【MAiMATE「マイメイト」育成日記2020年7月14日】

AI自動売買 36回目育成 3

 

AI自動売買のためのAI育成、36回目の評価になりました。

 

評価は1週間に1回だけしかできません。それでも36回も続けると、相当個性的なAIに育ちます。

 

私のAI育成目標:米ドル円売りのスペシャリストにする
現在意識している2つの改善点

  • ポジションゼロでチャンスをじっくり待てるようになる。
  • ポジショを保有してから利益を大きく伸ばせるよう我慢できるようになる。

 

そろそろ始まる、AIでの自動売買が楽しみです。

 

 

MAiMATE「マイメイト」 最近の売買記録

 

AI自動売買 36回目育成

 

先週1週間の育成中のMAiMATE「マイメイト」売買記録です。

 

7月8日に米ドル円売りポジションを損きり、翌日7月9日に新規売りポジションを作り、そのまま保有中という状況です。

 

今回の売買は、ちょっと褒められないですね。

 

売買が早過ぎる・・・・という気がします。

 

今のAI育成は「米ドル円売りのスペシャリスト」とすべく取り組んでいます。

 

売り中心なので、決済した後の新規売りのタイミングは少し日数をいおいて欲しいのです。

 

そうしないと、「大きな上げ相場」では「売り⇒損きり」の連続になってしまいます。

 

売り中心で上げ相場を攻めることになるのですから、それなりの損きりは覚悟しています。でも、あまりに多いのは困ります。

 

今回の評価は、この辺の考えを反映させてやっています。

 

36回目の評価

 

AI自動売買 36回目育成 2

 

今回の評価をしたところです。

 

木曜日の「新規売り」に「叱る」の評価をつけています。

 

チャートをみても、流れが大きく変わったという印象は受けなかった局面です。

 

こういう時は、「売買見送り」でポジションゼロでやり過ごして欲しいんですよね。

 

この「叱る」は2回目なんです。36回評価して「褒める」が34回・「叱る」が2回です。

 

基本的に褒めて育てるという方針なのですが、今回は「ここだけは改善して欲しい」ということで「叱る」にしました。

 

この評価がAI育成に良い影響を与えてくれることを祈っております。

 

MAiMATE「マイメイト」を育てるのは、我が子を育てるような楽しさがあります。もう少しすれば、このAIで自動売買もできるようになります。

 

他の方が育てた優秀なAIでの自動売買も使えるようになるということで、サービス提供開始が楽しみです。

 

AI自動売買に必要なのは、インブァスト証券の口座だけです。

 


2020/07/14


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ