メキシコペソ円スプレッド調査 セントラル短資FXで原則固定0.2銭延長

メキシコペソ円 スプレッド調査 2020年2月

 

セントラル短資FXのメキシコペソ円スプレツド縮小キャンペーンが昨年に引き続き3月末まで延長されています。

 

このまま固定化して欲しいですね。

 

メキシコペソ円のスプレッド+スワップポイントによる取引条件調査2020年2月版はこんな感じになっています。

 

今回より、比較対象を10口座に増やしています。

 

スプレッド+スワップポイント 10口座比較

 

FX口座名 スプレッド 買い 売り
セントラル短資FX 原則固定0.2銭 110 -120
サクソバンク証券 実績平均0.23銭 88.9 -144.3
GMOクリック証券FXネオ 原則固定(※例外あり)0.3銭 100 -110
みんなのFX 0.3銭 100 -100
LIGHT FX 0.3銭 100 -100
ヒロセ通商 原則固定(例外あり)0.3銭 110 -160
マネーパートナーズFX 原則固定0.3銭 80 -140
楽天FX 原則固定0.5銭 80 -130
FXプライム byGMO 原則固定(※例外あり)0.9銭 130.0 -230.0
くりっく365 約0.5-1銭 107.0 -107.0

 

  • サクソバンク証券のスプレッド実績は前月(2020年1月)の実績値(日本時間8時〜16時)で500万通貨以内で配信実績95%以内の数値

 

メキシコペソ円スプレッド最狭はセントラル短資FX、スワップポイント最高はFXプライム byGMOです。

 

スワップポイント目的でメキシコペソ円売買でどちらを使うかは悩むところですね。

 

メキシコペソ円のスプレツド0.1銭は、ここでのスワップポイント100円に相当します。

 

FXプライム byGMOとセントラル短資FXのスプレッド差は0,7銭(スワップポイント換算700円)・スワップポイント差は20円です。

 

20円のスワップポイント差で700円のスプレッド差を埋めるには35日かかります。

 

数ヶ月以上の長期保有が前提であれば、FXプライム byGMOで良いと思います。

 

短期売買も視野に入れていくのであればセントラル短資FXの方が売買しやすいかもしれません。

 

売買回数が大きくなると、スワップポイントとスプレッドの差は利益の差として大きくなってきます。

 

自分の運用スタイルに合ったFX口座選びの参考になれば幸いです。

 

スプレツド比較 関連ページ

 

 

サイト内他記事

 


2020/02/21


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2500回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ