このページの先頭へ

スワップ金利比較 2017年最新版

スワップ金利比較 2017年最新情報

米ドル円・ユーロ円・英ポンド円・豪ドル円・NZドル円の主要5通貨ペアでのスワップポイント比較です。定期的に更新中です。

 

2017年度他通貨のスワップポイント比較は以下ページで定期更新中です。

 

過去のスワップポイント比較まとめページ:スワップポイント比較

 

シストレi-NET

 

2017年スワップ金利比較 只今の状況

6月1日 ヒロセ通商 全通貨高スワップポイントで攻勢

 

日々の変動は激しいもののヒロセ通商が米ドル円を除く4つの主要通貨ペアで高スワップポイントを提供する流れが続いております。ただ、ユーロ円・英ポンド円は一日20円以上変動することもあり、安定感は今一つです。豪ドル円・NZドル円の高スワップポイント安定度はピカ一なので、ちょっと残念なところです。

 

米ドル円

ユーロ円

英ポンド円

豪ドル円

NZドル円

FXプライム byGMO

30

-35

-11.7

6.7

5

-10

33.3

-38.3

37.5

-41.3

DMMFX

20

-20

-7

7

11

-11

27

-27

49

-49

FXTF MT4

33

-36

-11

8

16

-19

36

-38

33

-38

GMOクリック証券

34

-36

-15

12

6

-9

38

-41

41

-44

ライブスター証券

32

-42

-22

15

17

-28

31

-48

39

-52

アイネットFX

32

-42

-22

15

17

-28

31

-48

39

-52

くりっく365

37.7

-37.7

-12.7

12.7

13.7

-13.7

40.3

-40.3

41

-41

SBIFXトレード

35

-36

-15

13

10

-12

41

-43

42

-44

YJFX!

32

-33

-10

9

15

-16

38

-39

36

-37

ヒロセ通商

1

-55

30

-100

0

-70

50

-105

60

-115

FXブロードネット

23

-26

-18

13

10

-24

22

-27

18

-38

外為オンライン

20

-50

-15

0

5

-30

20

-50

20

-60

 

調査日:6月1日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 売買単位1万通貨でのスワップポイントです。
  • 一番高いスワップポイント(マイナスの場合はマイナスが最も小さいスワップポイント)の数字には70という具合にしてあります。
  • 調査日がスワップ金利数日まとめて出る日には、1日分に換算して算出しています。小数第二以下はは四捨五入して小数点第一までの表示です。

 

5月23日 ヒロセ通商 突出継続中

 

前回比較時以上にヒロセ通商の候スワップ路線が強化されています。ユーロ円・英ポンド円で40円というのは、これらの通貨ペアとしては久々にみた高スワップポイントです。

 

短期勝負でスワップ金利サヤ取り(異業者両建)を仕掛けている方はかなりおいしい思いができているようです。いつ急変するかわからないリスクはあるものの、これだけスワップポイント差が開いているとスプレッド差分を利益で埋める日数も数日で済みます。

 

この高スワップポイントは、単純な買いポジションでも大いに活かせます。運用法に合わせてチャンスをうまく活用していきましょう。

 

 

米ドル円

ユーロ円

英ポンド円

豪ドル円

NZドル円

FXプライム byGMO

30

-40

-13

3

12

-22

32

-42

32

-42

DMMFX

20

-20

-7

7

8

-8

25

-25

39

-39

FXTF MT4

33

-36

-11

8

16

-19

36

-39

38

-43

GMOクリック証券

34

-36

-12

9

10

-13

42

-45

40

-43

ライブスター証券

34

-44

-19

13

18

-29

32

-49

39

-53

アイネットFX

33

-43

-19

13

20

-31

30

-47

38

-52

くりっく365

37

-37

-13

13

14

-14

43

-43

38

-38

SBIFXトレード

35

-36

-13

11

11

-13

42

-44

42

-44

YJFX!

32

-33

-9

8

16

-17

40

-41

35

-36

ヒロセ通商

1

-55

40

-110

40

-110

50

-105

60

-115

FXブロードネット

25

-28

-16

11

11

-25

23

-28

17

-37

外為オンライン

25

-55

-19

13

20

-31

30

-47

38

-52

 

調査日:5月23日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 売買単位1万通貨でのスワップポイントです。
  • 一番高いスワップポイント(マイナスの場合はマイナスが最も小さいスワップポイント)の数字には70という具合にしてあります。
  • 調査日がスワップ金利数日まとめて出る日には、1日分に換算して算出しています。小数第二以下はは四捨五入して小数点第一までの表示です。

 

5月10日 スワップポイント差拡大継続

 

スワップポイント差が各通貨ペアで開いた状況が続いています。ただ、短期的に大きな動きをしているFX口座もあります。スワップ金利サヤ取り(異業者両建)の新規仕掛け検討の際には、急変動時の処置も考慮のうえご検討くださいませ。

 

米ドル円

ユーロ円

英ポンド円

豪ドル円

NZドル円

FXプライム byGMO

33

-43

-11

1

15

-25

34

-44

34

-44

DMMFX

20

-20

-7

7

8

-8

25

-25

39

-39

FXTF MT4

40

-43

-18

15

7

-10

48

-51

59

-64

GMOクリック証券

34

-36

-14

11

11

-14

39

-42

38

-41

ライブスター証券

32

-42

-15

9

5

-18

30

-46

34

-48

アイネットFX

32

-42

-15

9

5

-18

30

-46

34

-48

くりっく365

39

-39

-11

11

17

-17

42

-42

39

-39

SBIFXトレード

33

-34

-11

9

11

-13

39

-41

40

-42

YJFX!

30

-31

-11

10

16

-17

38

-39

34

-35

ヒロセ通商

1

-55

30

-100

38

-110

50

-105

60

-115

FXブロードネット

26

-29

-20

15

10

-24

20

-25

16

-36

外為オンライン

15

-30

-20

0

5

-20

10

-25

10

-25

 

調査日:5月10日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 売買単位1万通貨でのスワップポイントです。
  • 一番高いスワップポイント(マイナスの場合はマイナスが最も小さいスワップポイント)の数字には70という具合にしてあります。
  • 木曜日など数日分発生するときは一日分に換算してあります。
  • 小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

4月19日 GMOクリック証券安定感でてくる

 

豪ドル円・NZドル円は、ヒロセ通商が継続して強さを見せつけています。今後金利上昇=スワップポイント上昇の見込める米ドル円ではGMOクリック証券が高値常連組として安定感がでてきています。このスワップポイント水準であればスワップ金利サヤ取り(異業者両建)で活躍してくれそうです。

 

米ドル円

ユーロ円

英ポンド円

豪ドル円

NZドル円

FXプライム byGMO

31

-42

-24

14

1

-11

36

-46

36

-46

DMMFX

15

-15

-8

8

1

-1

25

-25

34

-34

FXTF MT4

29

-32

-19

16

0

-3

21

-23

17

-22

GMOクリック証券

40

-42

-14

11

9

-12

47

-50

45

-48

ライブスター証券

25

-33

-26

17

5

-18

30

-46

37

-52

アイネットFX

25

-33

-26

17

5

-18

30

-46

37

-52

くりっく365

36

-36

-15

15

7

-7

44

-44

41

-41

SBIFXトレード

34

-35

-14

12

6

-8

45

-47

43

-45

YJFX!

35

-36

-8

7

5

-6

47

-48

44

-45

ヒロセ通商

1

-50

-70

0

0

-70

50

-105

60

-115

FXブロードネット

22

-25

-25

20

1

-15

23

-28

17

-37

外為オンライン

20

-45

-30

5

-25

0

25

-55

15

-40

 

調査日:4月19日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 売買単位1万通貨でのスワップポイントです。
  • 一番高いスワップポイント(マイナスの場合はマイナスが最も小さいスワップポイント)の数字には70という具合にしてあります。
  • 木曜日など数日分発生するときは一日分に換算してあります。
  • 小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

4月11日 スワップポイント差微妙に変動中

 

今回より外為オンラインとFXブロードネットを追加しています。スワップ金利サヤ取り(異業者両建)で使うのに面白そうな2口座です。

 

手堅く稼いでいきます。

 

米ドル円

ユーロ円

英ポンド円

豪ドル円

NZドル円

FXプライム byGMO

30

-40

-13

3

8

-18

35

-45

35

-45

DMMFX

15

-15

-1

1

3

-3

30

-30

34

-34

FXTF MT4

30

-33

-14

11

7

-10

32

-35

32

-36

GMOクリック証券

37

-39

-10

7

10

-13

43

-46

42

-45

ライブスター証券

20

-28

-26

17

7

-19

30

-45

37

-55

アイネットFX

22

-29

-23

13

8

-20

30

-46

40

-57

くりっく365

37

-37

-9

9

8

-8

43

-43

42

-42

SBIFXトレード

33

-34

-8

6

8

-10

40

-42

39

-41

YJFX!

34

-35

-13

12

5

-6

40

-41

40

-41

ヒロセ通商

1

-50

-70

0

0

-70

50

-105

60

-115

FXブロードネット

17

-20

-25

20

1

-15

20

-25

19

-39

外為オンライン

10

-35

-25

0

-25

0

15

-45

15

-40

 

調査日:4月11日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 売買単位1万通貨でのスワップポイントです。
  • 一番高いスワップポイント(マイナスの場合はマイナスが最も小さいスワップポイント)の数字には70という具合にしてあります。
  • 木曜日など数日分発生するときは一日分に換算してあります。
  • 小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

3月21日 スワップ金利サヤ取りに良い環境

 

スワップポイント差が開いたままで値動き変動が少ない展開が続いています。この状況は、スワップ金利サヤ取り(異業者両建)を仕掛けるには望ましい環境です。スワップポイント差20円以上となる組み合わせもでてきているため、私もコツコツと仕掛けているところです。

 

手堅く稼いでいきます。

 

米ドル円

ユーロ円

英ポンド円

豪ドル円

NZドル円

FXプライム byGMO

28

-35

-18

10

2

-12

34

-41

35

-42

DMMFX

15

-15

5

-5

3

-3

38

-38

34

-34

FXTF MT4

25

-27

-21

18

4

-7

38

-41

37

-42

GMOクリック証券

31

-33

-17

14

6

-9

40

-43

43

-46

ライブスター証券

18

-26

-23

13

8

-22

30

-45

40

-62

アイネットFX

18

-26

-23

13

8

-22

30

-45

40

-62

くりっく365

35

-35

-12

12

13

-13

32

-32

36

-36

SBIFXトレード

29

-30

-13

11

6

-8

40

-42

41

-43

YJFX!

28

-29

-10

9

5

-6

40

-41

41

-42

ヒロセ通商

1

-50

-70

0

0

-70

50

-105

60

-115

 

調査日:3月21日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 売買単位1万通貨でのスワップポイントです。
  • 一番高いスワップポイント(マイナスの場合はマイナスが最も小さいスワップポイント)の数字には70という具合にしてあります。
  • 木曜日など数日分発生するときは一日分に換算してあります。
  • 小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

3月14日 ヒロセ通商とDMMFXを軸に展開

 

スワップ派人気通貨豪ドル円・NZドル円でのヒロセ通商のダントツぶりは相変わらずです。面白いのはDMMFXで、全ての通貨で買・売のどちらかに絡んできています。

 

魅力的なスワップポイント差が出てきている通貨ペアもあります。スワップ金利サヤ取り(異業者両建)を地道に仕掛けていくには良いかもしれません。

 

米ドル円

ユーロ円

英ポンド円

豪ドル円

NZドル円

FXプライム byGMO

20

-27

-18

10

2

-12

32

-39

35

-42

DMMFX

20

-20

3

-3

3

-3

33

-33

36

-36

FXTF MT4

25

-28

-8

5

10

-13

32

-35

37

-42

GMOクリック証券

24

-26

-16

13

3

-6

35

-38

40

-43

ライブスター証券

20

-28

-23

13

7

-22

30

-45

43

-65

アイネットFX

20

-28

-23

13

7

-22

30

-45

43

-65

くりっく365

29

-29

-12

12

14

-14

36

-36

39

-39

SBIFXトレード

21

-22

-12

10

8

-10

36

-38

39

-41

YJFX!

20

-21

-9

8

3

-4

35

-36

36

-37

ヒロセ通商

0

-49

-70

0

0

-70

50

-105

60

-115

 

調査日:3月14日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 売買単位1万通貨でのスワップポイントです。
  • 一番高いスワップポイント(マイナスの場合はマイナスが最も小さいスワップポイント)の数字には70という具合にしてあります。
  • 木曜日など数日分発生するときは一日分に換算してあります。
  • 小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

3月2日 ヒロセ通商一強時代継続

 

ヒロセ通商の高金利通貨での首位が続いています。今後の米国金利情勢を考えるとそろそろ米ドル円というのも面白そうです。

 

米ドル円

ユーロ円

英ポンド円

豪ドル円

NZドル円

FXプライム byGMO

15

-22

-18

10

3

-13

33

-40

35

-42

DMMFX

20

-20

3

-3

7

-7

39

-39

45

-45

FXTF MT4

18

-21

-17

14

2

-5

32

-35

34

-39

GMOクリック証券

20

-22

-22

19

2

-5

34

-37

40

-43

ライブスター証券

19

-27

-22

12

7

-22

30

-45

46

-68

アイネットFX

19

-27

-22

12

7

-22

30

-45

46

-68

くりっく365

27

-27

-15

15

10

-10

35

-35

38

-38

SBIFXトレード

20

-21

-12

10

5

-7

35

-37

37

-39

YJFX!

19

-20

-13

12

0

-1

34

-35

37

-38

ヒロセ通商

0

-49

0

-70

0

-70

50

-105

60

-115

 

調査日:3月2日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 売買単位1万通貨でのスワップポイントです。
  • 一番高いスワップポイント(マイナスの場合はマイナスが最も小さいスワップポイント)の数字には70という具合にしてあります。
  • 木曜日など数日分発生するときは一日分に換算してあります。
  • 小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

2月17日 スワップ人気通貨 ヒロセ通商強し

 

豪ドル円・NZドル円などスワップ投資人気通貨でのヒロセ通商の首位が定着しています。一部の通貨に資源を集中するやり方が効を奏しているのか、ヒロセ通商さんの人気も高いです。

 

米ドル円

ユーロ円

英ポンド円

豪ドル円

NZドル円

FXプライム byGMO

17

-24

-14

6

8

-18

40

-47

39

-46

DMMFX

20

-20

3

-3

7

-7

39

-39

45

-45

FXTF MT4

26

-29

-5

2

11

-14

36

-39

45

-45

GMOクリック証券

26

-28

-13

10

11

-14

41

-44

45

-49

ライブスター証券

20

-27

-15

6

5

-21

30

-45

38

-67

アイネットFX

20

-27

-15

6

5

-21

30

-45

38

-57

くりっく365

34

-34

-4

4

22

-22

38

-38

38

-38

SBIFXトレード

24

-25

-8

6

9

-11

39

-41

40

-42

YJFX!

19

-20

-5

4

7

-8

37

-38

38

-39

ヒロセ通商

0

-49

0

-80

0

-80

50

-110

60

-120

 

調査日:2月17日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 売買単位1万通貨でのスワップポイントです。
  • 一番高いスワップポイント(マイナスの場合はマイナスが最も小さいスワップポイント)の数字には70という具合にしてあります。
  • 木曜日など数日分発生するときは一日分に換算してあります。
  • 小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

2月1日 2極化傾向

 

今回の比較では、全体的にスワップポイイントの低下傾向が目立ちます。高スワップポイント路線と低スワップポイント路線の両極に分かれている感があります。この傾向が続けば、スワップ金利サヤ取り(異業者両建)などで仕掛けやすくなります。今後の傾向をみながらチャンスを見つけていきます。

 

それにしても、ヒロセ通商の豪ドル円NZドル円の固定スワップポイントは強力ですねぇ。

 

米ドル円

ユーロ円

英ポンド円

豪ドル円

NZドル円

FXプライム byGMO

18

-25

-16

8

3

-13

30

-37

39

-46

DMMFX

20

-20

5

-5

7

-7

34

-34

38

-38

FXTF MT4

16

-19

-14

11

11

-14

31

-34

34

-39

GMOクリック証券

22

-24

-16

13

7

-10

34

-37

41

-44

ライブスター証券

20

-27

-14

6

6

-20

33

-47

40

-60

アイネットFX

20

-27

-14

6

6

-20

33

-47

40

-60

くりっく365

28

-28

-9

9

16

-16

34

-34

47

-47

SBIFXトレード

18

-19

-11

9

5

-7

35

-37

38

-40

YJFX!

18

-19

-8

7

4

-5

33

-34

35

-36

ヒロセ通商

0

-49

0

-80

0

-80

50

-110

60

-120

 

調査日:2月1日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 売買単位1万通貨でのスワップポイントです。
  • 一番高いスワップポイント(マイナスの場合はマイナスが最も小さいスワップポイント)の数字には70という具合にしてあります。
  • 木曜日など数日分発生するときは一日分に換算してあります。
  • 小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

1月31日 NZドル円70円台登場

 

各FX口座のスワップポイントが大きく動いています。スワップ金利サヤ取り(異業者両建)で絶好の仕掛け時と感じる通貨もあります。ちなみに、YJFXのNZドル円70円台は今週に入ってからで、昨日は75円でした。これまで低かった反動の可能性もあるので、今後も要チェックです。

 

米ドル円

ユーロ円

英ポンド円

豪ドル円

NZドル円

FXプライム byGMO

19

-26

-16

8

3

-13

34

-41

40

-47

DMMFX

20

-20

5

-5

7

-7

34

-34

38

-38

FXTF MT4

21

-24

-14

11

5

-8

31

-34

39

-44

GMOクリック証券

22

-24

-19

16

4

-7

37

-40

42

-45

ライブスター証券

20

-27

-14

6

7

-22

35

-49

40

-60

アイネットFX

20

-27

-14

6

7

-22

35

-49

40

-60

くりっく365

26

-26

11

-11

13

-13

32

-32

49

-49

SBIFXトレード

19

-20

-11

9

5

-7

37

-39

40

-42

YJFX!

17

-18

11

-10

8

-9

32

-33

70

-71

ヒロセ通商

0

-49

20

-100

0

-80

50

-100

60

-120

 

調査日:1月31日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 売買単位1万通貨でのスワップポイントです。
  • 一番高いスワップポイント(マイナスの場合はマイナスが最も小さいスワップポイント)の数字には70という具合にしてあります。
  • 木曜日など数日分発生するときは一日分に換算してあります。
  • 小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

1月10日 スワップポイント正常化

 

全体的にスワップポイント情勢がいつもの姿に戻ってきています。一部に突出した部分もあるのですが、そのあたりはスワップ金利サヤ取り(異業者両建)のチャンスとなるかもしれません。突出した部分が長期化する可能性があるため、私もじっくりと観察しているところです。

 

米ドル円

ユーロ円

英ポンド円

豪ドル円

NZドル円

FXプライム byGMO

30

-37

0

-7

3

-10

40

-45

47

-52

DMMFX

33

-33

3

-3

20

-20

45

-45

55

-55

FXTF MT4

43

-46

-2

-1

29

-31

39

-42

43

-48

GMOクリック証券

35

-37

-5

2

5

-8

42

-45

47

-51

ライブスター証券

34

-40

-14

5

18

-33

42

-55

49

-70

アイネットFX

34

-40

-14

5

18

-33

42

-55

49

-70

くりっく365

47

-47

4

-4

33

-33

50

-50

50

-50

SBIFXトレード

39

-40

26

-28

18

-20

45

-47

60

-52

YJFX!

35

-36

9

-10

12

-13

43

-44

45

-46

ヒロセ通商

1

-42

30

-80

2

-52

50

-90

60

-90

 

調査日:1月10日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 売買単位1万通貨でのスワップポイントです。
  • 一番高いスワップポイント(マイナスの場合はマイナスが最も小さいスワップポイント)の数字には70という具合にしてあります。
  • 木曜日など数日分発生するときは一日分に換算してあります。
  • 小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

1月4日 年末年始の変動まだ残る

 

FXTFMT4とくりっく365で年末年始の急変動の影響が残っているようです。ただ、FXTFMT4のスワップポイントの荒れ振りはかなり長く続いています。当面この傾向が続く可能性があります。

 

短期変動を前提でスワップ金利サヤ取り(異業者両建)を仕掛けるというのも面白いかもしれません。ポジション少な目で、私も何度か仕掛けています。

 

米ドル円

ユーロ円

英ポンド円

豪ドル円

NZドル円

FXプライム byGMO

35

-42

-7

0

12

-19

46

-51

55

-60

DMMFX

33

-33

3

-3

20

-20

45

-45

55

-55

FXTF MT4

76

-79

144

-149

189

-191

99

-102

97

-102

GMOクリック証券

38

-40

-8

5

13

-16

47

-50

52

-56

ライブスター証券

33

-38

-14

6

15

-29

35

-47

55

-76

アイネットFX

33

-38

-14

6

15

-29

35

-47

55

-76

くりっく365

81

-81

31

-31

67

-67

49

-49

65

-65

SBIFXトレード

46

-47

26

-28

23

-25

52

-54

63

-65

YJFX!

25

-26

29

-30

15

-16

44

-45

45

-46

ヒロセ通商

16

-57

10

-55

5

-55

50

-90

60

-90

 

調査日:1月4日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 売買単位1万通貨でのスワップポイントです。
  • 一番高いスワップポイント(マイナスの場合はマイナスが最も小さいスワップポイント)の数字には70という具合にしてあります。
  • 木曜日など数日分発生するときは一日分に換算してあります。
  • 小数点第1位は四捨五入で計算してあります。
2017/06/01 14:21:01
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック