「売買見送り」を評価する理由 MAiMATE「マイメイト」育成日記

AI育成日記 2021年6月16日 3

 

MAiMATE「マイメイト」育成も1年以上が経過して、少しづつ個性のあるAI君へと進化してきています。

 

今回も、ここから伸びてもらうための評価をしています。

 

私のAI育成目標:米ドル円売りのスペシャリストにする
現在意識している2つの改善点

  • ポジションゼロでチャンスをじっくり待てるようになる。
  • ポジショを保有してから利益を大きく伸ばせるよう我慢できるようになる。

 

 

2021年6月第2週の売買状況

 

AI育成日記 2021年6月16日

 

先週は木曜日に売りポジションの損きりが発生しています。

 

水曜日まで売りポジションを維持し続けての損きりです。

 

金曜日は「売買見送り」でポジションゼロのまま週末を迎えました。

 

無難な感じがします。

 

私が裁量トレードで米ドル円を売りから攻めている視点で考えると、良い売買判断です。

 

特に金曜日の「売買見送り」は評価値します。

 

MAiMATE「マイメイト」  「売買見送り」を評価

 

AI育成日記 2021年6月16日 2

 

今回の評価を入れた画像です。

 

売りから攻めるAIですので、上げそうな時にはポジションゼロで「売買見送り」が最上の選択肢です。

 

相場用語では「休む」ということなんですが、この「休み」がなかなか出来ないものです。

 

AIでも、その辺は同じようで今までの「休み」の最高日数は2日です。

 

これを3日・・・1週間・・・1カ月と伸ばしていきたいです。

 

米ドル円も強力な上げ相場が到来すれば数ヶ月上げ続けることだってあります。

 

そういう時に、ポジションゼロで涼しい顔をしながら「どこで売りを仕掛けるか」と冷静に見ていられるような売買ができるようにしたいです。

 

いきなり思惑通りにできるようになれるとは思ってはいません。少しづつ育成を続けていくことで、実現していきます。

 

 

MAiMATE「マイメイト」とは

 

MAiMATE「マイメイト」は、インブァスト証券が提供するAIの育成システムです。

 

自動売買を行うMAiMATE「マイメイト」を私達投資家が自分で育成できます。

 

育成といっても、やり方は簡単で週1回のペースで売買を「褒める」「叱る」で評価するだけです。

 

時間のないときは、「忘れたので評価しなかった」でも問題はありません。

 

育成の仕方にもよりますが、自分のペースで続けていくと、それぞれ個性的な売買をするMAiMATE「マイメイト」に育っていきます。

 

いずれは、実資金での自動売買も出来る予定となっています。

 

登録・利用料は無料ですので、是非試してみてください。

 


2021/06/16


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ