トップへ戻る

アブビー(ABBV)業績見通しデータスリップ

アブビ(ABBV) 技術力ある薬品株

アブビー(ABBV)は、米国の製薬会社で多くの特許を保有しています。

 

米国株で1億円

新規追加銘柄 アブビー(ABBV)

2017年9月時点 アブビー(ABBV)業績見通し

 

アブビー ABBV 2017年9月

 

ここのところ株価は2日間で10米ドルと急伸しているものの、業績自体は横ばい気味です。

 

今回の上昇は、「アトピー性皮膚炎の経口薬が中期臨床試験で主要目標を達成」という発表が好材料視されたようです。いろんな特許を持っている企業なので、新薬の話題性が多いのもアブビーの強みです。

 

アブビー(ABBV) 業績見通し

 

アブビー(ABBV) 米国株 2

 

来期・来々期と売上高で10%弱・経常利益で2桁増益の見通しです。

 

アブビー(ABBV)の株価は、ここ数年50〜70ドルを行ったり来たりしていました。1ヶ月ほど前からの上昇で70ドルを超える水準までやっと上げてきたというところです。

 

ここから更に上昇するかどうか微妙なところではあります。

 

ただ、この業績が予測通りに推移するのであれば、長期的に75〜80ドル台以降の上昇も見込めそうかなと思っています。

 

参考までに、SBI証券でのアナリストレポート部分も抜粋させていただきます。

 

17年12月期第1四半期の売上高は前年同期比10.0%増の65億3800万ドル1株利益は1.06ドルだった。関節リウマチ治療薬「ヒュミラ」が売上高をけん引。抗がん剤の「イムブルビカ」も堅調だった。第1四半期において、イムブルビカは慢性移植片対宿主病に対する適応追加申請がFDA(米食品医薬品局)に受理された他、辺縁帯リンパ腫治療薬の承認も取得している。リチャード・ゴンザレス社長は「当初の見通しを上回る堅調な業績を達成した。第2四半期以降も強固な経営を実行し、開発パイプラインを前進させる」と述べている。なお、17年12月期通年の1株利益予想は4.55?4.65ドルと従来予想を据え置いた。

 

薬品株全体に言えることではあるのですが、新薬開発力が株価に大きな影響を及ぼします。薬品株は、新薬開発による話題だけで大きく値を飛ばす時期が必ずあります。

 

このアブビー(ABBV)の株は、様々な分野での新薬開発力を持っています。

 

業績とともに、この話題性にも期待しています。

 

配当利回りは3.52%です。取り合えず、この配当を受け取っているだけでもなかなか良いです。これまでも、あまり気を張らずに米国株投資をやってきました。米国株現物投資は、米ドルに両替して行うため円安になるとそのまま運用資産も膨らむという一面もあります。

 

長期的には円安というのが私の見方です。今後も配当を受取ながら、ゆっくりと運用資産を増やしていく予定です。米国株運用はSBI証券を主力口座の一つとしてやっています。

 

米国株で1億円

 

2017/09/11 08:22

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック