漁夫の利を得るドイツの可能性

毎月1万円づつ積み立てて、ドイツ株価指数であるドイツ30を買っていきます。

 

毎月1枚という感じではないので、当面買いポジションを増やしたタイミングくらいの目安に新規記事を作成していく予定です。

 

積立記録

 

  • 2018年7月開始 運用開始時資金10万円+積立金1万円=合計11万円
  • 2018年8月分、8月5日に実行:積立合計12万円
  • 2018年9月分、8月3日に実行:積立合計13万円

CFD積立:ドイツ編記事一覧

米国と中国の貿易協議は、世界史の観点からみれば「中国と米国の覇権争い」でもあります。さて、その勝者はどこになるのか?今後、争いが激しくなればなるほど、もう一つの視点が浮上してくることになります。つまり、米国と中国が争いで疲弊する。それとともに、第三極のドイツが浮上してくる。ドイツが世界の覇権争いで漁夫の利を得るこういうシナリオも有り得ると思っている方は、今回の【覇国積立 ドイツ編】は検討の価値があ...

2019年7月よりドイツ株積立を月1万円でやっています。GMOクリック証券のCFD取引の「ドイツ30」を使っての積立形式の運用です。このドイツ30には、配当金のようなものもあります。その内容と使う際の注意点などについてまとめました。ドイツ30 ポジション概要2019年9月3日時点のドイツ30ポジション保有状況です。現在積立金は13万円になっています。それで保有しているポジションは、ドイツ30買いポ...

TOPへ