表記数字の10分の1となります。
  • SBIFXトレードのスプレッドは売買数量によって変動する仕組みになっています
  • ヒロセ通商 南アフリカランド円証拠金率は8%
  • 調査日がスワップ金利数日まとめて出る日には、1日分に換算して算出しています。小数第二以下はは四捨五入して小数点第一までの表示です。

 

5月9日 GMOクリック証券とデューカスコピージャパン並ぶ

 

GMOクリック証券が安定した高水準スワップポイントを維持しております。デューカスコピージャパンも同水準で並んでいて、知名度は低いもののかなりの頑張りが見られます。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

FXプライム byGMO

120

−170

3.0銭原則固定

1000通貨

DMMFX

120

−120

1.4銭原則固定

1万通貨

GMOクリック証券

160

−190

1.3銭原則固定

10万通貨

YJFX!

130

-140

1.4銭原則固定

1万通貨

岡三オンライン証券 くりっく365

155

-155

0.5〜2銭

10万通貨

SBIFXトレード
留意事項あり

140

−150

0.99〜1.90銭

1通貨

マネースクウェア・ジャパン

60

−160

4銭+手数料往復約4銭

1万通貨

ヒロセ通商
留意事項あり

150(1万通貨15円固定中)

−650

1.3銭 原則固定

1000通貨

参考:デューカスコピー・ジャパン

160

−180

0.4−3.9銭+取引手数料(参考記事)

1000通貨

 

デューカスコピージャパン参考の意味:デューカスコピージャパン口座は、業界最狭スプレッド+最高水準のスワップポイントと非常に魅力的なのですが、未決済ポジションの損益計算方法が「値洗い方式」(参考記事:値洗い方式)であるなど他口座とは異なる制度となっているためランキング対象から外し参考口座とさせて頂いております。ご興味のある方は、参考記事:デューカスコピー・ジャパン検証 どこが有利なのか?でまとめてある部分をご熟読頂きご利用ください。

 

調査日:5月9日

 

留意事項

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • スワップ金利は10万通貨の場合で表示してあります。1万通貨の場合は表記数字の10分の1となります。
  • SBIFXトレードのスプレッドは売買数量によって変動する仕組みになっています
  • ヒロセ通商 南アフリカランド円証拠金率は8%
  • 調査日がスワップ金利数日まとめて出る日には、1日辺りに換算して算出しています。小数点は四捨五入しております。

 

3月2日 くりっく365復活

 

首位にくりっく365が復活しています。くりっく365は、為替値が上がると短期でスワップポイントに反映する傾向があります。南アフリカランド円が今後強い値動きをするようであれば、首位復活が定着することになるかもしれません。
スワップ金利サヤ取り(異業者両建)をするのであれば、DMMFXの動向からも目が離せません。短期変動がいつ起きてもおかしくない状況ですので、ご注意くださいませ。

 

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

FXプライム byGMO

140

−160

3.0銭原則固定

1000通貨

DMMFX

130

−130

1.4銭原則固定

1万通貨

GMOクリック証券

160

−190

1.3銭原則固定

10万通貨

YJFX!

130

-140

1.4銭原則固定

1万通貨

岡三オンライン証券 くりっく365

161

-161

0.5〜2銭

10万通貨

SBIFXトレード
留意事項あり

130

−140

0.99〜1.90銭

1通貨

マネースクウェア・ジャパン

50

−150

4銭+手数料往復約4銭

1万通貨

ヒロセ通商
留意事項あり

150(1万通貨15円固定中)

−650

1.3銭 原則固定

1000通貨

参考:デューカスコピー・ジャパン

150

−180

0.4−3.9銭+取引手数料(参考記事)

1000通貨

 

デューカスコピージャパン参考の意味:デューカスコピージャパン口座は、業界最狭スプレッド+最高水準のスワップポイントと非常に魅力的なのですが、未決済ポジションの損益計算方法が「値洗い方式」(参考記事:値洗い方式)であるなど他口座とは異なる制度となっているためランキング対象から外し参考口座とさせて頂いております。ご興味のある方は、参考記事:デューカスコピー・ジャパン検証 どこが有利なのか?でまとめてある部分をご熟読頂きご利用ください。

 

調査日:3月2日

 

留意事項

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • スワップ金利は10万通貨の場合で表示してあります。1万通貨の場合は表記数字の10分の1となります。
  • SBIFXトレードのスプレッドは売買数量によって変動する仕組みになっています
  • ヒロセ通商 南アフリカランド円証拠金率は8%
  • 調査日がスワップ金利数日まとめて出る日には、1日辺りに換算して算出しています。小数点は四捨五入しております。

 

1月4日 FXプライム byGMO以外はいつもの水準

 

全体的に落ち着いてきています。いつもはマイナススワップ負担の小さいFXプライム byGMOが大きく上昇している以外は、各口座いつもの水準に収まっています。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

FXプライム byGMO

160

−180

3.0銭原則固定

1000通貨

DMMFX

130

−130

1.4銭原則固定

1万通貨

GMOクリック証券

140

−170

1.3銭原則固定

10万通貨

YJFX!

140

-150

1.4銭原則固定

1万通貨

岡三オンライン証券 くりっく365

167

-167

0.5〜2銭

10万通貨

SBIFXトレード

140

−150

0.99〜1.90銭

1通貨

マネースクウェア・ジャパン

70

−170

4銭+手数料往復約4銭

1万通貨

ヒロセ通商

150(1万通貨15円固定中)

−450

1.3銭 原則固定

1000通貨

 

調査日:1月4日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • スワップ金利は10万通貨の場合で表示してあります。1万通貨の場合は表記数字の10分の1となります。
  • SBIFXトレードのスプレッドは売買数量によって変動する仕組みになっています
  • 調査日がスワップ金利数日まとめて出る日には、1日辺りに換算して算出しています。小数点は四捨五入しております。
2017/08/18 13:56
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック