覇国積立 開始3ヶ月の状況

覇国積立 現状

 

覇国積立を始めて3ヶ月が経過しました。

 

その状況をまとめています。

 

 

覇国積立 3ヶ月目の状況

 

まだ積立額は少ないのですが、各口座以下のような感じになっています。

 

2019年9月18日現在

 

米国編:FX積立

 

覇国積立 FX積立

 

画像一番右の「パートナーズFXnano」がFX積立用に使っている口座です。

 

  • 積立金:130,000円
  • 利益確定分:519円
  • 含み損益:521円
  • 現在資金:131,040円

 

 

中国編:株式積立

 

覇国積立 株式積立

 

  • 積立金:130,000円
  • 利益確定分:0円
  • 含み損益:10,229円
  • 現在資金:141,181円

 

 

積立金+含み損益=現在資金とならないのは、毎月の手数料216−期間限定Tポイント200=16円分だけ資金が減るためです。

 

ドイツ編:CFD積立

 

覇国積立 CFD積立

 

  • 積立金:130,000円
  • 利益確定分:0円
  • 含み損益:−827円
  • 現在資金:129,173円

 

 

まだ、いずれの積立口座も、それほど大きくは動いていません。

 

3口座それぞれの状況

 

今のところ、中国積立が一番大きな利益になっています。

 

これは、積立で買い続けている伊藤忠商事の株価が2070円⇒2260円前後まで上昇しているためです。

 

利益確定が発生しているのは米国編のFX積立のみです。この利益確定分は「連続注文」と「スワップポイントの振替分」です。

 

連続注文は、月初に自動売買注文設定して動かしたままにしています。基本的に調整するのは、翌月になって現在値との状態をみて調整を入れています。

 

 

保有ポジションに溜まったスワップポイントは、たまに「スワップポイント振替」で口座残高に振り替えています。これによって、スワップポイントが「含み益⇒現実の利益」となります。

 

この辺の利益も10000円くらいになったら新規ポジション原資となっていきます。

 

ドイツ積立をしているCFD積立は僅かですが含み損です。

 

現在のレバレッジは1倍程度で、当面はこのままいきます。この含み損が大きく増えるような時期がきたら次のポジション作成の検討時期です。

 

継続が成果を生む

 

毎月の積立額は大きくなくとも、長く続けていけば大きなものになります。

 

 

年利10%利回りで20年もすれば759万円・年利20%であれば3109万円です。

 

単純に1万円積立で貯まるのは240万円だけです。

 

銀行預金にしておいてもほとんど増えません。

 

現状の配当金・スワップポイントの環境であれば、FX積立と株式積立は年利5%をクリアするのは難しくはありません。

 

 

 

これにどれくらい上乗せしていけるでしょうね。

 

手間はそれほどかけずにいきますので、利益率がどれくらいになるかは中国と米国がどれくらい頑張るか次第です。

 

毎月の積立を淡々とこなしながら、現実にその利益率がどの程度になるのかを楽しみながらやっていきます。

 

他の運用法と同様に、定期的に状況報告をしてまいります。


覇国積立 目次

2019/09/18


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2500回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ