トップへ戻る

トルコリラ円スワップ金利サヤ取りポジション スワップポイント逆転現象により決済

トルコリラ円スワップ金利サヤ取りポジション スワップポイント逆転現象により決済

トライオートFX口座にてトルコリラ円スワップポイントの急変動が発生しています。私もスワップ金利サヤ取りポジションを保有している通貨ペアなのですが、本日決済しております。

−11,840円 トルコリラ円 残念ながらスプレッドコスト回収日数に到達せず

今回の組み合わせは「売りトライオ−トFXー買いSBIFXトレード」で行っておりました。1ヶ月ほど前SBIFXトレード口座が買いトルコリラ円スワップポイントで首位だった時期に作成したものです。

 

トライオートFXで本日売りスワップポイントー72→−110円へと上昇しております。SBIFXトレードのトルコリラ円買いスワップポイントは+97円のためスワップポイント逆転現象が起きております。

 

私は、スワップポイント逆転現象が起きたときは基本的に決済を検討することにしています。

 

まだ含み損であるのはわかっていたのですが、基本ルールに従い決済した次第です。以下、それぞれの口座の約定画面です。

 

売り口座:トライオートFX

トルコリラ円 スワップ金利サヤ取り 2

 

買い口座:SBIFXトレード

トルコリラ円 スワップ金利サヤ取り 1

 

いつものように表にまとめてみます。

 

FX口座

為替損益

スワップポイント損益

合計

売:トライオートFX

−25,320円

117,000円

91,680円

買:SBIFXトレード

−15,600円

−87,920円

−103,520円

合計損益

−40,940円

29,080円

−11,840円

 

合計損益ー11,840円です。明細をみて頂くと為替損益が両方とも損きりによってマイナスとなっています。この分をスワップポイント差利益で埋めていく予定だったのですが、日数が足りませんでした。

 

この辺は、トルコリラ円でのスワップ金利サヤ取りのリスクでもあります。特に、南アフリカランド円とトルコリラ円はこういうパターンで最終損失となることは時折あります。

 

それでも、スワップポイント差が30円・40円・50円と開くときは新規仕掛け検討しています。今回は1ヶ月程度でしたが、たまに数ヶ月〜1年以上続くこともあるからです。

 

ちなみに、このスワップポイント逆転現象は数日で終了することもあります。

 

ただ、一度逆転現象が起きると当該通貨ペア口座はしばらく不安定となることが多い傾向にあります。そのため、私は少々損がでても決済して余裕資金を他の仕掛けに回すようにしています。

 

どれくらいの期間続くかはケースバイケースで予測はできません。

 

特に買いポジショsン口座が本日トルコリラ円スワップポイント111円のGMOクリック証券FXネオ口座などの場合は羨ましいことにまだ逆転していません。なので、明日以降の変動状況を確認してから決済するかどうかの検討をしても良いかなという気がします。

 

こういうスプレッドコスト回収日数のリスクはありますが、ルールをしっかり守っていけば大損することはまずありません。これからも、チャンスを見ながら堅実に仕掛けていきます。

 

スワップ金利サヤ取り(異業者両建)の低リスクなやり方

2017/06/19 13:52
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック