育成中のAIが暴落相場攻略中【MAiMATE「マイメイト」 8ヶ月目】

AI育成 暴落相場 8ヶ月目 4

 

育成中のAIが、2020年3月の米ドル円暴落相場で、105.212円で米ドル円売りポジション仕掛けています。

 

どうやら、下げの大きな波に乗れたようです。

 

AI育成記録・設定内容

  • 育成開始:2019年8月
  • 運用通貨:米ドル円
  • テクニカル:移動平均線
  • ニュース:外的要因
  • リスク許容度:リターン重視

 

ちなみに、まだこのAIの売買判断は、私の売買には使っていません。

 

夏には自動売買もできるようになるようですが、もうちょっとしたら裁量トレードの目安としても使えるかもしれません。

 

もうちょっと、じっくりと育成していきます。

 

AIは、毎週の「ほめる・叱る」の育成が大切です。

 

今週の私の育成状況を記事にまとめました。

 

 

3月6日に米ドル円売りポジション仕掛ける

 

AI育成 暴落相場 8ヶ月目

 

3月6日金曜日に105.212円の売りポジションを仕掛けています。

 

月曜日の急落前の米ドル円売りポジション、金星ですね。

 

この売買記録を遡っていくと、もう一つ気づくことがあります。

 

半年くらい前から「売り中心で仕掛けている」ということです。

 

これは、私が「売りが上手にできた時に誉めていることが多い」せいかもしれません。

 

誉められると、「また誉めてもらうために同じことをする」という子供の心理ですね。

 

売り中心ではあるものの、損きりも上手です。

 

大きく損失が膨らむ前に、しっかりと見切っています。

 

なかなか上手です。

 

いずれ、「米ドル円売りのエキスパート」として活躍してくれるかもしれません。

 

子供の将来を夢見る親のような気持ちでやっています。

 

今週のAI育成

 

AI育成 暴落相場 8ヶ月目 2

 

毎週でもないのですが、定期的に売買記録を振り返りながら「ほめる」「叱る」の育成をしています。

 

この「Educate」をクリックするとここ1週間の売買記録が表示されます。

 

AI育成 暴落相場 8ヶ月目 3

 

3月6日の「105.212円の米ドル円売り」に「ほめる」を示すマークがついています。

 

でも、ちょっと悩んだんです。

 

  • 3月2日の売買見送り判断
  • 3月3日の決済
  • 3月4日の新規売り
  • 3月5日の決済

 

他の売買いずれも見事なんですよね。

 

どれも「ほめる」をつけたい売買です。

 

でも、「ほめる」のは週に1回の売買のみです。

 

ひとしきり悩んで、3月6日の米ドル円新規売りに決めました。

 

この売買を見る限り、「米ドル円売り」に関しては、もう私よりも上手です。

 

良い相棒に育ってくれそうです。

 

2020年夏くらいにはAIによる自動売買も可能になる予定のようですので、楽しみにしています。

 

サービス使うのに必要なのは、インヴァスト証券の口座だけです。

 

インヴァスト証券「トライオートFX」

 

 

 

 


2020/03/10


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2500回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ