トップへ戻る

トルコリラ円(TRYJPY)スワップポイント比較 2017年最新比較

トルコリラ円(TRYJPY)スワップポイント比較 2017

高スワップポイントで人気の高いトルコリラ円のスワップポイント比較です。Fx口座間のスワップポイントはかなり差がありますので、各種運用法にお役立て下さいませ。

 

2017年度他通貨のスワップポイント比較は以下ページで定期更新中です。

 

過去のスワップポイント比較まとめページ:スワップポイント比較

トルコリラ円(TRYJPY)スワップポイント比較

8月18日 GMOクリック証券とヒロセ通商 日替わり首位

 

ヒロセ通商とGMOクリック証券が交互に首位となる状況が続いております。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

岡安商事 くりっく365

96円

−96円

4〜7銭

1万通貨

ヒロセ通商
留意事項あり

115円

−200円

原則固定2.9銭

1000通貨

GMOクリック証券

105円

ー125円

原則固定2,9銭

1万通貨

楽天FX

89円

−98円

6.8銭

1000通貨

トライオートFX

93円

−110円

5.5銭

1000通貨

SBIFXトレード

92円

−98円

4.8銭

1通貨

FXプライム byGMO

112円

−127円

8.0銭

1000通貨

セントラル短資FX

94円

−96.3円

2.5〜6.0銭

1万通貨

マネーパートナーズFX

100円

−110円

原則固定1.9銭

1万通貨

参考:デューカスコピー・ジャパン

96円

−113円

0.8−8.4銭+取引手数料(参考記事)

1000通貨

参考:マネースクウェア・ジャパン

73円

−93円

8〜12銭+手数料往復約6銭

1000通貨

 

デューカスコピージャパン参考の意味:デューカスコピージャパン口座は、業界最狭スプレッド+最高水準のスワップポイントと非常に魅力的なのですが、未決済ポジションの損益計算方法が「値洗い方式」(参考記事:値洗い方式)であるなど他口座とは異なる制度となっているためランキング対象から外し参考口座とさせて頂いております。ご興味のある方は、参考記事:デューカスコピー・ジャパン検証 どこが有利なのか?でまとめてある部分をご熟読頂きご利用ください。

 

調査日:8月18日

 

留意事項

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 調査日がスワップ金利数日まとめて出る日には、1日分に換算して算出しています。小数第二以下はは四捨五入して小数点第一までの表示です。
  • マネースクウェアジャパンは手数料負担を考慮して参考口座としています。
  • ヒロセ通商 トルコリラ円証拠金は1000通貨あたり3000円
  • 1万通貨あたりのスワップポイントです。
  • トルコリラ円スプレッドはコアタイム(日本時間夕方以降)中心の数値です。

 

8月1日 GMOクリック証券 首位継続

 

日替わりですが、GMOクリック証券が首位となる日が多くなってきています。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

岡安商事 くりっく365

98円

−98円

4〜7銭

1万通貨

ヒロセ通商
留意事項あり

112円

−197円

原則固定2.9銭

1000通貨

GMOクリック証券

113円

ー123円

原則固定2,9銭

1万通貨

楽天FX

89円

−98円

6.8銭

1000通貨

トライオートFX

93円

−110円

5.5銭

1000通貨

SBIFXトレード

92円

−98円

4.8銭

1通貨

FXプライム byGMO

112円

−127円

8.0銭

1000通貨

セントラル短資FX

96円

−103円

2.5〜6.0銭

1万通貨

マネーパートナーズFX

101円

−111円

原則固定1.9銭

1万通貨

参考:デューカスコピー・ジャパン

96円

−114円

0.8−8.4銭+取引手数料(参考記事)

1000通貨

参考:マネースクウェア・ジャパン

71円

−91円

8〜12銭+手数料往復約6銭

1000通貨

 

デューカスコピージャパン参考の意味:デューカスコピージャパン口座は、業界最狭スプレッド+最高水準のスワップポイントと非常に魅力的なのですが、未決済ポジションの損益計算方法が「値洗い方式」(参考記事:値洗い方式)であるなど他口座とは異なる制度となっているためランキング対象から外し参考口座とさせて頂いております。ご興味のある方は、参考記事:デューカスコピー・ジャパン検証 どこが有利なのか?でまとめてある部分をご熟読頂きご利用ください。

 

調査日:8月1日

 

留意事項

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 調査日がスワップ金利数日まとめて出る日には、1日分に換算して算出しています。小数第二以下はは四捨五入して小数点第一までの表示です。
  • マネースクウェアジャパンは手数料負担を考慮して参考口座としています。
  • ヒロセ通商 トルコリラ円証拠金は1000通貨あたり3000円
  • 1万通貨あたりのスワップポイントです。
  • トルコリラ円スプレッドはコアタイム(日本時間夕方以降)中心の数値です。

 

6月7日 107円登場

 

首位のGMOクリック証券が107円となっています。105円まで一気に上がった後も少しづつですが上昇中であり、買いポジソン保有者にはうれしい状況が続いていますねぇ。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

岡安商事 くりっく365

93円

−93円

4〜7銭

1万通貨

未設定

93円

−108円

7.0銭

1000通貨

ヒロセ通商
留意事項あり

100円

−185円

原則固定2.9銭

1000通貨

GMOクリック証券

107円

ー117円

原則固定2,9銭

1万通貨

楽天FX

84円

−92円

6.8銭

1000通貨

トライオートFX

55円

−72円

5.5銭

1000通貨

SBIFXトレード

97円

−103円

4.8銭

1通貨

FXプライム byGMO

105円

−115円

8.0銭

1000通貨

セントラル短資FX

82円

−89円

2.5〜6.0銭

1万通貨

マネーパートナーズFX

103円

−113円

原則固定1.9銭

1万通貨

参考:デューカスコピー・ジャパン

93円

−110円

0.8−8.4銭+取引手数料(参考記事)

1000通貨

参考:マネースクウェア・ジャパン

70円

−90円

8〜12銭+手数料往復約6銭

1000通貨

 

デューカスコピージャパン参考の意味:デューカスコピージャパン口座は、業界最狭スプレッド+最高水準のスワップポイントと非常に魅力的なのですが、未決済ポジションの損益計算方法が「値洗い方式」(参考記事:値洗い方式)であるなど他口座とは異なる制度となっているためランキング対象から外し参考口座とさせて頂いております。ご興味のある方は、参考記事:デューカスコピー・ジャパン検証 どこが有利なのか?でまとめてある部分をご熟読頂きご利用ください。

 

調査日:6月7日

 

留意事項

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 調査日がスワップ金利数日まとめて出る日には、1日分に換算して算出しています。小数第二以下はは四捨五入して小数点第一までの表示です。
  • マネースクウェアジャパンは手数料負担を考慮して参考口座としています。
  • ヒロセ通商 トルコリラ円証拠金は1000通貨あたり3000円
  • 1万通貨あたりのスワップポイントです。
  • トルコリラ円スプレッドはコアタイム(日本時間夕方以降)中心の数値です。

 

4月12日 くりっく365とFXプライム byGMOが首位

 

くりっく365とFXプライム byGMOが、90円まであと一歩というところで競り合っています。スワップポイント差は16円なので、スワップ金利サヤ取り(異業者両建)をするには、ちょっとキツイかなという気がします。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

岡安商事 くりっく365

88円

−88円

4〜7銭

1万通貨

未設定

83円

−98円

7.0銭

1000通貨

ヒロセ通商
留意事項あり

80円

−165円

原則固定2.9銭

1000通貨

楽天FX

67円

−82円

6.8銭

1000通貨

トライオートFX

55円

−72円

5.5銭

1000通貨

SBIFXトレード

82円

−88円

4.8銭

1通貨

FXプライム byGMO

88円

−98円

8.0銭

1000通貨

セントラル短資FX

78円

−85円

2.5〜6.0銭

1万通貨

参考:デューカスコピー・ジャパン

86円

−102円

0.8−8.4銭+取引手数料(参考記事)

1000通貨

参考:マネースクウェア・ジャパン

64円

−84円

8〜12銭+手数料往復約6銭

1000通貨

 

デューカスコピージャパン参考の意味:デューカスコピージャパン口座は、業界最狭スプレッド+最高水準のスワップポイントと非常に魅力的なのですが、未決済ポジションの損益計算方法が「値洗い方式」(参考記事:値洗い方式)であるなど他口座とは異なる制度となっているためランキング対象から外し参考口座とさせて頂いております。ご興味のある方は、参考記事:デューカスコピー・ジャパン検証 どこが有利なのか?でまとめてある部分をご熟読頂きご利用ください。

 

調査日:4月12日

 

留意事項

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 数日分発生した日は一日分に換算して計算しています。
  • マネースクウェアジャパンは手数料負担を考慮して参考口座としています。
  • ヒロセ通商 トルコリラ円証拠金は1000通貨あたり3000円
  • 1万通貨あたりのスワップポイントです。
  • トルコリラ円スプレッドはコアタイム(日本時間夕方以降)中心の数値です。

 

1月4日 ヒロセ通商 今年も健在

 

ヒロセ通商さんの115円、2017年に入っても継続中です。スワップ金利サヤ取り(異業者両建)で高利回りを狙える状況が続いています。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

岡安商事 くりっく365

75円

−75円

4〜7銭

1万通貨

未設定

75円

−82円

7.0銭

1000通貨

ヒロセ通商

115円

−200円

原則固定2.9銭

1000通貨

セントラル短資FX

80円

−87円

2.5〜6.0銭

1万通貨

マネースクウェア・ジャパン

55円

−73円

8〜12銭+手数料往復約6銭

1000通貨

楽天FX

68円

−76円

6.8銭

1000通貨

トライオートFX

68円

−85円

5.5銭

1000通貨

SBIFXトレード

72円

−78円

4.8銭

1通貨

FXプライム byGMO

90円

−97円

8.0銭

1000通貨

 

調査日:1月4日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 数日分発生した日は一日分に換算して計算しています。
  • マネースクウェアジャパンは手数料(1万通貨往復で6銭)が発生します。
  • 1万通貨あたりのスワップポイントです。
  • トルコリラ円スプレッドはコアタイム(日本時間夕方以降)中心の数値です。
2017/08/18 13:49
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック