トルコリラ円両建て決済

スワップポイントサヤ取りで保有していたトルコリラ円両建てポジション、本日決済しています。その内容と最近の傾向をまとめました。

37,140円 トルコリラ円両建て スワップポイント逆転により決済

今回の組み合わせは、「売り:GMOクリック証券FXネオー売り:くりっく365」です。

 

くりっく365約定画面

 

トルコリラ円両建て くりっく365

 

GMOクリック証券FXネオ口座約定画面

 

トルコリラ円両建て GMOクリック証券FXネオ

 

*GMOクリック証券スワップ部分

 

トルコリラ円両建て GMOクリック証券FXネオ スワップ部分

 

GMOクリック証券FXネオ口座は、毎日のスワップポイント発生分は口座残高に反映されるため、決済画面にはスワップポイント累積分は含まれていません。

 

そのため、決済前に累積スワップポイントの分かる画像を取っておいたのが「GMOクリック証券スワップ部分」です。

 

この合計収支をいつもの表にまとめます。

 

スワップポイントサヤ取り 今回の収支

 

FX口座 スワッフポイント損益 為替損益 合計
くりっく365 288,610円 −52,000円 236,610円
FXネオ −226,070円 26,600円 -199,470円
合計 62,540円 -25,400円 37,140円

 

差引37,140円の利益になっています。

 

2週間前までは、+20円以上のスワップポイント差が開いた状況が続いていて、良い感じで利益を積み立てていたんですけどね。

 

先週くらいから、売りポジションのGMOクリック証券FXネオ口座でスワップポイント負担が上昇し始めて、収益源のスワップポイント差利益が大きく縮小していました。

 

今週に入り、買いポジションで受け取るスワップポイントを売りポジションで支払うスワップポイントが上回るようになってしまったのです。

 

所謂、スワップポイント逆転現象です。

 

スワップポイント逆転現象が起きると、毎日利益が削られていく形になります。

 

そこで今回の決済となりました。

 

この利益を加えて、ここまでのスワップポイントサヤ取り収支は以下のようになっています。

 

スワップポイントサヤ取り 累計成績

 

トルコリラ円両建て 累計成績

 

単年度損益

累計損益

2010年

516、440円

516,440円

2011年

26,050円

542,490円

2012年

181,660円

724,150円

2013年

170,708円

894,858円

2014年

491,036円

1.385,894円

2015年

1,042,533円

2,428,427円

2016年

1.328,987円

3,757,414円

2017年

200,818円

3,958,232円

2018年

1,155,688円

5.113.920円

2019年

267,314円

5.381.234円

 

2019年度の利益は、267,314円になり、累計利益は5,381,234円となりました。

 

この運用法は、為替変動での上げ下げの相場観は要りません。

 

同じ通貨の両建てポジションを維持していくことで利益を積み上げていく運用法です。

 

日々の利益は、数百円〜数千円程度ですが、積み上がると大きなものになっていきます。

 

大きな為替変動も考慮して、余裕資金を十分に確保していくことが大切です。

 

ここのところ縮小傾向の続いていたスワップポイント差ですが、先週くらいより拡大傾向気味の通貨ペアもでてきています。

 

ここからも、チャンス到来の通貨ペアをみつけたら、コツコツと仕掛けていきます。刺激の少ない売買ですが、欲を出さずに手堅くやっていくのが成功のコツです。

 

余裕資金をきっちりと確保しながら、ここからも利益を伸ばしていきましょう。

 

スワップポイントサヤ取り 本日の最適組合せ

2019/07/09


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2200回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ