南アフリカランド円ここからの売買方針【みんなのリピート注文2020年6月12日】

南アフリカランド円売り みんなのリピート注文 2020年6月12日 6

 

自動売買の含み損対策に入れてあった南アフリカランド円売りポジション、狙い通りに利益がでてきています。

 

このポジションの今後の売買方針をみんなのリピート注文運用の状況とともに記事にしました。

 

私のリピート系自動売買は、「みんなのリピート注文」メインで行っています。

 

私がみんなのリピート注文をメイン口座にする理由
  • リピート口座としてのスプレッドが業界最狭水準
  • みんなのFXの低スプレッドとマイナススワップポイント低負担を活用

自動売買+手動売買両建て運用も多い私の運用スタイルに合っている口座と感じています。みんなのリピート注文は、現状設定は1通貨に1つづつしかありません。なので、同じ設定をすれば、皆同じように利益がでます。私の一時停止のタイミングや手動売買の内容は、記事でお知らせしていきます、

 

 

南アフリカランド円売り 今後の方針

 

南アフリカランド円売り みんなのリピート注文 2020年6月12日 2

 

南アフリカランド円の日足チャートです。

 

昨日、大きな陰線が発生しています。これだけ大きな日足の陰線はおそらく1年ぶりくらいです。

 

過去のパターンでいくと、大きな上昇のあとに大陰線が出た後は上げにくく下げ易い傾向があります。

 

現在みんなのリピート注文で120万通貨の南アフリカランド円売りポジションを保有しています。

 

利益が乗り始めてはいるのですが、まだ利益確定はしません。

 

これは、もうちょっと利益が増やせるかもしれないという見通しがあるためです。

 

下げていくようであれば、次の落ち着きどころが利益確定検討の場となります。

 

このまま横這いであれば、その辺で利益確定を検討していきます。

 

この基本方針で、来週以降の値動きを見ていきます

 

次に、みんなのリピート注文による自動売買と手動売買の6月状況です。

 

2020年6月12日 みんなのリピート運用状況

 

みんなのリピート注文 成績

 

自動売買:みんなのリピート注文

 

南アフリカランド円売り みんなのリピート注文 2020年6月12日

 

6月12日までの利益確定は、現在7,698円です。7本ほどの利益確定があり、前月よりは利益ペースは上がっているようです。

 

保有ポジション数量は3.9万通貨で含み損は-74.280円です。

 

ここから米ドル円が更に下落すれば、保有ポジション増と含み損増が加速してきます。

 

ただ、手動売買ポジションでそれ以上の含み益増加があるはずなので特に問題はありません。

 

来週以降も激しい変動が続きそうですので、自動売買による利益増を期待しています。

 

手動売買:みんなのFX口座

 

現在、米ドル円売りと南アフリカランド円売りの2通貨ペアのポジションを保有中です。

 

米ドル円売りポジション

 

南アフリカランド円売り みんなのリピート注文 2020年6月12日 4

 

含み損-5,542円です。

 

南アフリカランド円売りポジション

 

南アフリカランド円売り みんなのリピート注文 2020年6月12日 3

 

全部で120万通貨の売りポジションで、含み益66,422円です。

 

南アフリカランド円売りをした理由は過去記事にてまとめています。。

 

 

手動売買全体の含み損益は、66,422円ー5,,542円=60,880円です。

 

当面は、自動売買で利益確定を続けながら、手動売買で全体の含み損を調整する方針でやってまいります。

 

こういう時期は、この運用法で大きな利益を得るチャンスでもあります。

 

しっかりやっていきましょう。

 

 

みんなのリピート注文+手動売買 運用ルール

 

現在のルールです。このルールは、運用しながら調整をしています。

 

基本的な資金配分

 

  • 手動売買口座:みんなのFX 300万円
  • 自動売買口座:みんなのシストレ(みんなのリピート稼働中) 200万円
  • 合計資金:500万円

 

これを基本として、含み損などの状況に合わせて資金を振り替えていく予定にしています。

 

みんなのリピート注文+手動売買 運用ルール

 

  • みんなのリピート注文売買数量設定は当面3000通貨(0.3ロット)固定(1000通貨100万円目安
  • 売買本数20〜30本(下落値幅3〜9円目安)で一時停止検討
  • 最大レバレッジ:自動売買ポジションだけで4倍程度(米ドル円買い20万通貨目安)
  • 両建時最大レバレッジ:「買い」+「売り」合計で8倍目安
  • 手動売買:適宜米ドル円・豪ドル円・南アフリカランド円の売りポジションも入れていく
  • 手動売買買い:RSI30割れで米ドル円買い1〜10万通貨
  • 手動売買売り目安:RSI70超で米ドル円売り1〜20万通貨
  • 手動売買売り目安:AIの判断で仕掛け(実験中)

 

他のリピ−ト系自動売買口座でやってきた内容を踏襲してきています。

 

売買ルールは、運用しながら固めていくようにしますので、今後も随時改定してまいります。

 

月別運用成績

 

  • 運用開始日2020年3月5日
  • 運用元金:2020年3月 運用元金5,000,000 円

 

毎月の利益確定状況

 

年月 みんなのリピート 手動売買 合計
2020年3月 94,328 4,926 99,254円
2020年4月 14,294 51,705 65,999
2020年5月 13,548 0 13,548
2020年6月 7,698 0 13,548
合計 129,868 56,631 186,499円

 


以上、みんなのリピート注文による自動売買と手動売買の確定損益の状況でした。

 

含み損と総合損益状況

 

南アフリカランド円売り みんなのリピート注文 2020年6月12日 5

 

項目 損益
手動売買確定確定分 56,631円
手動売買含み損益 60,880円
みんなのリピート注文確定分 129,868円
含み損益 -74,280円
総合損益 173,099円
現在の米ドル円値 106.804円

 

6月に入り、全体の損益を示す総合損益が伸び始めています。

 

米ドル円下落は、「米ドル円買い」でやっているみんなのリピート注文の自動売買にとっては逆風でもあります。

 

それでも、手動売買で「売り」を適宜入れていくことで、自動売買の含み損を相殺するような形にしながら収益増も狙える形を作っています。

 

このやり方、地味ですが含み損も増えにくく手堅い運用ができます。

 

これが出来るのは、「スワップポイント差ゼロ」の好環境を提供してくれている「みんなのFX」のおかげです。

 

ここからも、この高スペックを活かしながら利益増につなげていくつもりです。

 

 

みんなのリピート注文+手動売買 関連ページ

 

みんなのリピート注文+手動売買 運用関連ページ

 

 

サイト内他記事

 


2020/06/12


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ